開封から使用・お手入れまでをレポート!!無料でゲットしたレイコップを使ってみた。

CHASUKEの記事をシェアする(.. )

結婚式の2次会でタダでレイコップをゲットできた@chasukeでございます。

▼これが実際にゲットしたもの。
IMG_9614

最初はレイコップって何やねん!!って状態だったの前回調べてみました。(→調べた記事はコチラです)

今回は、そんなタダでGETできたレイコップをさっそく使ってみたので、感想を書いてみます。

▼今回はマイベッドを軽く滑らせてみました。IMG_9852

SPONSORED LINKS

開封してみる。

▼箱の中は発泡スチロールでカッチリ守られておられました。

IMG_9835

そこから引っぱり出して…

▼パカッIMG_9836

ぬぉ…、レレレッド!!

箱にホワイトの絵が付いてたので、ホワイトだと思ってたら、まさかのレッドでした!こっちのが自分好みなので良かった。(って自分に言い聞かせてる。。。)

持ち上げてみたが、思ったより重い印象です。箱には2kgとあったが、それ以上ありそうな予感。女性の方だとキツイかもしれません。とは言っても、基本布団の上を滑らせて使うものなので、思いと感じるのは持ち運びの時くらいでしょう。

▼フォルムは、「エイ」みたいです。IMG_9839

▼上のカバーがカパっと開きます。IMG_9840

▼使用前にフィルター内部を確認。当然ながら綺麗wIMG_9841

コレがどれだけ、汚れるか楽しみ!!乞うご期待^^

では実践です。

その前に、電源をコンセントにつなぐ必要があります。

▼ハンディサイズですが、吸引力が強いためか常時電源供給が必要です。IMG_9838

事前にレイコップのアマゾンレビューで調べた際、電源ケーブルが長過ぎて扱いづらいという声がありましたが、私の家の環境だと逆にこれくらい長くないとベッドまで届きません!!買う前にベッドの一番遠い箇所までちゃんと届くかチェックが必要かと思います。

マジックテープと専用の収納袋が付属していたので、収納時も問題なさそうです。

▼マシンのエンジンを起動してみます。IMG_9853

実は、このマシン、1つのボタンで3つのモードが使える設計になってます。

ボタンを押すたびに以下のようにモードが変わります。

①UV → 除菌のみ
②光クリーン → 除菌+吸引
③パワフルたたき → 除菌+吸引+パワフルたたき

布団を掃除する場合、③パワフルたたきモードで使います。

ピッピッピッっと(ボタン3回押す。)

『ゴォォーーーーーーーー』

起動時の騒音は結構うるさい!!アマゾンレビューでみんなが言うほどうるさいものではなかったが、夜間の使用は避けたほうがよさそうです◎

使用方法は、公式ホームページに動画で載っています。

http://www.raycop.jp/product/smart/operation/

上記の動画を参考に、1往復を10秒くらいかけて、枕と敷き布団に滑らせてみた。

わずか2分ほどです。掛け布団+プラスアルファで5分あれば完璧です。滑らせている時は重さは気になりませんでした^^

▼バシッIMG_9847

フィルターの周りに白いホコリ、塵。ここにダニも含まれているのでしょうか?結構とれてますw

わずか2分ほどでコレだけとれるのか!!やったった感がハンパないw

レイコップ後、さっそく布団に潜り込んで見る!

天日干しとまではいかないが若干フカフカ感がありました。そのまま知らぬ間に気持ちよく寝てしまった。(→リアルですwただ疲れてただけ?)

使用後のフィルターを掃除する

フィルターは水洗いできます!!紙フィルターは不要でエコ◎

▼バケツに水ためて、ちゃぽんとつけて、洗うだけです。アマゾンレビューに洗うときにダニに噛まれた!と報告されてたので、緊張しましたが大丈夫でした…vIMG_9849

使用からフィルター掃除までやってみたが、寝る前の夜中は使えないところ、若干持ち運びが重たいのところがネックとなりますが、寝る前にたった5分で天日干しをしたかのようなぐっすり眠れる環境を作れる『レイコップ』

正直なところ結構お値段するので、布団以外にも使えるダイソンDC62を買うかな〜。プレゼントやギフトならば絶対うれしい。

→[2015/01 追記] 布団だけ でなく、様々な場所でパワフルに活躍できるダイソンDC62も買っちゃいました。レビューはコチラ。

IMG_9855