パソコンやスマホのブラウザでGoogle翻訳をサクッと使う方法


どうも、英語は翻訳ソフトに任せきりなCHASUKEでございます。

海外のクラウドファンディングや、ライブラリの利用方法、技術を調べようと思うと避けては通れないのが英語の壁。このあたりの海外サイトを読むときに、Google翻訳を利用してるんですが、ここ最近「翻訳した日本語が違和感なく読めるな〜」なんて思ってたら、Google翻訳さんは2016年11月16日にパワーアップしてたみたいです。もう2ヶ月前からなんですね(^^;)▼

進化理由は、ニューラルネットワークを応用して精度を向上する技術Neural Machine Translation(NMT)が搭載されたとのことです。PCブラウザだけでなく、モバイルアプリでもNMTによる翻訳が適用されるとのことです♪

これを受け多くのユーザーがGoogle翻訳と他の翻訳ソフト(Weblio翻訳、エキサイト翻訳、ヤフー翻訳など)と比較しており、結果はGoogle翻訳の圧勝とのことです。

ということで、PCブラウザやスマホブラウザで私のGoogle翻訳活用法をご紹介いたします。

SPONSORED LINKS

PCブラウザでGoogle翻訳を使う

PCブラウザからGoogle翻訳を利用する場合、「Google翻訳」にアクセスして、コピペして翻訳するのが一般的です。が、Chromeブラウザの拡張機能(プラグイン)を利用すれば、ページ遷移なしですぐに翻訳結果が確認できます。

そのプラグインがこちら▼
『Google翻訳』-  Chrome拡張機能

ここでは例として、Googleのホームアシスタントである『Google Home』のwikipediaページを翻訳してみます。※私の環境はMacPCでChromeブラウザを利用しています。

▼使い方は簡単。翻訳したい英文を選択すると、Google翻訳ボタンが現れるのでこちらをクリックするだけ。

 

▼こんな感じで、ページ内で和訳を確認できます。

 

▼しかしながら、長文を選択すると、、

このように、翻訳ボタンが出てきてくれません。文字数に制約があるのでしょうか。
こうなってしまったら、もうちょい短い文に選択し直すか、選択した英文を右クリックしましょう。

▼選択文を右クリック。

Google 翻訳があらわれますので、こちらをクリック。

▼新規タブで、翻訳ページに飛んでいきます。

こちらですぐに確認できます。
ただし、新規タブがどんどん増えてっちゃうのは嫌なので、自分は短く区切って翻訳にかけてます^^

スマホブラウザでGoogle翻訳を使う

スマホのブラウザでは、PCブラウザと同じように選択して翻訳というわけにはいきませんので、ページごとGoogle翻訳にかけてみます。

スマホブラウザは様々なものがありますが、今回はiOS標準の「Safari」のスマホブラウザで試してみます。

利用方法は簡単です。
ブラウザのブックマークにブックマークレットを保存して、翻訳したいページで起動させてやるだけです。
ここで出てくる『ブックマークレット』とは、ブラウザで簡単な処理を行うプログラムのことであり、ページ内で自前のちょっと便利な機能が使えると思ってもらえればOKです。

 

ブックマークレットの仕込み方

とりあえず、ブックマークレットを仕込みましょう。

▼どこのページでもいいので、下部にある共有ボタンをタップします。

ブックマーク名を『グーグル翻訳』のブックマークレットってわかるような名前に変更しときましょう。URLはココでは変更できないので、このまま保存します。

▼続いて、下部にあるブックマークボタンをタップして、先ほどのブックマークのURLを編集します。

ここでURLは下記のスクリプトコードをコピぺして、ブックマークに保存してください。内容は単純なJavascriptです。

これで仕込みは完了♪

ページを翻訳する

翻訳してみましょう。
今回は例として、海外のクラウドファンディングサイト『Kickstarter』のガジェット説明文を翻訳してもらいましょう^^

例えば、ノックをトリガーにできるガジェット『Knocki』のページ

▼ページにアクセスしたら、下部のブックマークから先ほど仕込んだ『グーグル翻訳』を起動します。

そうすると、すぐにページ全体をGoogle翻訳が和訳してくれます!!

 

▼翻訳前後で比較。

 

▼もういっちょ比較。

さすがに画像部分の英語はそのままですが、バッチリです。内容も違和感なく理解できるほどです♪
テキストがコピペできるようなページであれば問題なく作動するはずです。

 

※もしも起動しない場合
ブラウザの設定でJavascriptの起動を許可してやる必要があります。

▼[設定] – [Safari]から一番下の[詳細]で[JavaScript]をオンにします。

これでいけるはずです。

最後に

進化したGoogle翻訳のおかげで、英語の勉強をする気がまったく起こりませんねw
生まれ育った環境の違い、特殊な言い回しなど、翻訳ソフトで理解するのは難しい内容のものもありますが、一般的な文章であれば、精度が格段に上がって進化したGoogle翻訳がベストです。使いまわして、海外サイトを読み漁り技術力向上しましょう!
今でも十分な翻訳力ですが、今後のさらなる進化に期待!!!

ちなみに、Google翻訳のスマホアプリでも、画像から英文検出して翻訳してくれたりもできます。音声入力や、オフラインで日本語利用もできたりしますよ^^

Google 翻訳

Google 翻訳
開発元:Google, Inc.
無料
posted with アプリーチ
SPONSORED LINKS
シェアお願いします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です