[節税対策]スマホでnanacoチャージして税金を払ってきたよ。

CHASUKEの記事をシェアする(.. )

どうも、こんばんは。
CHASUKEでございます。

自動車税の時期がやってきました。
高いですよね〜。クレジットカードで支払ってせめてポイントを稼ぎたいところです^^

自分が住む愛知県では、「愛知県県税クレジットカードお支払いサイト(リンク)」からクレジットカード支払いできます。が、金額に応じて手数料が取られてしまいます。

ところが、セブンイレブンで利用できるnanaco(ナナコ)カード経由なら、手数料不要でお得に税金支払いができます。今回は、そんなとってもお得なnanacoカード経由で自動車税を支払ってきました。スマホがあればPCいらずで、チャージ可能でサクッと支払い完了です(^^)v

Let’s 節税♪

SPONSORED LINKS

nanacoカードで支払うとなぜ節税できるのか?

nanacoカードで税金を支払っても通常ポイント(100円で1P)は付与されません。しかし、nanacoカードにお金をチャージする際に、クレジットカードを利用することで、クレジットカード側のポイントが付与されます。

nanacoカードは、自動車税だけでなく、国民年金や国民健康保険料、固定資産税なども支払いができるカードなので絶対に持っておくべきです!!

例えば、今回自分が利用したリクルートカード。これでnanacoカードチャージすることで1.2%がポイント還元されます。税金5万円を普通にコンビニで現金で払うよりも、この方法にするだけで600円節税できちゃいます。ランチ代が浮いちゃいます^^

妻が会社を辞めてから失業手当の受給期間は、扶養に入れることができなかったんで、国民保険や国民年金を払ってました。結構もってかれますね。本当にnanacoカードのすごさが実感できました。これやらなきゃ絶対に損です。

スマホを使ってnanacoチャージして自動車税を払ってきた

手順以下の通り。
※カードがない人は、セブンイレブンやイトーヨーカドーですぐにゲットできます。

  1. nanacoカードのネットサービスにログインする
  2. nanacoカードのチャージ用クレジットカードを登録する
  3. nanacoカードにクレジットカードチャージする
  4. セブンイレブンで自動車税を支払う

スマホでnanacoカードチャージ

まずは、会員メニューにログインします。サイトはコチラ。

この右の画面の下方の「クレジットチャージ」を選択すると、nanacoカードチャージに使うクレジットカードを登録できます。

ただし、クレジットカード登録をするためには、クレジットカードを本人認証サービスに事前登録しておく必要があります。と言っても、これも簡単なものです。

本人認証サービスとは、インターネット上でクレジット決済をご利用の際、あらかじめ登録したパスワードをご入力いただくことにより、第三者による不正使用を未然に防ぐサービスです。

例えば、ブランドがJCBカードであれば、「J/Secure(ジェイセキュア)」というサービスになるのですが、「MyJCB」に登録すると、自動的に登録されます。MyJCBへの登録はコチラから。

なお、クレジットカード登録してからチャージ利用ができるまで24時間必要とのことなので、早めの登録がおすすめです。

▼クレジットカードチャージをしていきます。

▼1回のチャージで29,000円まで可能。自分の自動車税は34,500円だったので、2回に分けてチャージしました〜。

PCがなくても、スマホでも問題なくチャージできます。

セブンイレブンでnanaco支払いする

準備できたので、セブンイレブンに行ってきました。チャージしたら、すぐ使えます。

▼レジで出すだけ。

▼nanacoカードでお願いします。

▼確認ボタン押してください。「ポチ」っと。

▼nanacoカードはレジ手前で読み込ませます。

完了です。

▼レシートには「収納代行電算システム」と記載されてます。

▼すぐには反映されませんが、nanaco会員メニューで残高確認できます。

クレカチャージの注意点

ほとんどのクレジットカードを利用してnanacoカードへのチャージが可能です。だが、カードによってはポイント還元されないものがあります。つまり、nanacoカードへチャージすることでポイント還元されるクレジットカードは限られています。

下記条件を満たすクレジットカードは3枚あります。

  • 年会費無料
  • 還元率が1%以上

それが下記のカードです。

カード名還元率ブランド
リクルートカード1.2%VISA・Mastercard・JCB
楽天カード1.0%JCBのみ
Yahoo! JAPANカード1.0%JCBのみ

最後に

今回は、妻が所有するリクルートカードを私のnanacoカードにクレジットカード登録して、特に問題なく支払うことができました。家族内にポイント加算対象カードを保持していれば問題なく節税できると思います。

nanacoカード払いなら、手数料を取られる心配もないし、納税証明書もすぐにもらえるのでメリットもでかいです。自動車税に、年金や健康保険などなど普通に現金で払っていてはもったいないです。少しの還元率でも食らいついていきましょうw