環境データをクラウドに蓄積できる「Netatmo ウェザーステーション」

CHASUKEの記事をシェアする(.. )

どうも、IoT製品で着々とおウチのスマート化を進めているCHASUKEでございます。

2011年8月から販売されているIoT製品のパイオニアとも言えるNetatmo(ネタトモ)の「Wether Station(ウェザーステーション)」を我が家に導入して1年ほど経ちました。

例えば、これを設置するだけでCO2濃度を計測・監視し、閾値オーバーするとスマホなどに通知してくれるため、適切な空気の入れ替えが可能になります。普段、窓を締め切って生活してた我が家の空気の質が最悪だったことに、これ使い始めて気付きました…

これだけでも十分に導入した甲斐はあったのですが、他にもNetatmoには多くのセンサーが搭載されており、屋内外のたくさん環境データを計測できてしまう優れものです。

取得した情報は、Netatmoクラウドサーバーに保管され、いつでも取り出すことが可能です。僕のようなログマニアも大満足のIoT製品なんです^^

これがあればペット部屋や赤ちゃん部屋、ビニールハウスなどニーズに合わせて任意の場所で利用できますね。実際、個人宅からオフィス、農業、食品工場など幅広い分野で活用しているようです。

今回は、このNetatmoとはどんな製品なのか、どのような仕組みでデータを蓄積しているのかを書いていきます。ちょい今さら感がありますが…(^^;)

SPONSORED LINKS

Netatmo(ネタトモ)って?

Netatmo(ネタトモ)とは、

2011年5月に設立されたフランス企業です。NETWORK(通信)とATOMOSPHERE(環境)の2つを掛け合わせた造語を社名とブランド名に採用し、2つの言葉が表すとおりネットワークを利用して、暮らしや環境を豊かにする製品を世界中で展開してます。

Netatmoには、おウチをスマートホーム化する上で、役立つIoT製品が揃っています。

僕が導入している「ウェザーステーション」の他に、室内用の顔認証可能なセキュリティカメラである「ウェルカム」や、室外用の人・車・動物を検知できるセキュリティカメラである「プレゼンス」などがあります。

[ウェザーステーション]

様々なセンサーが搭載されており、任意の場所の環境情報を蓄積すると同時に、閾値を設定しアラート設定もできる。残念ながら公式には「Apple Homekit」に対応していないが、homebridgeサーバーに登録することでHOMEアプリに追加可能となる。

[Welcom(ウェルカム)]

屋内用のセキュリティカメラで顔認証ができます。こちらは「Apple Homekit」に2017年秋に対応予定とのこと。余談ですが、リノベーション大手の「リノベる」のショールームにも置いてあり顔データが盗まれていないか気になるw

[Presence(プレゼンス)]

屋外用のセキュリティカメラで、人・車・動物を検知して通知してくれます。また、赤外線ナイトビジョン搭載で夜間でもしっかり録画されます。こちらは「Apple Homekit」に2018年初旬に対応予定とのこと。

マイホームを購入したらぜひ玄関先につけたい製品。取り付けには電気工事士の免許が必要で、今まで付けてる家をみたことがない。→取付方法の動画がこちら

様々なセンサー搭載のウェザーステーション

▼セット内容は以下の通り

  • 屋内モジュール
  • 屋外モジュール
  • マイクロUSBケーブル
  • 電源アダプタ
  • 変換プラグ(4種)
  • 屋外モジュール用壁掛けキット
  • 説明書
  • 乾電池

▼左から、屋内モジュール(親機)屋外モジュール(子機)が1つずつセットになっています。

屋内モジュールは、USBケーブルで電源を確保しWi-Fiで通信します。

屋外モジュールは、乾電池で電源を確保し、直接Wi-Fi通信せず屋内モジュールを経由して計測データをクラウドに飛ばします。電池残量は1年経ちますが、ぜんぜん減ってません。燃費めっちゃ良いですね^^

