ふるさと納税して欲しかった電気ケトルがもらえた話。


去年(2015年)からふるさと納税に手を出し始めた@Chasukeでございます。

2015年から制度が変わり、ふるさと納税する人が増えましたね。だが、意外と友達周りや会社でふるさと納税してる人っていないんですよね。うちの両親にもお勧めしてるんですが、やってないですね。利用してる人からしたら勿体ないとしか言いようがないんですが。(..  )

私は、2016年ふるさと納税で欲しかった『電気ケトル』お礼の品でもらいました。

▼結婚生活2年目にして、ようやく手に入ったケトルくん。こんなものまでお礼の品にあるんですね。

ketoru

電気ケトルがもらえる寄附はコチラ。
[寄附先] → 長野県伊那市
[寄附額] → 15,000円

この他にも、ふるさと納税で飛騨牛や北海道のいくらなど美味しい特産品などもいただき、ちょっとした贅沢な時を嗜めました♪

自分の収入や家族構成によって変動する寄附金控除限度額内であれば、自己負担額の2,000円を超える全ての寄附金が税金から控除されます。

ex) 私の場合こんな感じ。

寄附数 お礼の品 寄附額 寄附先
1 電気ケトル  1万5千円 長野県伊那市
2 A5飛騨牛 500g 1万円 岐阜県各務ヶ原市
3 いくら醤油漬け 1万円 北海道新冠町
4 カップラーメン
詰め合わせ
1万円 大阪府池田市
 合計 4万5千円

2016年は今のところ、合計4万5千円をふるさと納税しております。これらをワンストップ特例申告(※後ほど説明)もしくは確定申告することで、4万3千円分が所得税と来年の住民税から控除されます。これらのお礼の品を実際に揃えようとすると2万円くらいかかります。これが2千円で手に入ると考えれば、1万8千円ほどの節税ができたことになる。やはりすごいぞ。

 

▼バーコードから最安値が探せるアプリでチェック
app_saiyasu

 

▼このアプリ、何気に使いまくってますw

最安値サーチ - 有名ECサイトをまとめて検索!

最安値サーチ – 有名ECサイトをまとめて検索!
無料
posted with アプリーチ

 

今回は、会社の人や友人にふるさと納税をお勧めするとたいてい聞かれるふるさと納税の疑問について書いてみます。

SPONSORED LINKS

ふるさと納税の疑問について

どうやって寄附するのか?

『ふるさとチョイス』や『さとふる』など、ふるさと納税ポータルサイトからふるさと納税(寄附)するのが簡単です。クレジットカードも使えてスムーズです。クレジットで寄附っておかしな感じもしますが(- -;)

私は基本的に『ふるさとチョイス』で寄附をさせていただいてます。トラストバンクという会社の女性社長で有名な須永珠代さんが立ち上げ、年間寄附額1000億円以上の巨大市場にした話で有名。

▼最近、本が出てましたね。そのうち読もう。

もちろん各市町村団体のふるさと納税ページ(例えば、電気ケトルならこちら。)からも寄附できます。が、ふるさと納税のポータルサイトで寄附したほうが簡単です。クレジットカードも利用できますのでスムーズです。

▼見たこと無い人は、とりあえずアクセスしてみましょう。

[参考リンク]ふるさとチョイス

[参考リンク]さとふる

自己負担2,000円とはどうゆうことか。

ふるさと納税は、寄附です。
生命保険料控除などと同じで、寄附金控除が適用されます。冒頭でも説明した通り、寄附金控除上限額以内であればワンストップ特例申告もしくは確定申告することで自己負担2,000円を超える全ての部分が所得税と住民税から控除されます。すぐに戻っては来ないので実感はないですが、ちゃんと手続きしていれば控除されています。

寄附金控除上限額は、家族構成や年収によって変動します。一度コチラで計算してみましょう。

[参考リンク]ふるさとチョイス – 税金控除になる限度額の目安

計算には去年の源泉徴収票または確定申告書があったらわかりやすいです。しかし、去年の年収は今年の年収とは異なり、上限額も異なります。参考程度に考えたほうがよいです。

 

確定申告不要ってどうゆうこと?

2015年4月から確定申告が不要だっほー。と騒がれてましたね。

条件により確定申告が不要になります。条件をクリアしている人は、代わりに紙切れ1枚の超簡単なワンストップ特例申告を寄附した団体ごとに提出すれば良いのです。4団体寄附したら、4枚の申告書を各寄附先に郵送します!

確定申告が不要になる条件は2つ。

1:もともと確定申告をする必要のない給与所得者等であること
2:1年間の寄附先が5自治体以下であること
(引用元):全員がワンストップ特例を受けられるわけではありません

ワンストップ特例申告書の提出方法について、2016年のマイナンバー導入に伴い、2016年1月1日から申請に次のとおり変更があります。

1.「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」にマイナンバー(個人番号)を記入する。
2.本人確認と個人番号確認の書類を手元に用意する。
(引用元):2016年からの変更点

私の場合、個人番号カードを発行していないので、通知カード+身分証がセットで必要となります。

▼特例申告するために必要なのは、これだけ。
prepare_furusato

申請書は寄附先から寄附証明書と同封されて送られてくる場合もあれば、送られてこない場合もあり様々です。送られてこない場合は、申請書を自分でダウンロード(下のリンク)して記載すれば問題無いです。申請書の記載方法も下記のリンクに詳しく載っています。

[参考リンク]申請書PDF – ダウンロード

[参考リンク]ワンストップ特例申請書の記入方法

最後に

手順としては以下のとおり。

  • 自分の寄附金控除上限額を知る。
  • 本やサイトで欲しいお礼の品を探してみる。
  • 寄附してお礼の品を嗜む。
  • ワンストップ特例申告を寄附先に提出する。

以上です。簡単です。
ワンストップが利用できなかったり提出期限 (翌1/10)を過ぎてしまうと確定申告が必要となります。が、ふるさと納税の確定申告は思ったほど難しくありません。実際2015年分は確定申告してみましたので↓↓

[参考リンク]超簡単!ふるさと納税用に2016年の確定申告をしてみた。

まだの人は即行動してみてください。
ではでは。

 

SPONSORED LINKS
シェアお願いします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です