ハブ無しでHomeKitオートメーション機能を使う方法!!

CHASUKEの記事をシェアする(.. )

どうも。
CHASUKEでございます。

Appleデバイスを使って快適なスマートホームを実現するための方法として、HomeKit対応製品の制御を自動化することができるオートメーションという機能というものがあります。

だが問題が1つ。このオートメーション機能をiOSホームアプリで使うためには、AppleTVやiPadといったハブとなるものが必要です。ハブがないと自宅Wi-Fi内のみでもオートメーションを作成することができない。(※サポートに問い合わせましたが利用不可と回答)

こんな感じで困っておったんですが、サードパーティ製ホームアプリを利用することでハブが無くても自宅内(ローカル環境)のみならオートメーション機能が使える!! コレ知らんかった。

これにより家にいるとき限定(ローカルネットワーク内)ではあるが、「タイマーで電気をつけたり」「廊下の電気を消したら、リビングの電気をつける」みたいに、HomeKitアクセサリを使ったIFTTTのようなことができるようになった^^v

SPONSORED LINKS

ハブ設定無しで、オートメーション機能を使う

ハブ設定をせずに、iOSデバイスにプリインストールされたホームアプリのオートメーションを開くと、下の画像左ように「Apple TV(第4世代)をホームのセンターにしましょう」と表示され、機能が利用できない。

だが、今回紹介する方法でオートメーションを追加することで、画像右「ホームハブが接続されていません」という表示があるものの機能が一覧に表示されるようになった。

やり方は簡単。
サードパーティ製ホームアプリでオートメーションを追加するだけ。

それではやっていきます。

サードパーティ製アプリでオートメーションを作成

今回は、サードパーティ製ホームアプリとして、Koogeekのものを利用します。

▼そのアプリがこちら

Koogeek Home

Koogeek Home
開発元:TOMTOP
無料
posted with アプリーチ

▼上記の他にも、ログイン不要で利用できる「Hesperus」や「Insteon+」など色々とあります。

Hesperus

Hesperus
開発元:Oltica
無料
posted with アプリーチ

Insteon+

Insteon+
開発元:Smartlabs
無料
posted with アプリーチ

今回は、HomeKit対応されたスマートコンセントを利用して、朝6:15に電源ONにしてお湯を沸かすという自動化機能(レシピ)を作ってみます。

▼Koogeekアプリを起動し、「AUTOAutomation」タブへ。先ほどのiPhoneホームアプリのオートメーション画面とは違い、右上に「+」ボタンがあります。

この「+」ボタンをタップして、自動化レシピを作成します。レシピ名は「湯沸かし」としました。

▼次の画面に行くと、「IFTTT(イフト)」のようにTrigger(トリガー)とAction(実行)を設定できます。

今回の場合、「AUTOTimer」で起動時間を設定します。他のアクセサリを使って、廊下の照明がOFFならや、ベランダに設置した気温センサーが0度以下ならなども設定できます。

▼AUTOTimerでは、時間とリピートを指定します。この辺りは英語表記でわかりづらいですね。だが、後でiPhoneホームアプリ側で修正可能なので適当でOKです。

とりあえず、Trigger側は完成。

続いてAction側。

▼スマートコンセントをONの設定で選択します。

▼これで登録完了。この状態で再び、iPhoneホームアプリを確認すると。。。

はいっ、キタキタ!!!

iPhoneホームアプリで設定変更や追加が可能に!!

1つでもオートメーションのレシピを作っちゃえば、もうこっちのもんです。

▼iPhoneホームアプリに表示されたレシピをタップすると、以下のように設定変更が可能です。

シーンは「TT 湯沸かしxxxxxx」と謎のものが勝手に作られてしまいましたが、修正可能です。「このオートメーションをテスト」をタップすれば、時間を待たずにテストできます。

ちなみに、6:15にきっちりポットの電源がオンになりましたよ^^

▼右上「+」から新規登録もできるようになりました。

人の出入りは自宅ネットから離脱するので、利用できないですが、その他はいけるかと思います。

iOSホームアプリよりサードパーティのが出来ることが多し!!

iOSホームアプリが使えるようになったわけですが、実は、サードパーティ製アプリのが使える機能が多いようです。

例えば、トリガー部分に「センサーが何かを検知したとき」で選べるアイコンは以下の通り、「二酸化炭素濃度」のみ(画像左)に対し、Koogeekホームアプリでは多くのセンサーアクセサリが有効(画像右)となる。

ちなみに我が家では、ラズパイを利用してIRKit(学習リモコン)やNetatmo(センサー)をHomeKit化させている。→詳細はこちら。

▼さらに、iOSホームアプリでトリガー指定は、1つのアクセサリしか選べないが、Koogeekなどサードパーティ製なら、複数の条件が指定可能です。

複数のアクセサリの指定、「and」と「or」の組み合わせも自由自在です。これを設定して、画像右のiOSホームアプリを確認すると、複合条件がしっかりと設定されているのがわかる。

これでHomeKitでセンサー系の連係がより使いやすくなります。例えば湿度が20%を下回ったら、加湿器のスイッチをONにするなど。スマートコンセントを組み合わせればできちゃいますね。

[追記]
homebridgeでnetatmoセンサーを利用する場合、ホームアプリを開いてセンサー情報が更新となるため、リアルタイムなオートメーションができない。これはどうにかならんもんか。

最後に

AppleTV(4世代)やiPadなどのハブとなるデバイス無くて、オートメーション機能が使えなくて困っている人は、サードパーティ製のホームアプリでオートメーションレシピを作成してやればOKです。

オートメーション機能の利用で、センサー系(温度、湿度、気圧、二酸化炭素濃度、空気の質)などと組み合わせが可能でカスタマイズの幅が広がります。

私の場合は、センサーはNetatmoとHomebridgeを組み合わせて使ってますが、使いたいセンサーがマッチしていれば、HomeKitに対応している『Elgato(エルガト)』などの製品を使って、そのまま導入するのが楽だと思います。