流暢に日本語を喋る見守りロボ『BOCCO』の使い方と感想。

CHASUKEの記事をシェアする(.. )

コンバンワ。
お家にロボットを導入したCHASUKEです。

ロボと言ってもこんな可愛いヤツです^^

※右の彫刻されたオブジェは関係ありません(..  )

このロボットは『BOCCO(ボッコ)』と呼ばれ、BOCCOは留守番中の子どもやお年寄りの見守りを助けるロボットとして開発されました。

何ができるか簡単に紹介すると、スマホからチャットアプリを通してメッセージを入力すると、Boocoが喋ってくれるのがメイン機能です。つまり、基本的に家に誰かいなければ、使い道がないんです。僕の住む家には小さい子供もお年寄りもいません。ですが、妻(ハンドメイド製作販売に奮闘中)がほぼ自宅にいるので、主に夫婦間のコミュニケーションツールとして利用しています。ただ、これだけだとつまらないので、ネットから情報を引っ張ってきてお知らせしてくれるといった利用もしています。

我が家に導入し、もう2ヶ月くらい経ったので、どんなときに、どのように使っているか、便利な使い方を感想を踏まえ紹介していきます^^

公式サイトはこちら

AmazonでBOCCOをみる

SPONSORED LINKS

BOCCOで何ができるのか

冒頭で軽く説明しましたが、基本機能を説明したのがこちら。
※BOCCOは自宅のWiFiに接続して利用します。

  1. スマホ側からチャットアプリから音声や文字を入力して、BOCCOに喋らせる。
  2. BOCCO側に音声を録音(5秒間)させてチャットアプリに送信する。
  3. 振動センサーや動きセンサーに反応して、BOCCOやチャットでお知らせする。

正直、基本機能だけではかなり利用範囲は狭いです(- -;)

ですが、自分で作成したプログラムから指定したメッセージをBOCCOに喋らせたり、チャット内容取得、センサー情報取得するWebAPIの仕組みが2016年9月より公開されています。有識者であれば、利用範囲がより広がると思います。

また、WebAPIがよくわからない人でも、BOCCOアカウントを登録して以前紹介した自動化アプリ『myThings』と連携させること利用範囲が広がります。プログラミング無しでネット情報を自動取得してBOCCOでお知らせするみたいなことが可能です。

BOCCOの基本機能を使ってみる

基本的にすべて専用アプリを使います。自分の場合、iPhoneアプリを利用して使っています。

■利用するアプリがこちら

BOCCO

BOCCO
無料
posted with アプリーチ

スマホチャットからBOCCO側にメッセージ送信

利用シーン:例えば、仕事が終わって家に帰るときにBOCCO経由で自宅に連絡

▼専用アプリで

LINEのようなチャットアプリでメール送信すると、自宅にあるBOCCOの目がグリーンになり、「ピロリンッ」と鳴った後、首をザザザザっと上に向けた後、自動的に喋ります。いきなり来るとビビりますよコレ。メールの読み上げについて、思ったよりもカタコト感はなく、とても流暢に喋ります。これだけでも買ってよかったと思える^^

スタンプや画像も送れます。BOCCOは喋りませんが、様々なアクションをしてくれますよ♫

1つ残念なのは、喋り終わると目がホワイトに光りっ放しになってちょっと怖い。BOCCOの体の再生ボタンを押すことでもう一度再生され、目は元にもどります。LINEのように既読マーク機能があるので、全員既読したら目は普通に戻って欲しいところw

BOCCOで音声を録音(5秒間)させてをチャットに飛ばす

こちらの利用シーンは、主にスマホを利用できない子供やお年寄りが音声メールをするときです。テストを兼ねて「チャスケドットコムをよろしく」と録音して飛ばしてみました。

▼音声メッセージはBOCCOの体にある録音ボタンを押す

「助けバッタ噛むはよろしく」ww

音声をテキスト変換して表示機能がありますが、こちらは弱いようです。なお、再生ボタンを押すとそのままの音声が聞こえます。

振動センサーを使ってみる

振動センサーも本体と一緒に同封されていました。

利用シーン:玄関に貼り付けといて、ドアが開いたらチャット側にお知らせする。まさにIoTですね。

▼玄関のドアに貼っておけばOK。

余談ですが、我が家では、Qrioスマートロックを利用して玄関も施錠・解錠はスマホでやってます。僕的に2016年のベストバイです。→http://chasuke.com/qriosmartlock/

