Amazon Echoで家電を操作する方法(eRemote編)

CHASUKEの記事をシェアする(.. )

どうも、CHASUKEです。

Amazon Echo Dot(アマゾンエコー ドット)で、Google Homeと同じように「Nature Remo × IFTTT」で家電制御したかったが、IFTTTのAlexaトリガーが日本語未対応のためか現在うまく動きません!!

[追記]
IFTTTが起動するようになりました。
(起動方法はこちら)

いずれは動くようになると思うが、待ちきれないので「eRemote mini(イーリモートミニ)」というアレクサ対応された学習リモコンを購入し、Amazon Echoで家電を制御してみました^^

今のところeRemoteを使って音声制御が可能なのは、『テレビ、エアコン、照明』の電源オン/オフのみです。私が1番やりたかった「チャンネルを1にして」などの細かいお願いはできません。当然ながらマクロ実行ができる、シーン機能も使えません(..  )

ちょっぴり残念な結果。
さらにアレクサにデバイス登録する方法にも少し癖があります。

eRemoteは家電をスマホで一括操作する目的であれば、シーン機能(マクロ操作)も搭載され、とっても便利です。だが、Amazon Echo用の音声制御としておすすめ!!とは言い難い。私は、後述するラトックシステムの「RS-WFIREX3」に期待します^^

[追記 12.3]
RS-WFIREX3はカスタムスキルとなります。eRemoteと違い「アレクサ」と呼んだ後に「家電リモコンで」を加えてから「テレビをつけて」という、少し不自然な感じになります。
→RS-WFIREX3の詳細レビューはこちら。

それでも、Echoで家電のオン/オフだけでも制御したい。もしくは、eRemoteがどんなものか気になる方は、参考になるかと思います♪

SPONSORED LINKS

eRemote mini の開封&登録

『eRemote mini(イーリモートミニ)』はAmazonで6350円で販売されており、スマート学習リモコンとしては安価な方だと思います。

開封

▼ホワイトを購入。

▼中身はシンプルにこれだけでした。

▼裏には、株式会社リンクジャパンの文字が。

実はこの製品は、海外のBroadlink社『RM mini3』の輸入代理店である日本のLink Japan社が販売しております。

『RM mini3』は海外通販のwishアプリで2000円ほどの激安で販売されてます。
→wishアプリの詳細はこちら

じゃあ激安のBroadlink製品でいいじゃん‼︎と思うが制限がかけられており、アレクサ連携に必要なeHomeアプリにデバイス登録できない。逆に言えば、アレクサ連携しないなら、『RM mini3』で十分ということ^^

eHomeアプリの登録

LinkJapanによると「Amazon Alexaと連携するには最新アプリeHomeをご利用ください。」とのこと。

eHomeアプリにeRemote miniをデバイス登録します。

eHome

eHome
開発元:LinkJapan Inc.
無料
posted with アプリーチ

(※初回はアカウント登録が必要でした。)

▼アカウントでログインして、登録デバイスを選びます。miniの他にもたくさんのIoT製品がありますね。

ちなみに、eRemoteは温度センサー内臓で、室温が何度だったらエアコンの電源を入れるみたいな使い方ができます。

▼ネットワーク(2.4GHzのみ)設定を済ませ、この画面が出れば設定完了です。

ちなみに、保持していたBroadlink社「RM mini3」で同じ様にデバイス登録を試したところ、この完了ボタンを押したタイミングで「非正規品です。購入元へお問い合わせください」とのメッセージが表示された。

リモコン登録がめっちゃ簡単

このリモコン登録作業ですが、IRKitやNature Remoでは、1ボタンずつ登録が必要で大変でした。だが、プリセットとして用意してあるため簡単に全てのボタンが登録可能!!

▼試しに、テレビを選んで、メーカーを指定する。

我が家の場合は、SONYを選んだ。

▼いくつか指定されたパターンの送信テストを行う。

▼はい、できました。もう使えますw

こんな感じで、テレビ、照明、エアコンを登録しました。

だが、がっかりポイントはこれから。アレクサへの連携のところです(.. )

アレクサ側のデバイス登録は、一癖ある!!

eHomeアプリでリモコン情報を登録したら、あとはアレクサアプリ側のスマートホームにて「LinkJapan」スキルを有効にします。

そんで、Hue連携したときのように「アレクサ、デバイスを見つけて!!」これでeRemote側のリモコン情報が表示されると思ったが、、、

▼この通り「照明」しか登録されていない!!

調べてみるとLinkJapanスキルの説明にこんな文言が。

※照明以外の家電を操作するには、照明パネルに照明以外の家電のリモコンボタンを学習させる必要があります。

最初は、何言ってるのかさっぱりわかりませんでしたが、こう言うことです。

▼eHome側でリモコン登録する際に、家電タイプ「照明」を選ぶ。

照明のON/OFFに、テレビであれば電源オン/電源オフのリモコン電波を登録する必要があります。なぜなら、アレクサにデバイス登録できるのは「照明」のみだから。

▼リモコン情報を登録したら、識別名とアイコンを登録したいものに変えればOK。

ということで、ON/OFFのみの登録しかできません。たしかにアレクサ対応はしているものの何か騙されたような気が。。。

とりあえず登録はできました!!

アレクサに対応したスマート学習リモコン

現在のところ、Amazon Echo(アレクサ)で対応しているスマート学習リモコンは、下記の3つになります。

  1. グラモ「iRemocon」
  2. ラトックシステム「RS-WFIREX3」
  3. リンクジャパン「eRemote」

今回登録したeRemoteを抜いて、残り2つあるが「1.iRemocon」は月額会員になる必要があり、今から準備するにはハードルが高い。

「2.RS-WFIREX3」はと言うと、製品ページ(リンク)を見る限り期待できそうだ。チャンネル変更やエアコンの温度設定など細かな操作が可能になりそうだ。「※順次、対応家電や操作範囲の追加、自然対話性能の向上をすすめます。」というのが少し気になりますが…

アレクサのグループ機能が便利すぎる

グループ機能を使えば、今回追加したeRemoteでのテレビや照明、そして前回の記事で登録したHueランプをグループに集めて、一度にオン/オフにすることができます!!これがとってもいい^^

eRemoteが複数のリモコン電波を同時に出すことができないと思ってましたが、試して見るとできちゃいます。上手いことやってるんですね。

これで私の「仕事場グループ」にある照明やエアコン、空気清浄機など寝る前に一括オフにできるようになりました♪

最後に

期待を込めて『eRemote mini』を購入して快適に音声制御をしようと思ったんですが、オン/オフのみという残念な結果になっちゃいました。やっぱり、お家を未来化させたいなら、音声で家電を細かく操りたいものです!!

▼ラトックシステム「RS-WFIREX3」に期待しちゃうw

とは言うものの、今回の「eRemote mini」もスマホで一括リモコンとして使うならとても便利です。だがそれならBroadlink社のRM mini3で良いかもです。