Amazon Echoで照明を音声操作する(Hueブリッジ編)

CHASUKEの記事をシェアする(.. )

どうも、CHASUKEです。

届いたばかりの、Amazon Echo Dot(アマゾンエコードット)とHueブリッジを連携して家の電気を音声で操作できるようにしてみました。

所感としては、Google Homeと違い出来ることが多い!!

例えば、Hueアプリで設定しているシーン変更やライト名での操作が可能。さらに、グループを追加することで複数のシーンやライトの一括切替が可能となっています^^

今回、設定・操作して出来ることを実験しましたので、購入や設定の参考にしてみてください!!

ちなみにEchoやHueブリッジ単体の初期設定は完了している前提です。まだの方はこちらからチェックしてください▼

[設定] Amazon Echo  /  [設定] PHILIPS Hueブリッジ

それでは、お家を未来化していきましょう♪

SPONSORED LINKS

Amazon Echo(アレクサ)に照明操作をお願いする!!

運良く招待され、手元に届いた「Echo Dot」と「Hueブリッジ」を連携して、HueライトやIKEAのスマート照明を操作してきます。

アレクサアプリを利用します。

Amazon Alexa

Amazon Alexa
開発元:AMZN Mobile LLC
無料
posted with アプリーチ

Hueデバイスを検出する

最初にHueブリッジに接続するために必要なスキルを追加し、操作可能なライトやシーンを検出していきます。

▼アレクサアプリのメニューから[スマートホーム]を選択します。

[スマートホームスキルを有効にする]を選ぶと、スマート家電を制御するために必要なスキル一覧が出てきます。

▼Hueを有効にして、アカウントにログインする。

Hueの他にも、学習リモコンのeRemoteやiRemocon、スマートロックのQrioなどが対応しているようです。

▼Hueアカウントにログインすると、アレクサアプリで[端末の検出]ができるようになります。

タップするとデバイスを検出してくれます。ちなみに「アレクサ、デバイスを検出して」とお願いしても同じように検出が可能です。Hue側の設定を変更した場合など、更新が必要な場合は、音声でアレクサにお願いできます。

▼しばらく待つと、こんな感じにHueブリッジの情報が拾われてきます。デバイスには、Hueで設定したライトとルームの情報が入ってきます。

アレクサが認識しやすい名前に変更してあげることができます。[画像左]Hue側から拾ってきた一覧。[画像右]私がアレクサ用にカスタマイズした一覧。名前が長かったり複雑だとアレクサは識別しなかったので、シンプルで重複しない名前にするのがコツです。

ひとまず、Hueブリッジとの接続は完了。

このデバイス一覧にある「ヒューライト(Philips Hue)」と「イケアライト(TRÅDFRI)」を使って試していきます。

▼ちなみに、Google Homeでは利用できなかったシーンも利用可能となっています!!

グループについては、後ほど触れます。

Hue(ヒュー)ライトを音声操作してみる

さて、Hueライトを準備して試してみます。

ポイントとしては、ライト名で単体ライトを操作、ルーム名で複数ライトを操作可能です。

▼「アレクサ、ヒューライトをつけて!!」

ライト名/ルーム名を指定して照明のオン/オフ

  • アレクサ、ライト名/ルーム名オン/オフ にして
  • アレクサ、ライト名/ルーム名つけて/消して

例えば、「ルーム名 の電気をつけて」と言ってもダメでした。「リビング をオンにして」これじゃないと伝わらなかった。

▼「アレクサ、ヒューライトを赤にして!!」

ライト名/ルーム名を指定して照明の色を変更

  • アレクサ、ライト名/ルーム名 にして

▼「アレクサ、ヒューライトの明るさを20%にして!!」

ライト名/ルーム名を指定して照明の明るさを変更

  • アレクサ、ライト名/ルーム名明るく/暗く して
  • アレクサ、ライト名/ルーム名 の明るさを 20% にして

TRÅDFRIライトを音声操作してみる

続いて、IKEAのTRÅDFRI(トロードフリ)ライトを準備して試してみます。こちらもHueと同様な操作が可能でした。(TRÅDFRIライトの初期設定はこちら)

▼980lmのためか、Hueよりも少し大きい。

▼「アレクサ、イケアライトをつけて!!」

▼「アレクサ、イケアライトを電球色にかえて!!」

▼「アレクサ、イケアライトの明るさを20%にかえて!!」

お願いするときの言葉は他にもあるかもしれません。アレクサは話せば話すほど賢くなるとのことですので、色々と学習してくれるのかも。

また、声で操作しなくても、アレクサアプリから登録されているデバイスの操作がリモコンの様にできます。ちょっと声で操作しづらい雰囲気のときなどはこちらが便利w

シーンやグループで複雑な設定を一括で!!

GoogleHomeでは指定できなかったシーン名やグループ名を使った音声操作も可能です。ただ、最初からHue側に登録されている様な長い名前をつけていると、認識されませんでした。(私の発音?いやアレクサの理解力の問題??)

▼これで、シーン操作が可能でした^^

「アレクサ、シーン名 を オン にして」

シーン名を設定することで、ルーム内のライトごとのオンオフ、明るさ、色などを一括で変更が可能になり、一気に楽しくなりますね!!

続いて、グループについて。

こちらは、シーンのようにHueデバイスの一括設定だけでなく、アレクサのスマートホームで操作できるデバイスの一括設定を可能にするものです。

▼グループも、声で操作可能です。

「アレクサ、グループ名 を オン にして」

▼例えば、「仕事場」というグループを自作しました。こちらもアプリからオン/オフ操作が可能。

私の場合だと、Hueブリッジしか設定してないのでライトの設定しかありません。ですが、学習リモコンなどと組み合わせることで、仕事場の照明やエアコン、空気清浄機などの多くの家電を一括設定できます。

ちなみに、ライトだけでなく、シーンもグループにまとめることができるので、かなり多くの一括設定が可能です^^

これは、友達を家に招待して自慢できるレベル!!

最後に

今回は「Echo Dot」を利用して、Philips Hueブリッジをリンクさせて遊んでみました。Google Homeと比較して、グループやシーン設定などできることが多くてホッとしました。また、IKEAのコスパの良いTRÅDFRIの電球でも問題なく、利用できてよかったよかった。

▼アレクサに対応しているHueブリッジは、四角形のバージョン2以降になりますのでご注意ください。現在Amazonで7000円強で購入できるようです。

Amazon Echo Plusは、このHueブリッジと同機能を内臓しているので、すんなり導入できるようです。いまから両方買うなら、「Echo Plus」という選択もありですね

次回は、スマート学習リモコン編として試してみます!!

ではまた。