▼屋外モジュールはベランダの物干し竿付近に設置してあります。

付属のマジックテープで固定してあります。防水対応されており、激しい台風の日も耐えてるので雨で濡れる程度ならよっぽど壊れないと思います。直射日光を避けるように設置します。屋根がある場所がオススメ。

また、屋内モジュールと100m間で通信可能です。通信状況は設定後アプリから確認できます。僕の場合、このモジュール間通信がうまく行かず初期不良でした。当時の代理サポート業者に連絡して交換した苦い思い出があります。しかも2回連続で。製品は非常に良いのですが、品質にはバラつきがあり唯一の不安要素です。モジュール間通信がうまく行かない場合は、サポートに相談しましょう!!  ※現在の代理店は国際商務(株)とのこと

モジュール/サーバーから取得できる情報

各モジュールにはセンサーが搭載されており、以下の情報が取得できます。

[屋外モジュール]

  • 屋外気温(-40〜65℃)
  • 屋外湿度(0〜100%)
  • 屋外の空気室
  • 気圧(260-1260mbar)

[室内モジュール]

  • 屋内気温(0〜50℃)
  • 屋内湿度(0〜100%)
  • 騒音(35〜120dB)
  • 二酸化炭素濃度(0〜5000ppm)
  • 屋内の空気質

▼クラウドサーバーから取得できる情報がこちら。

  • Temperature (inside/outside): measures, max, min, dates
  • Humidity (inside/outside): measures, max, min, dates
  • CO2 (inside): measures and dates of measures
  • Noise (inside): measures, max, min, dates
  • Pressure (outside): measures, min, max, dates
  • Device information: wifi status, radio status, battery level…

※情報元:https://dev.netatmo.com/en-US/resources/technical/reference/weatherstation

▼公式アプリから確認することができます。もちろん外出先からでも。

センサー情報は設定された閾値を超えたら通知が来るように設定できます。デフォルトの通知とは別にカスタマイズ通知も作成可能です。

▼公式アプリで過去データのグラフ化ができます。ピンチイン・ピンチアウトでデータ細分化も可能です。あの日のあの時間の気温とか騒音とかが振り返れます。

これらの情報はWebページからエクセル/CSVで出力でき、データ解析も簡単です♪

データ取得の仕組み

Netatmoでは、ユーザーが設置した各センサー搭載モジュールからデータを取得して、Wi-Fi経由で外部のNetatmoサーバーに蓄積されます。

Netatmoサーバーに蓄積された情報は、スマホアプリやWebブラウザなど端末を選ぶことなく、いつでもどこでもアカウントにログインすることで簡単にデータアクセスができます。

クラウドサーバーへのアクセスはAPIが公開されており、自分でプログラミングしてデータを自由にとってきたり、開発者が作ったサードパーティー製アプリを使って自由に楽しめるのも人気な理由です^^

▼例えば、公式アプリではAppleWatch対応されていませんが、サードパーティ製アプリならこんな風に対応されてるのもあります。

拡張モジュールで活用の幅が広がる

ウェザーステーションの追加モジュールを揃えることで、機能を拡張できます。

▼『雨量計』の追加モジュール

雨の降り始めを知らせたり、降雨量を継続測定することができます。親機に最大1台まで追加できる。

▼『風速計』の追加モジュール

風速と風向を継続測定することができます。こちらも、親機に最大1台まで追加できる。

▼追加用の屋内モジュール

多くの場所で環境データを取得したい人向けに、屋内モジュールを追加することができます。二酸化炭素濃度を測定して空気の質を部屋ごとにチェックしたりできますね。親機に最大3台まで追加できます。

最後に

Netatmo(ネタトモ)のウェザーステーションを中心に周辺のIoT製品や仕組みについて書きました^^

公式アプリで出来ること、僕のNetatmo活用方法なども書きたかったのですが、長くなってしまったので次回記載いたします!!

それではまた。