Google HomeでNature Remoスキルを使ってみた!!

CHASUKEの記事をシェアする..

どうも、CHASUKEです。

以前、Google Homeで「Nature Remo × IFTTT」を利用してテレビや照明などの家電制御する方法を紹介しました。

『Google Home』を購入。家中の家電を制御させる方法を紹介!!
どうも、CHASUKEです。 10月6日に何かと話題に上がっていた人工知能スピーカー『Google Home(グーグルホーム)』が日本語に対...

Google Homeで使える「Actions on Google」と呼ばれる機能をチェックしてたところ、「Nature Remo」の機能が追加されているのを発見しました。

Google Homeで使える『Actions on Google』一覧の確認方法
どうも、CHASUKEです。 Google Home(グーグルホーム)が我が家に来て、もうすぐ2ヶ月になります。今回、Google ...

これを使うことで、IFTTTの設定が不要で、Google Homeから直接Nature Remoで家電の操作ができるようになります^^

スキルの呼出しが必要(※ショートカット機能で解消)になるものの、「チャンネルを1にして」や「音量を2あげて」などの細かい操作も可能となります^^

まぁ、率直な感想として、IFTTTのがより自然にサクッと操作ができて好きかな。。。

SPONSORED LINKS

Nature Remoの機能を確認する

▼Actions on GoogleのNature Remoのページがこちら。確認するには、Androidであれば、ホームボタン長押しで起動しますが、iPhoneユーザーはGoogleアシスタントアプリが必要です。

評価は星5です。さすがですね。利用するにはログインして利用許可してやる必要があります。上の画像右「リンク」ボタンを押すとログイン画面に変わります。

または、Google Homeに「ネイチャーリモと話す」と言うと反応して、最初にログインを促されます。

このように、Actions on Googleでは特にスキルを追加することなく利用できます。

Nature Remoにログインでハマった

iPhoneでログインしようとしたのですが、これにハマりました。

手順としては、ログイン画面でメールアドレスを入力して、飛んできたメールのログインリンクをクリックしてアクセスを許可するのですが、何度やっても次のエラーが発生しました。

nonce invalid」と「Magic Link invalid」というエラー。どうしてもわからなかったので、サポートに問い合わせたら解決策を教えてくれました。

まず、エラーの意味について。

nonce invalid」は、メールを送信した履歴が無いのにログインリンクを開いた状態のエラーです。「Magic Link invalid」は、送信時と受信時の情報に齟齬がある状態のエラーです。

そして、教えてもらった方法でログインできました。コツは、メール送信とログインリンクを同一のブラウザで行うことです!!

▼Google Homeアプリなどからログインページが表示されたら、顔マークが表示される前に右下「Safari」ボタンをタップします。※画像左のように顔マークが出る前にです!!

▼ログインメールを受信したら、ログインリンクをコピーして、メールを送ったSafariブラウザに貼り付けます。

こうすることで、無事に「許可する」の画面が出てきました。

※何度かやっていると、エラー情報がブラウザに残ってしまうので、[設定]-[Safari]から「履歴とWebサイトデータを消去」を行ってから実施してみてください。

Nature Remoの機能を使ってみた

▼操作可能な内容は以下の通り

エアコン:電源ON/OFF、運転モード、温度の変更
テレビ   :電源ON/OFF、チャンネル、音量の変更
照明      :電源ON/OFF

▼さっそく、Google Homeに話しかけてみました


「ねぇ、グーグル。ネイチャーリモを使って、テレビのチェンネルを3にして。」

G 「わかりました。Nature Remoです。」

※ここから音声がNature Remoに切り替わる

N 「テレビを3チャンネルにしました。」


おおおぉぉ!!!!

簡単にしか試せていませんが、チャンネル以外に音量などもきちんと動作しました。この機能を使うには、事前にNature Remoのアプリ側でチャンネルや音量ボタンを登録(※名称は何でも可)しておく必要があります。

Google HomeからNature Remoスキルで操作できるのはエアコン1台、テレビ1台、照明1台までとのことです。

制限以上の家電が存在する場合、以下の図のように操作される家電が特定されるとのこと。(@google_homer_さんのツイート引用)

「ショートカット」機能でより自然に

Google Homeの「ショートカット」機能を使って読み替えで自然な命令ができます!!

例えば「ネイチャーリモを使って、テレビのチェンネルを3にして」を「チャンネルを3にして」という感じでショートカットを作成します。

→ショートカットの作り方はこちら

これなら初回の登録作業は大変ですが、「IFTTT × Nature Remo」と同様の使い方ができそうです♪

Googleアシスタントアプリからも利用可能

『Actions on Google』はGoogleアシスタントで使える機能なので、チャットのように文字ベースで家電操作もできました^^

しれっとチャンネル変えたい時とか使えるねコレw

最後に

今回は「Actions on Google」でNature Remoの機能を試してみました。

ログインに手こずってサポートに問い合わせたときに、

Actions on googleでの連携につきましては、現在チュートリアルの作成とよりスマートな方法への改善を行っております。

とのことでしたので、今後また内容が変わって使いやすくなるかもしれません。

[追記 12/20]

▼こちらに公式の手順が出ました!!

http://nature.global/new-blog/2017/12/15/actions-on-google

それではまた。

コメント

  1. たろう より:

    Remoのスマートホームスキルのメールリンクに引っかかってましたがお陰でリンクできました・:*+.\(( °ω° ))/.:+

    ありがとうございます!