Apple HomeKit対応のホームゲートウェイ『Aqara Hub』を試してみた!

CHASUKEの記事をシェアする..

どうも、CHASUKEです。

複数のIoT機器を連携できるホームゲートウェイ「Aqara Hubを試してみました。Aqaraとは中国で有名なXiaomi(シャオミ)傘下のメーカーのようです。

実はXiaomiから同じようなゲートウェイが出てますが、Aqara Hubの魅力はApple HomeKitと互換性があるってところです。

avatar

CHASUKE

Apple標準のホームアプリでIoT機器を管理できます

今回は、ホームゲートウェイ「Aqara Hub」と、子機として追加できる温湿度センサーを試してみました。じっくり紹介していきます。

ちなみに今回試した製品は、海外通販GearBestで購入できます。

人気製品なので売切れのときもあるけど、少しすると在庫復活してますよ。

SPONSORED LINKS

「Aqara Hub」の特徴・できること

Aqara Hubの特徴・できることをまとめます。

  • Apple HomeKitと互換性あり
  • XiaomiのMi Homeと互換性あり
  • 調光・調色できる便利なLEDライト
  • 警報(サイレン)機能あり
  • 様々なセンサーとZigbee通信するホームゲートウェイ
  • 子機のセンサーを30個まで追加可能

avatar

CHASUKE

ちなみに子機センサーもHomeKitと互換性があります。詳しくはこの後!

Apple HomeKit対応「Aqara Hub」

avatar

CHASUKE

箱に「Apple HomeKit」のマークがありますねー

パッケージ内容

箱を開けてみると、本体説明書(中国語のみ)が入ってます。

真っ白でとても綺麗な本体というのがファーストインプレッション。箱が少しボロかったのでギャップ効果ですねw

▼サイズは「L8.0 x W8.0 x H4.15 cm」でコンパクト。

上部に物理ボタン、ぐるっと1周分のLED照明、正面はスピーカーという構成です。

基本的にはアプリからの操作がメインですが、物理ボタンから「LED」「警戒モード」など操作が可能です。

▼当製品は、中国プラグ(O2タイプ)です。

利用には変換アダプタが必要なので、ご注意を。製品は100-240Vで利用可能なので、プラグを変えてそのまま利用可能です。

▼これで良しっと。

変換プラグのせいで、すっきり感が無くなってしまったが、仕方がない..

avatar

CHASUKE

GearBestで合わせて購入したよ

Appleホームにデバイス追加してみた

Aqara Hubをデバイス登録するのですが、以下のアプリで追加が可能です。

XiaomiのMi Homeアプリはロケールを中国にしないと使えない。けれど、機能がとても優れてるので、事前にAqara Homeでデバイス追加してMi Homeにリンクさせるのがベストな登録方法だと思います

avatar

CHASUKE

ちなみにAqara Homeに追加すると、Appleホームにも自動的に追加されます

Aqara Hubの初期設定

本体をコンセントにさし黄色に点滅したら、セットアップ開始できます。もし黄色にならない場合は、物理ボタンを10秒ほど押すとリセットされます。

▼Aqara Homeの「Add Accessory」から「Aqara Hub」を選べば、あとはアプリに従うだけです。アプリは英語ですが、中国語よりかは読みやすい。

avatar

CHASUKE

リストにある温湿度センサ「Temprerature and Humidty Sensor」を後で追加予定

▼設定中はアプリ内の写真やイラストでわかりやすいですね。

ここで注意したいのは、2.4GHzネットワークのみ対応であること。事前にiPhoneの接続先を変更しておきましょう。

▼見覚えのあるHomeKit設定コード読み込み画面が出てくるので、箱や説明書にあるコードを読み込ませて完了です。

Aqara Homeに「LED照明」と「警戒モード」の2アイコンが追加されています。

avatar

CHASUKE

それぞれ、僕は「フットライト」「警報」と名付けたよ

Aqara Hubを操作してみる

▼Aqara Homeでデバイス登録した後、Appleホームアプリをちらっと覗いてみると。

ちゃんと2つのアクセサリが登録されてますね

警戒モードに関して、ホームアプリからON/OFFの切替のみできます。Mi Homeアプリを使って、例えば、警戒ONの時に、ドアセンサーが反応したら警報を作動させられます。

