PC関連

【Anker PowerExpand 6-in-1 レビュー】M1 MacBook Air用にUSB-Cハブを購入。

どうも、CHASUKEです。

M1チップ搭載MacBook Airに、ちょうど良さそうなUSB-Cハブ「Anker PowerExpand 6-in-1」を購入しました。

ご存知かもしれないが、MacBook Airには、片側にUSB-Cが2ポートしか無いんですよね。

左にUSB-Cが2ポート

右はオーディオジャックのみ

HDMIやUSB-A、LANを接続するには何かしらのツールが必要です。

購入したUSB-Cハブ「Anker PowerExpand 6-in-1」は、信頼と実績のAnker製品。USB-C1ポートを、各種6ポートに拡張できます。

6つの搭載ポート

  1. USB-C(給電用・PD最大65W)
  2. USB-C(データ転送用)
  3. USB-A×2(データ転送用)
  4. HDMI(4K30Hz)
  5. LAN(1Gbps対応)
CHASUKE
SDカードリーダーはありませんが、給電用とデータ転送用の2つUSB-Cが備えています。

 

棒形で持ち運びやすいハブで、MacBookとの相性の良い洗練された見た目です。

ということで本記事では、AnkerのUSB-Cハブ「Anker PowerExpand 6-in-1」を写真を交えながら、レビューしていきます。

各種性能を試してるので、購入前の参考にしてもらえれば幸いです。

created by Rinker
Anker
¥4,590 (2021/03/05 00:59:48時点 Amazon調べ-詳細)
CHASUKE
それでは参りましょう。

Anker PowerExpand 6-in-1 の外観と付属品

パッケージはいつものAnkerといった感じ。思った以上に長細いのがきました。

 

外観・デザイン

Anker PowerExpand 6-in-1は、小型かつ洗練された見た目のUSB-Cハブです。

ダークグレイのスティック型で、手触りはMacBookの表面と同じでサラサラしてます。

サイズは約132×23×18mmで、83gです。

持ち運び・使いやすさが考えられた形状です。

ナイロン繊維で覆われたケーブルで、耐久性があって手触りも良い。

ケーブルは太めながらも強い反発力はないため、右や左へと自由に曲げて使用することができます。

CHASUKE
Anker製品はとにかくロゴが多い。

 

搭載ポート

冒頭でも紹介しましたが、再度おさらいです。

▼正面のAnkerロゴからみて、上にあるポート。

  • HDMI(映像用/4K30Hz)
  • USB-C(データ転送用/USB3.0)
  • USB-C(給電用/PD最大65W)

HDMIでは、4K30Hzまでの映像出力が可能です。4K60Hzではないので、こだわりがある人はご注意を。

データ転送用USB-Cは、USB3.0(転送速度5Gbps)です。データ転送用とあるが、iPhoneやイヤホンを微力ながら充電することも可能です。

給電用USB-Cからの最大入力電力が65Wです。ハブ本体で12W分を消費し、接続したノートPCへは最大53Wの電力供給が可能です。

CHASUKE
MacBook Airの給電であれば、問題ないね。

 

▼続いてAnkerロゴからみて、下にあるポート。

  • USB-A(データ転送用/USB3.0)
  • USB-A(データ転送用/USB3.0)

こちらのUSB-Aポートも、スマホやイヤホンの充電、マウスやキーボードなど周辺装置を動かせます。

CHASUKE
USB-Aポートの間にはLEDランプがあり、使用中は薄く点灯します。

 

▼最後に忘れちゃいけないのが、LAN端子です。

1Gbps対応のイーサネットポートとなってます。

 

附属品

付属品

  • USB-Cハブ本体
  • 専用ポーチ
  • 取扱説明書

専用ポーチは、Ankerのハブを買うと付いてくるお馴染みのやつ。

細いので、中には余裕がある。

CHASUKE
ケーブル収納が別にあるのが良いのよね。

 

Anker PowerExpand 6-in-1 の各ポートを試してみた

ハブの接続はUSB-Cを挿すだけ。HDMIやLANなどの複数設備を1つにまとめ、抜き差しの手間が省けるのも導入する利点です。

それでは、「Anker PowerExpand 6-in-1」の各種ポートをM1 MacBook Airで試していきます。

 

USB-Cによる電力供給(PD充電)

ハブのUSB-Cポートに65W以上の充電器から電力供給します。

CHASUKE
キーボードがめっちゃ汚いのは見逃して!!

 

MacBook Airの電力量を測定してみると、

なんと31〜36W付近(バッテリー残量60%時点)で電力供給されてました。

CHASUKE
MacBook Airって30w以上で給電できるんですね。という驚き。

 

USB-Cによるデータ転送

USB3.1(Gen2)規格のポータブルSSDでデータ転送してみた結果がこちら。

読み292MB/sで、書き282.3MB/sとなった。

USB3.0規格の最大データ速度5Gbps(625MB/s)です。理論値とはいえ、約半分程度のスピードしか出なかった。

ちなみに、4.68GBのデータをMacBookに放り込んだら、「15.6秒」で転送完了しました。

CHASUKE
まぁ、十分なスペックですが。

 

▼もう一つ、カメラのデータ転送

SDカードリーダーはありませんが、カメラをUSB-Cで直接つないでデータ転送ができました。

 

USB-Aによるデータ転送

USB-Aのポートでも同じように転送速度をチェックしてみると、

これも先ほどと同じく約300MB/sでした。

また、以下のようにiPhoneを挿すと、ブルっと充電が開始されます。大体、5v×0.5A程度でした。

▼MacBookからiPhone情報が参照できてる。

 

LANポートによるネット接続

可能なら有線LANを使いたい派なので、これが使えるのは嬉しい。

▼参考程度ですが、通信速度の測定結果がこちら。

何度かやって大体これくらいでした。

 

HDMIによるデュアルディスプレイ

HDMIポートを外部ディスプレイと接続するだけで、簡単にデュアルディスプレイ環境が作れた。

ディスプレイが右側にあったので、少々大変だった。

4K30Hzでの映像出力になるが、ゲームをしたりするわけでもないので、個人的には問題なし。

Anker PowerExpand 6-in-1 まとめ

以上、AnkerのUSB-Cハブ「Anker PowerExpand 6-in-1」について、書きました。

M1 MacBook Airへ十分な電力供給が可能であり、USB-C・USB-A・LAN・HDMIと豊富に使えるハブでした。こんなのを1台もっていると役立ちます。

当然、「データ転送速度がもう少し...」とか「SDカードが欲しかった...」など言い出すとキリがないが、必要十分なスペックで全然使えそうです。もし、今の大きさでSDカードリーダーが付いたら100点満点でしたが。

Anker PowerExpand 6-in-1の購入検討中の人の参考になれば、嬉しいです。

created by Rinker
Anker
¥4,590 (2021/03/05 00:59:48時点 Amazon調べ-詳細)

Amazonでお得に買い物

Amazon.co.jpで買い物するならギフト券を現金チャージするのがお得です。チャージごとに最大2.5%分のAmazonポイントがもらえます。また、5000円チャージで1000円分ポイント還元キャンペーンも実施中!!

詳しくはコチラ

  • この記事を書いた人

CHASUKE

某IT企業でエンジニアをしているCHASUKEです。 当ブログでは生活を便利にするガジェットやサービスなどライフスタイルに関わる様々な情報をお届けします。レビュー依頼も受け付けています。「お問い合わせ」より気軽にご相談ください。

© 2021 CHASUKE.com