Apple Watchに音楽を保存してBluetoothイヤホンで聴く方法

CHASUKEの記事をシェアする..

どうも、Apple Watch4の購入を機に、サボっていたランニングを再開したCHASUKEです。

avatar

CHASUKE

ランニング記録を残すのが楽しくなってきた!

僕が購入したApple Watch4は44mm/GPSモデルです。保存容量は16GBに進化。

【Apple Watch4‎】グレー/44mm/GPSモデルを購入・選んだ理由
どうも、CHASUKEです。 『Apple Watch Series 4』を購入しました。 Watch2から買い替えました!...

ランニング中に欠かせないのが、音楽ですよね。

Apple Watch4なら音楽の保存容量は十分なので、Apple Watch+Bluetoothイヤホンという軽装備で走ることが可能です。もちろんAirPodsに限らず、どのBluetoothイヤホンでも利用できます!

今回は、Apple Watch単体に音楽を保存して聴く方法を紹介します。Apple Watchランナーに少しでも参考になあれば光栄です。

それでは行ってみましょう。

SPONSORED LINKS

Apple Watch単体で音楽を聴く方法

手順は、ざっくり以下の通りです。

  1. iTunes(PC)でプライリストを作成
  2. PCからiPhoneに音楽を保存
  3. iPhoneからApple Watchに音楽を保存
  4. Bluetoothイヤホンで再生

iTunes(PC)でプライリストを作成

Apple Watchに音楽を入れるには、iPhoneのミュージックアプリに「アルバム」もしくは「プレイリスト」を作成する必要があります。

▼プレイリストを作成するとこんな感じ。最終的にプレイリスト画像もApple Watchに追加されるので付けておくのがおすすめ。

新規プリレリストは「すべてのプレイリスト」を右クリックすると作成できます。

avatar

CHASUKE

安室ちゃん、アリアナグランデのプレイリストを作成♪

PCからiPhoneに音楽を保存

作成したプレイリストをiPhoneのミュージックアプリに保存(同期とも言う)します。

▼iPhoneをPCと接続して、先ほど作成したプレイリストをドラッグ&ドロップします。

▼iPhoneデバイス内にプレイリストが追加されたのを確認して、上のiPhoneアイコンをクリックします。

▼ミュージックから追加したプレイリストをチェックして、適用します。

しばらく待っていると、同期が完了します。

▼iPhoneのミュージックアプリにプレイリストに追加されているはずです。

iPhoneからApple Watchに音楽を保存

さて、いよいよApple Watchに保存(同期とも言う)していきます。

▼iPhoneのWatchアプリを開いて、ミュージックを追加します。

しかし、ミュージックを追加して、いくら待っていても同期されません。

▼Apple Watchを充電すると同期が開始します。

これ、まぁまぁ時間がかかりますよ。

Bluetoothイヤホンで再生

Apple Watch単体に音楽を保存できました。

AirPodsなどの各種Bluetoothイヤホンと接続して、直接Apple Watchから再生します。

ちなみに、Apple Watch単体で音楽を聞くにはBluetooth対応イヤホンやスピーカーが必要です。そのままスピーカーで再生不可

事前にApple Watchの設定からBluetooth機器をペアリングさせておきます。

これで、Apple Watchのミュージックアプリから再生が可能です。

作成したプレイリストがちゃんと画像付きで追加されてますねー♪

▼再生デバイスを選ぶと、音楽が再生されます!

最後に

Apple Watch単体に音楽を追加して、Bluetooth機器で再生してみました。

なかなか面倒ですよねw

だが、これでApple Watch+Bluetoothイヤホンという軽装備で、音楽を聴きながらのランニングで、記録もばっちり取れます。

Apple Watchランナーに少しでも参考になれば幸いです。

ちなみに、我が家の玄関カギはQrio Lockでスマート化しています。

【比較レビュー】『Qrio Lock(Q-SL2)』を使ってみた!!
どうも、CHASUKEです。 以前から我が家は『Qrio Smart Lock (Q-SL1)』を導入しており、スマホから便利に玄関...

最近のアップデートからApple Watch単体で玄関の施錠・解錠ができるようになり、とっても身軽です♪

それではまた。