【Amazon Echo】Nature Remoを使って家電操作する3つの方法

CHASUKEの記事をシェアする..

どうも、CHASUKEです。

学習リモコン『Nature Remo』がAlexaのスマートホームスキルに対応しました。

→公式ブログで発表

家電のオン/オフ操作のみだが、違和感なく音声操作が可能になった。これで家にお客さんを招いてクールに家電の音声操作が披露できますw

Nature Remoは、赤外線送信範囲が広く、処理速度も早く、かなり優秀な学習リモコンです。AmazonのEchoデバイスから「カスタムスキル」と「スマートホームスキル」両方で使える上に、サーバアクセス用のAPIが公開されており拡張性も抜群です。まさに無敵。

IRKitの進化版「Nature Remo」を使ってみた感想
我が家は賃貸マンションですが、『目指せスマートハウス!!』をモットーに頑張っております。どうも、CHASUKEです。 以前の記事で『...

APIが公開されている学習リモコンお探しなら、少し高いがNature Remoにしておけば間違いないです♪

SPONSORED LINKS

AlexaでNature Remoを使う3つの方法

AlexaからNature Remoを利用する方法が3パターンになりました。

▼違いは、公式ブログにある表がわかりやすい。

IFTTT経由

自動化サービス「IFTTT」を経由して、家電操作します。

だが、「アレクサ、テレビをつけて、をトリガー」というように音声操作のあとに「をトリガー」という、かなり不自然なトリガー起動ワードを付け加える必要がある。

▼IFTTTを試した記事がこちら

Amazon Echoで家電操作やiPhoneを探す方法(IFTTT編)
どうも、CHASUKEです。 IFTTTのアレクサチャンネルが日本語対応され、利用できるようになっていました。起動方法にちょっと違和...

カスタムスキル(Custom Skill)

Alexaのカスタムスキルから、Nature Remoにアクセスし、家電を操作します。

リモで」というスキル起動ワードが必要になるものの、テレビのチャンネルや音量など細かい設定ができます。

エアコン:電源ON/OFF、運転モード、温度の変更
テレビ   :電源ON/OFF、チャンネル、音量の変更
照明      :電源ON/OFF

ただし、1アカウントにつき1台ずつしか使えないため、各部屋のテレビを使い分けるといったことができない。こうなってしまったら、現状はIFTTTに頼るしかない。

1アカウントで2台以上の同じ家電がある場合、Remoアプリのコントロール画面の左上に近い家電が選ばれる仕様とのこと

▼カスタムスキルを試した記事がこちら

Amazon EchoでNature Remoカスタムスキルを使ってみた!!
どうも、CHASUKEです。 Amazon EchoなどAlexa(アレクサ)で利用できるNature Remoの『カスタムスキル』...

スマートホームスキル(Smart Home Skill)

今回追加された機能です。

AlexaからNature Remoにアクセスし、家電を操作します。

こちらの機能からはON/OFF操作のみしか使えないが、「アレクサ、テレビをつけて」とシンプルで自然な言い方が可能です。ロボット掃除機や加湿器、空気清浄機といった任意の家電で使えます。

全ての家電   :電源ON/OFFのみ

その他

上記以外にも、Nature Remoを操作するためのAPI公開されているため、自作のVUIアプリ開発や、Alexaスマートホームスキル「Node-Red」に自由に処理を組み込んだり、自由に拡張できますね。

Alexaスキル『Node-RED』でNatureRemoノードを使う方法
どうも、CHASUKEです。 今回もAlexaスマートスキル「Node-RED」ネタです。 前々回は、デバイスを追加して、Al...

スマートホームスキルの使い方

使用するための手順は、以下の公式ブログに記載があります。

→設定手順はこちら

テレビやエアコン以外の家電は「ON」、「OFF」アイコンを利用しないと操作ができないので注意です。また、アカウントのリンク方法も若干クセがあるのでご注意ください。

僕もカスタム機能を設定するときにハマっちゃいましたが、公式ブログにある設定手順を参考にやれば、問題なくリンクできましたよ♪

スマートホームとカスタムの両方使えて便利

スマートホーム機能では「電源ON/OFFのみ」しか音声操作できない。

しかしながら、僕は家にいるとき、照明やテレビ、エアコンの音声操作を頻繁に利用するときに使う操作は、ほとんどが家電のオン/オフ操作でした。

これがサクッとできるようになるのは便利ですね。それに、周りにお客さんがいてもクールにAIスピーカーでの操作を披露できますw

見たい番組が決まっている時など、カスタムスキルでチャンネル変更や音量調節ができる。スマートホームスキルでチャンネル変更までできるのがベストですが、組み合わせて使えるのでとても困りません!!

最後に

今回のNature Remoのスマートホームスキル対応により、AlexaデバイスからNature Remoを利用する方法が3パターンになりました。

それにしても、Remoの成長ぶりがすごいですね。1億円の資金調達も行い、家電量販店での販売も行われています!!

Remoに搭載されている温度/湿度センサー以外の公開も期待しちゃってます。

追記. 温度/湿度センサー以外が公開れました!!!!
▼試した記事はこちら
【Amazon Echo】Nature Remoを使って家電操作する3つの方法
どうも、CHASUKEです。 学習リモコン『Nature Remo』がAlexaのスマートホームスキルに対応しました。 →公式...

▼Nature Remoはオススメの学習リモコンです。

それでは。