ホテルからの眺めが素敵すぎたから「THETA S」で眺望を全部持ち帰ってきた!


どうもこんばんは。
CHAUSKEでございます。

先日のハワイ旅行では、シェラトンワイキキホテルのマリア・オーシャンフロント・スイートという部屋にチェックイン。なんかすごそう(..   )

すげー広くて快適でした^^
特にバルコニーからの眺望はヤバかった!!

■マリアオーシャンフロントの客室図
hotelview

 

▼上の写真の『こっからの眺め!!』がコレ。綺麗すぎる。
hawaii1

これぞ『ザ・ハワイ』。
街、ダイヤモンドヘッド、ワイキキビーチ、海が一望できるこの眺めに、全て詰まってる感じで超お気に入りの景色になった。

時間があれば、バルコニーの椅子にまったり座って、気持ちのいい風を浴びながら、ビールを飲みながら、街並みやサーファーたちの波乗りを見て、ハワイを酔いしれてました。

んで、この眺め全て持ち帰りたい!!

そう、リコーが誇る全天球360°カメラの『THETA』でね。
360°カメラってのは、要するにGoogleマップのストリートビューで見えるあれです。最近ではFacebookでもよく見ますね^^

SPONSORED LINKS

360度の眺めはコチラ

一応、朝、昼、夜と3パターン撮ってまいりました。
Theta Sで撮った写真はSNSアップを通じて簡単に埋め込み表示できます。タップして色々な方向を見てやってください。
■朝■

ハワイの朝@ホテルからの眺め #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

 

■昼■

ハワイの昼@ホテルからの眺め #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

 

■夜■

ハワイの夜@ホテルからの眺め #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

全て撮影モード『オート』で撮影してますが、まぁまぁ綺麗に撮れました♪

リコー『THETA』のあれこれ

THETAについて、色々と書いてきます。

気軽に360度撮影が可能

なんか全天球カメラって聞くとスゴイのを想像しちゃいますが、全然ポケットに入るサイズで、気軽にサクッと撮影できちゃいます。

■パッケージ内容は、こんな感じhtheta2

 

■手にはすっぽり収まるコンパクトサイズ。
htheta3

この本体の中央についているボタンを押せば、撮影できます。スマホとWiFi接続して、公式アプリを利用しての遠隔シャッターももちろん可能です◎

▼公式アプリ[THETA S]はこちらからどうぞ。

RICOH THETA S

RICOH THETA S
開発元:Ricoh Co., Ltd.
無料
posted with アプリーチ

 

写真だけでなく、動画も撮影できます。さらに、ライブでインターネットに生配信もできます!!
私がTHETA購入の理由は、撮った動画をVRビュー可能なGoogleカードボードで見たかったからだったりします♪

[参考リンク]激安でVR体験!Cardboardの使い方と遊んでみた感想。

撮影した動画を、公式アプリでVRビュー(二眼)にしてからカードボードでのぞいてみましたが、画像がアップ表示になっちゃってうまいこと見えない。試行錯誤してなんとかうまいこと見えるように考え中。

THETAシリーズ2種類

現在、リコーではTHETAシリーズを2種類販売しております。
私が所有している上で紹介したのは『THETA S』という製品です。

  • RICOH THETA S (2015/10発売)
  • RICOH THETA SC (2016/10発売)

両モデルとも有効画素数や動画解像度、フレームレートは同様です。『THETA SC』では動画の連続撮影時間が短くし、ライブ用のHDMI端子を省略することで低価格となっています。

実際、360度の写真撮影や短い動画撮影してFacebookにあげる的な使い方であれば、SCで十分だと思います^^

 

▼THETA S

▼THETA SC

アマゾンで値段を比較すると、だいたい1万円くらいの差がありますね。→性能の細かい比較は『コチラのページ』で確認できます。

 

風景を綺麗に撮るなら、三脚が必須。

何枚かは頭の上で固定して撮影して見ましたが、手ブレして画像がボケてしまいました。
なので、余裕のあるところでは三脚で撮影したほうが断然いい写真が撮れます。ダイヤモンドヘッドの景色も三脚置いて撮りたかったのですが、頂上は混雑してたので諦めましたw

海外旅行には立派な三脚は持っていけないので、ちっこい三脚を持って行きました。これで十分です。
htheta4

 

楽天で500円で買えた。これ。

 

▼三脚付けると背面にあるmicroUSBポートが使えなくなり撮影中の充電ができなくなります。
theta5

 

▼Amazonではリコー純正の三脚と本体の間のアダプターが売られていますが、高い。

 

 

▼近所のホームセンターで、ナットとW1/4ネジがやっすく購入できます。合計100円行きません。
theta6

theta7

『なんか汚い。』って思った方は純正アダプタを買いましょう♪

 

マニュアル撮影が可能

公式アプリでは、4種類の撮影モードが使えます。
THETA のレンズは絞りが固定されておりますが、他の設定は変更して撮影することができます。

①オート撮影
img_3044

設定できる項目
・露出[EV]
・オプション[ノイズ低減,DR補正,HDR合成]

 

②シャッター優先
img_3045

設定できる項目
・シャッタースピード
・ホワイトバランス[WB]
・露出[EV]

 

③ISO優先
img_3047

設定できる項目
・シャッタースピード
・ホワイトバランス[WB]
・露出[EV]

 

④マニュアル
img_3048

設定できる項目
・シャッタースピード
・ISO感度
・ホワイトバランス[WB]

 

マニュアル設定の使い方勉強中の私は、オート撮影ばかり使ってます。マニュアル撮影のが、より綺麗な画質で撮影できるみたいなので、頑張って覚えて、これから冬の星空を撮影しようと企み中♪

開発用SDKが公開されている

もう一つ、THETAの魅力ですが、パソコンとTHETAをWiFi接続させて、HTTPでAPIアクセスが可能です。知識のある玄人ならばプログラミングして面白いことができます。
THETA開発者向けページ

実はコレも購入理由だったりします^^

最後に

景色がいいところに、このTHETAを持ち歩いてます。

年末年始なんかの親戚一同が集まった時に、テーブルの真ん中に置いて、みんなで記念撮影なんて面白いんじゃないでしょうか?
結構ウケがいいし思い出にもなります。お盆で集まったときにやって試してみましたが好評でした(^^)v

気になった方は、是非。

 

まずは、レンタル?

THETA SCでも2万円強するので、まずはレンタルしてみてもいいかも『DMM いろいろレンタル』で3日4,540円〜。

DMMレンタルで借りる『THETA S』

iPhoneを360°カメラ化できる

THETAが2014/11に初代THETA m15が発売してから、続々と360°カメラが登場しています。
最近登場したiPhoneをひっくり返して、パコっとハメ込んで360°カメラ化できるガジェットもあります!

THETAよりも値段も手頃で、レビューも良さげです。

SPONSORED LINKS
シェアお願いします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です