avatar

CHASUKE

簡単に警報システムが作れちゃうってこと

もう一つのLED照明はアイコンタップでON/OFFできます。

調光・調色(1600万色)できてバッチリ。

▼こんな怪しい感じにもできて、面白い。

昼白色の100%にすれば眩しいくらいに明るいです。廊下や階段にあればフットライトとして、寝室ではナイトライトとして役立ちそうです。

Aqara Hubに温湿度センサーを追加する

さて、ホームゲートウェイ「Aqara Hub」だけでも夜間照明として活躍するのですが、子機のIoTセンサーを最大30個まで追加できます。

今回は、合わせて購入した温湿度センサーを追加してみました。

avatar

CHASUKE

もちろん、これもHomeKit対応。他にも多くのセンサーが対応なので後で紹介します

▼こちらが温湿度センサー「Temperature Humidity Sensor

綺麗なセンサー本体と合わせて説明書(中国語)、予備の両面テープが同封されていました。

これ1つで温度と湿度の両データが取得できます。電池付きで1,800円弱。

▼むっちゃくちゃ小さい。

サイズは「L3.6 x W3.6 x H0.9 cm」で、10gちょっと。

ホームゲートウェイと同様、Aqara Homeアプリのデバイス追加ボタンから追加できました。簡単ですね。

この通り、Appleホームアプリからでも確認できます。

「温度18℃湿度65%」とのことです。いい感じですねー。

▼廊下の壁に適当に貼り付けて設置完了。

avatar

CHASUKE

うちの嫁さんにはすぐに気付かれたけどねw

Mi Homeアプリが優秀すぎる

AqaraはXiaomi傘下のメーカーということもあって、Xiaomiのホームアプリ「Mi Home」と互換性があります。

Mi Homeのロケールを中国以外にしてると正常に使えなかった。ログイン後に、中国に変更することで使えました。この辺りは自己責任で。

Aqara Hubと同じネットワークでMi Homeを起動すると、簡単にデバイスをリンク付けすることができました。

完璧ではないけど、アプリは日本語対応されてますね。

▼Aqara Hubと合わせて紐づく、温湿度センサーも追加されています。

温湿度センサーのデータが蓄積されてて、グラフ表示できた。

avatar

CHASUKE

ちなみにリストにあるマジックキューブってのもクソ面白かったので今度紹介する

Mi Homeで色々できて、全て試せてないのだが、警報設定タイマードアベルIFTTTみたいなデバイス間の自動化などが設定できます。

IFTTTのような自動化は、温湿度センサーの値が「温度30℃、湿度80%」になったらホームゲートウェイのスピーカーから音を出すみたいに作れます。

▼例えば、警報ではこんな項目が設定できます。

トリガーデバイスからの振る舞いから、サイレンの種類や音量、LEDなど細かいレベルまで設定が可能です。Mi Homeで警報設定をしておき、外出時はAppleホームアプリで警戒モードONに切り替えて運用するイメージですね。

HomeKit対応の子機デバイス一覧

Aqara Hubに追加した温湿度センサーもHomeKit互換なので、Appleホームアプリから簡単に環境情報がチェックできるようになった。

温湿度センサー以外にも、Aqara Hubに追加できるHomeKit対応センサーデバイスが6つほどありました。全てGearBestから調達できます。

avatar

CHASUKE

もちろん、全部揃えるつもりじゃ

ちなみに今回試したのが、ホームゲートウェイ「Aqara Hub」温湿度センサーですね。

最後に

HomeKitと互換性のあるAqara Hubを試してみました。

やはりMacやiPhone、iPadと相性は抜群です。Apple TVがあれば、外出先からでもセンサー情報がチェック出来ます。警報が動作すればすぐにわかります。

AppleTVを使ってHomekit対応デバイスを外出先から操作する方法
どうも、CHASUKEです。 Apple TVを購入してAppleホームアプリのハブ設定をしたこと外出先からHomeKitデバイスを...

それにHomeKitだけでなく、XiaomiのMi Homeとの互換性もある素晴らしいホームゲートウェイでした。子機として利用できるセンサーデバイスも面白そうなのが揃ってますね。

avatar

CHASUKE

特に水センサーとか。どうなんだろ。面白そうだ。

気になった方は是非お試しを!!

それではまた。

▼GearBestでの買い物方法はこちらを参考に。

【GearBest購入方法】イケてる格安ガジェットを海外通販で買ってみた!
どうも、CHASUKEです。 様々なイケてるガジェットを取り扱う海外通販サイト『GearBest(ギアベスト)』での買い物方法を説明...