[iPhone8対応] スタンドに置くだけのワイヤレス充電器が便利すぎる♪

CHASUKEの記事をシェアする(.. )

どうも、CAHSUKEでございます。

今回はスタンドに置くだけで、スマホやタブレットが充電出来る『RAVPower ワイヤレス充電器』をサンプル提供していただきました(^^)v

以前、RAVPower社の『iPhoneバッテリー内臓ケース』を利用したことがあり、製品の品質とスタイリッシュさに感心していました。

もちろん今回のワイヤレス充電器も、期待を裏切ることなく、品質、格好良さは抜群でした^^ 

そんで、置くだけで即充電開始ってヤバイです。充電ケーブルを抜き差しする必要ありません。究極です。※ただし、Qi(チー)と呼ばれる非接触充電に対応している製品でしか利用できませんのでご注意ください!

Qiを使った非接触充電器は前からあったのですが、最近発売されたiPhone8。これが非接触充電可能となり、ますます需要が高まってきそうです。今回紹介するRAVPower社のワイヤレス充電器もiPhone8にバッチリ対応しているとのことです。

SPONSORED LINKS

LED機能が超便利なワイヤレス充電器

開封していきます。

▼箱が、、ガジェット好きの心をくすぐる。

▼パコッと開くと本体がお出まし。

▼中身は全部でこれだけ。

  • 本体
  • microUSBコード
  • 取扱説明書(もちろん日本語あり)
  • サポートカード

残念ながら電源アダプタは同封されていません。2A対応した電源アダプタを別で準備する必要があります。また、急速充電を実現するならQuickCharge 2/3対応のアダプタ(→こんなやつ)が必要とのこと。

▼本体を正面から。

土台の上にデバイスを支える厚めのゴムが貼ってあります。これにより、傷つきを防ぎ、滑り止めにもなるので、デバイスが誤ってずれてしまうこともありません^^

▼横から。

背もたれ部分と土台上のゴムがいい感じに傾斜してますね。背もたれ部分は11cmあり、大きめのタブレットでも十分に支えられます^^

▼後ろから。

背面の下部から電源をとります。

▼裏側の滑り止めもしっかり。

充電器本体は、134gとそこまで重たくありませんが、裏側の滑り止めで地面をしっかり掴んでくれます。その周りの白い部分はLEDリングとなっており、充電開始などをお知らせしてくれます♪

スタンドに置くだけのスムーズ充電♪

実際にスタンドにデバイスを置いてみます!

さて、新型のiPhone8で試してみたいところですが、残念ながら手元にまだありません。私が動画をみるときに愛用しているNexus7(2013)で試してみます。

Nexus7(2013)もQi対応されているんですね。知らなかった…(.. )w

スタンドの上に載せると、、、

うぉぉぉー、すげー!!

デバイスを置くと、スグに充電はじまりました。

上のように充電画面が出れば、充電開始がわかりやすいのですが、画面がつかない場合もあります。そんな時は土台部分のLEDリングの点滅を見て充電開始されたか判断ができます^^

説明書によると、デバイスを置いて、ゆっくり点滅したら充電が開始された意味になります。また、1秒ごとに点滅したらデバイスが認識されていないので、もう一度置き直してやりましょう。このLED機能はとても見やすくて超便利。時間経って「充電されてないじゃん」って悲劇を防げます。

▼どれだけの電流で充電されているかチェック。

自宅にQuickCharge対応のACアダプタがなかったので、通常の2A電源アダプタで試したところ。上の画像の通り、約1.5Aほどで充電されていました。

また、製品には安心安全なマルチ保護機能が搭載されてます。過充電、過電流、過電圧、過熱に対して、充電器自体とデバイスを守ってくれます。

最後に

スタンドとして利用しても良し

充電するだけでなく、単純にスタイリッシュなスタンドとして利用するのも良しです♪

滑り止め効果で操作も安定して行えることができます。

上の写真は、Amazonビデオ独占配信のドキュメンタルの第3戦結果はどうであれ、ゾンビシステムが新たに導入されめちゃくちゃ面白かったw

iPhone8と合わせてGETしたいアイテム

スタンドに載せるだけなので、めちゃくちゃ楽チン。
AppleWatchの充電スタンドを手に入れた時に味わった感動を、ここでも味わえるとは。iPhone8を手に入れたら間違いなく、合わせてGETしたい充電器ですな◎

▼2A電源アダプタが別途必要になります。とは言うものの、これだけの品質で1750円(9/23現在)は安いと思います^^