いろいろとクレジットカード比較して、『漢方スタイルクラブカード』をメインカードにしようかと。


こんにちわ@chasukeでげし。

[更新]※漢方スタイルクラブカードの還元率が2016年3月時点で下記のとおり改悪されています。注意してください。
→通常利用の還元率が「1.5%」になっています。

 

みなさん、どんなクレジットカードを使い倒されていますか?

 

私は、楽天カード』をメインカードにしていました。

 

楽天カードの特徴としては、

楽天で使える楽天スーパーポイントが100円で1ポイント、楽天市場や楽天トラベルでのお支払いで100円で2ポイントされるというところ。さらに楽天はポイント2倍、10倍キャンペーンを多く開催するので、楽天市場や楽天トラベルを愛用されている方にしたら還元率2%以上となるすばらしいカード。

 

しかし、どうしてもポイントを貯める、使うにしても楽天に縛られてしまう。もっと使いやすいクレジットカードはないものかと思っておりました。

 

そこで見つけてきたのが、

 

『漢方スタイルクラブカード♪♪』

 

 

ちょっと怪しい名前のクレジットカードですが、

イイところを楽天カードと比較しながら紹介したい。

かなり有名なカードみたいなので、知ってる人はスルーしちゃってください。

 

利用額に応じてJデポポイントとして還元できるので無駄がない!

基本的に漢方スタイルカードを利用して得たカード使用ポイント500PをJデポポイント2500Pに移行して使用します。

『Jデポポイント』とは、翌月以降のクレジットカードの請求から、対象金額を割引するシステムです。     楽天カードの楽天内で使用できる楽天スーパーポイントでの還元と比べると、現金値引きと同じなのでポイントで何か無駄なものを買ったりするようなことがないです。

私も、楽天ポイントが貯まってるからって余分なもの買ったりすることはしばしばありますね…

 

 漢方スタイルカードの還元率は、1.75%!!

楽天カードは楽天での使用であれば、還元率2%とかなり高還元率に聞こえるが、携帯代金や公共料金のお支払い、スーパーやデパートでのお買い物は、還元率1%です。

しかし漢方スタイルでは、どこでカード払いしても還元率1.75%なのです。

毎月10万円の利用で比較してみると、

還元率1%では1000円の還元に対し、1.75%では1750円と750円分もの差がつきます。

 

 入会・定期開催のキャンペーンもあります

  • 入会キャンペーンとして、カード到着後の3ヶ月間以内の利用額に応じてJデポポイントプレゼント。

5万円~7万円→2000円、 ~10万円→3000円、 10万円~→5000円

かなり良いプレゼントです。ただし自分で応募してプレゼントしなければ、恩恵を受けれないので、忘れずにキャンペーン応募しましょう。

 

  • ポイントキャンペーン期間は、還元率が1.75%→2.00%となります。

内容としては、ポイントキャンペーン期間に買い物をした分の還元率が2%になるもの。             毎年1,2月と8,9月の2回キャンペーンが実施されるみたいです。

ただし今年2014年の1,2月のキャンペーンは行わなかったみたいですので、今後が気になりますが…

 

翌年度から発生する年会費1500円もボーナスポイントでプラスに

漢方スタイルカードは、初年度は年会費無料ですが、翌年度から1500円の年会費が発生します。     楽天カードは、ゴールドカードでなければ年会費無料なので、これは痛い。

しかし漢方スタイルカードには、次のようにボーナスポイント制度があります。                   年間58万円  (つまり月1.8万円)の利用で1250円                        年間100万円(つまり月8.4万円)の利用で2500円っというボーナス還元があります。

家賃、携帯電話、公共料金の支払いをすべてこのカードに任せるだけでも、年会費はなくなり、逆にプラスになりそうです。

 

楽天カードでは得られない特典◎

  • 海外旅行傷害保険が自動付帯

最高2000万円の海外旅行傷害保険が自動付帯します。私は年に1、2度ほど海外旅行に行きますが、毎度3000円ほどの保険に入っていましたが、このカードを持っていれば、いちいち保険に入る手間もお金も省けますね。

  • ETCカードが無料で発行可能

楽天カードの場合、ゴールドカード意外は、年会費540円かかりますので、よく高速道路を利用する私にとってはうれしいです。

  • nanacoカードのチャージでポイント2重取り

セブンイレブンやイトーヨーカドーなどで使用できる電子マネー『nanacoカード』ですが、このカードにチャージする際にクレジットカードを利用することでクレジットカードの1.75%とnanacoカードの1%の還元を2重で得ることができます。

セブンでコーヒーを飲む際に、100円をクレジットカードで支払うのはなんとも微妙。そんなときにnanacoカードを利用することで支払いもスムーズに、ポイントもゲットとなりバッツス◎ですね♪

  •  ANAマイル還元率が本元のANAカードよりも高還元率

カード使用ポイントをJデポポイントでなく、ANAマイルにも移行が可能です。この方法ですと還元率が1.05%となりANAカードでマイルを貯めるより多く得ることができます。さらに移行手数料もムリョー♪

 

唯一のデメリットはこれ

楽天カードはカード利用100円で1円相当に対し、漢方スタイルカードはカード利用2000円で35円相当として還元されます。

つまり月の利用の2000円倍数ごとにポイント還元されますので、最悪の場合、1999円分ポイントが付かない場合があるんですね。

これを回避しようと利用額を調整するのは難しそうなので、唯一デメリットといえるでしょう。

 

 メインカードとしての利用であれば、お勧めのカード

かなり良いところばっかりのカードなので、紹介するのに長文になってしまいましたが、読んでくれたかたありがとうございます。

私的には、いろいろ調べてみてメインカード(年間100万円以上)として利用できる方ならおススメできるカード思えました。

私はこのカードをメインカードとして、ただし楽天カードもお得なカードですので、楽天市場限定で利用として使ってみようと思います♪

SPONSORED LINKS
シェアお願いします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です