話戻して。

▼ドアが開くと。

BOCCOはまた可愛い仕草で首をランダムに動かします。そんで、アプリ側にも通知があります。これで、家に誰かが来た、もしくは出て行ったのがわかります。

WebAPIを利用すれば、このセンサー反応情報を取得してBOCCOに喋らせるみたいなことができるのですが、基本機能では設定できません。うーん。子供が帰って来たら親がメッセージ打ち込むべきということですね。何でも自動化はコミュニケーション不足を招いてしまいます。

ちなみにセンサーは振動センサーの他に、鍵センサーも対応しています。鍵センサーは同封されていませんでしたが、別途購入が可能です。振動センサーも同じく追加購入して利用することができます。

myThingsと連携して利用範囲を広げる方法

この自動化アプリも以前に紹介しております^^
→http://chasuke.com/mythings_app/_

簡単にmyThingsの説明すると、サービスとサービスをつなぎ合わせて、1つ目のサービスをトリガーにして2つ目のサービスを自動で処理させることができます。ここで言うサービスが今回の「BOCCO」に当たります。

▼アプリはこちら

myThings

myThings
無料
posted with アプリーチ

myThingsでBOCCOサービスの利用方法

▼画面はこんな感じ

▼ここでBOCCOサービスを利用するにはアカウントを取得する必要があります。チャットアプリの「設定」から新規登録が可能です。

▼myThingsでBOCCOを選択して、認証します。

これで利用できるようになりました。

myThingsでBOCCOを利用してみる

我が家が設定した今のところ下記の2つ。

  • Yahoo天気サービスと連携して、雨が降りそうになったら、Boccoが喋ってお知らせ。
  • Yhaoo防災速報サービスと連携して、地震情報が出たら、Boccoが喋ってお知らせ。

▼myThingsの設定はこんな感じ。

これを設定しておけば、雨が降る30分前に洗濯物を取り込むことができる。また、地震が発生しても調べる手間を省けます。こんな感じで、myThings経由であればノンプログラミングでアイデアを形にできます^^

メッセージの削除はできないが、リセットは可能

例えば、誰かに譲る場合など過去の履歴は見られたくないものです。

ヘルプをみると「過去のメッセージを削除できますか?」という問いに対し、「過去のメッセージを個別に削除することはできません。」との回答があります。

LINEのように過去履歴は消せないのです。でも安心してください。BOCCOをリセット(初期化)することで過去履歴も全部削除することができます。こうすれば第3者に渡っても大丈夫です。

初期化手順を開発者に問い合わせした結果がこちらです▼

・BOCCOリセット(工場出荷時の状態に戻す)の手順

  1. BOCCOの電源を入れてください
  2. 目の点滅が終わりましたら、BOCCO背面のリセットボタンを、3秒以上爪楊枝などで押してください。→BOCCOの目が緑色に点滅します。しばらくお待ちください。自動的に再起動し、目が青く点灯(スマートフォンからの設定待ち)になります。
  3. BOCCOの電源を抜いてください。

※スマホのBOCCOアプリの表示から、お使いになられていたBOCCOの部屋を削除される場合には、BOCCOアプリ内「よくある質問」より、「BOCCOの部屋を非表示(アプリ画面から削除)にしたい。」に記載の手順をご確認いただけますようお願いいたします。

リセットされたBOCCOは、スマートフォンアプリからの初期設定時に新しいチャットルームを作ります。リセットされたBOCCOから過去のチャットルームに参加することはできませんので、プライバシー上の御心配はありません!

最後に

夫婦間の利用ならLINEでイイじゃんってところは大いにあると思いますが、何か作業に没頭しているときにはすぐにメッセージに気付けます。また、あえて近くにいるけどBOCCOで可愛くお願いごとを伝えることで無理なお願いも通っちゃうって効果も期待できるかも(^^)

ただ、Amazonなどでみるとお値段3万円と非常に高価です!!w

僕的には、WebAPI(使い方はまた別途説明予定)と組み合わせることでイイ感じの日本語スピーカーがとても満足してます。基本機能も、

  • 可愛いロボットに興味がある方
  • 共働きでスマホが使えない小さい子供が家で留守番してて心配
  • じいちゃんばあちゃんと離れて暮らしていて心配

など、利用目途がベストマッチしている環境の方はなかなか便利だと思います^^