セットアップが簡単。ラズパイ3導入するならスターターキットもありです。

CHASUKEの記事をシェアする(.. )

どうも、CHASUKEでございます。
G.W.も残り半分となってしまいましたね。

さて、G.W.はiPhoneアプリを作成すると目標を立ててましたが、途中、少し脱線してRaspberryPI3(ラズベリーパイ3)をちょこちょこ触っておりました^^

今日は、RaspberryPiを初めて体験するなら、必要なものが全部詰まったキットが簡単で困らない!!って話です。

ラズパイ初めてで興味がある人チェックしてみてください。

SPONSORED LINKS

ラズベリーパイって?

簡単に言うと小さいパソコンです。

▼我が家のRaspberryPi2B。ちょっとホコリかぶっちゃってますね(–;)

我が家でも1つ前のバージョンRaspberryPi2(B)を毎日フル稼働させてます。ラズベリーパイは消費電力が小さいパソコンなので、24時間起動させていても問題ありません。例えば、こんな感じで使ってます▼

  • Netatmoから温度や湿度、二酸化炭素量などの情報を定期的に収集
  • HomebridgeサーバーとしてSiriで家電を操作[→過去記事はコチラ]
  • メルカリで欲しい商品の自前お知らせ機能

などなど、ずっと起動しているので、監視系や不定期な処理をしたい場合にとても便利です。ネット上の情報を定期的に取ってくるプログラミングしては、ラズパイで試すって感じで遊んでます。

最新版のRaspberryPiはバージョン3です。私の2と比べて性能がグーンっと上がっています。私のバージョン2は上の写真の通りWiFiやBluetoothを外付けしてますが、バージョン3から内臓されています♪

スターターキットという選択肢

基本的にラズベリーパイを利用するには、まず本体を購入して、SDカードに無料配布されているOSをインストールして初期設定していきます。たくさんのページで導入方法が紹介されていますが、すんなりとはいきません(..   )

私が初めてラズベリーパイを設定した時は、OSのインストールが上手くいかなかったり、電源アダプタの問題で起動しなかったり、外付けWiFiの設定など色々なところでつまづいたので。まぁ、そんなエラーを地道に解消していくのも醍醐味だと言う人は別ですが、、

早くプログラム作ってサーバーで何かを動かしたいって目的のある人は、初期設定なんて最初からしてあるものを買えば良いじゃん。それがスターターキットなのです。

▼今回、最新版ラズベリーパイ3のスターターキットを購入してみました。

コイツを開封して起動してみます。途中、SSHの設定で手こずりました(※下記参照)が、それ以外は問題ナッシングでした^^

結局、手こずっとるやないかい。っとツッコミを受けそうですが、許容範囲ですw

ラズパイ3のスターターキットを試す

今回私が手に入れたスターターキットはAmazonで販売されている「Raspberry Pi3 コンプリートスターターキット (Standard)」です。現時点(2017/05/04)で9,200円で販売中。

コンプリートスターターキットの中身

▼ちっちゃい箱に詰まってます。

中身を全部取り出してみます。

▼[その1] 説明書一式とOSがインストール済みのマイクロSDカード

microSDカードは16GBが同封されています。プリインストールされているベージョンが記載されています。SDカードのアダプタも付いてますが、使用しません。

▼[その2] 本体と電源、ケーブル類一式

下記の通りです。

  1. Raspberry Pi3 Model B(Element14版)
  2. 本体ケース(Clear)
  3. ケースを固定するための(ネジ、ピン)、ヒートシンクセット
  4. 電源アダプタ(5V 3.0A)とスイッチ付きのケーブル
  5. HDMIケーブル(90cm)
  6. LANケーブル(1.5m)

こちらの全部入りのコンプリートスターターキットは「Standard版」の他に、「Basic版」があります。Basic版だとHDMIとLANケーブルが付属していません。HDMIとLANケーブルは本体との相性を考えなくても良さそうなので、家に余ってるのがある人はBasic版で十分かもしれません。レコーダーのHDMIを一時的に抜いてもいいですしw

電源アダプタとケーブル、SDカードはRaspberryPiと相性があるので、注意が必要。私はこの相性と言うものに過去(ラズパイ2設定時)苦しめられました。そういう意味で、スターターキットは動作実績がある組み合わせが用意されているので楽です。

もうすでにラズベリーパイ3を持っており、インストールが上手くいかない場合は、電源アダプタやケーブルが問題なことも多いです。そんな人は、実績があるものを買いましょう。

▼OSインストール済みSDカード、電源アダプタ、スイッチ付きケーブルのセット。

▼起動前に、ケースを開いて、同封されているヒートシンクをペタッと貼っときましょう。熱を下げてくれます。

ケースから取り出してみると、カッコいいですね〜w

起動してみる。

さぁ、起動していきます。何度も言っているようにOSはインストール済みなんで、本体にブスッとさしてやるだけ。

▼電源ケーブルとHDMIケーブルを接続して、

ケーブルに付いているスイッチをカチッとしたら、起動しました。

▼モニターには、こんな画面。

▼♪───O(≧∇≦)O────♪

簡単だこりゃ。この感動が一瞬で味わえる。

最初に設定すること

これでOSのインストールが終わって起動した段階になります。スターターキットなら、ただ繋ぐだけです^^

続いて、インストールされているソフトウェアのバージョンアップやキーボードや言語設定をしてやります。やることは簡単です。こちらのページが丁寧でわかりやすいです^^

上の設定操作をするためには、マウスやキーボードが必要になります。うぁ〜って思いますが、USBキーボードって600円ちょいで買えるんですね。

▼インターネットもサクッと動くようになります。

子供に触らせるオモチャとしてもちょうどいい。

[解決]SSHのプロンプトが返ってこない

別のノートPCからSSHで無線接続してみます。設定は不要なので、MacのノートPCでターミナルから下記コマンドを入力。(初期ユーザー[pi]、パスワード[raspberry])

ssh pi@ラズパイIPアドレス

▼ ん、プロンプトが返ってこない。

待てど暮らせど、プロンプトが返ってこない。何度かコマンドを入力していると、たまに返ってくるのですが、すぐに動かなくなります。SSHが遅いというか、ずっとフリーズ状態。

SSHが使えないと非常に不便。色々と調べて、同事象の人を発見v(^^)

こちらのフォーラム(海外)です。

上記フォーラムで、Raspberry Pi3に搭載されているWiFiアダプタでSSHに接続できない症状が報告されていました。貼り付けられてる画面をみても私の事象と同じく、SSHパスワードを入力しても何も返って来てません。

そんで、このフォーラム通りの4ページ目に載っている下記コードを「/etc/ssh/sshd_config」に記載したら問題は解消されました!!!

IPQoS cs0 cs0

追記したら、下記コマンドでsshを再起動

$ sudo systemctl restart ssh

▼プロンプトがサクッと返って来た。

最後に

SSHで少しつまづきましたが、スターターキットでラズベリーパイの導入が容易になります。それに電源アダプタやケーブルの相性不良なども考えなくていいです^^

こちらのスターターキットは現時点9,200円ですが、RaspberryPi3本体が5,300円であり、電源、コード、HDMI、LAN、SDカードと作動した実績のある付属品がセットと考えるとお買い得だと思います。あとは相性が悪かった時の買い直し、上手く行かなかったときに悩む時間で無料ではありませんしね。

自分の知り合いもラズパイ買ったけど、上手く行かずにメルカリで売っぱらっちゃった人もいるくらいなので、最初はスターターキットで体験するのもいいのでは。

それではまた。