PC関連

【レビュー】Belkin USB-Cデュアルディスプレイドッキングステーション|M1搭載MacBookで2画面出力させてみた!

どうも、CHASUKEです。

多くの称賛の声があがっているM1チップ搭載MacBookですが、唯一「外部ディスプレイに1台しか接続できない」という弱点があります。

そんな不満を解消し、2台の外部モニターに画面出力を可能にするUSB-CドックがBelkinから出ました。

それが「USB-Cデュアルディスプレイドッキングステーション」です。

今回、これをBelkinさんからお借りできたので、実際にモニターの2枚出力できるのか試してみました。それと合わせて、外観や付属品導入前に知っておきたい良い点・注意点を書いていきます。

CHASUKE
M1 Macのデュアルディスプレイ出力でお困りの方におすすめです!

Belkin USB-Cデュアルディスプレイドックの概要

特徴はコチラ!!

  • DisplayLink対応でモニター2台に出力
  • USB-Cポート1つを5種類8ポートに増設
  • 接続PCを最大85Wで電源供給
  • WIn・Mac・Chromeの各OS対応
  • ケンジントンロック・VESAマウント対応

冒頭から繰り返しで申し訳ないが、DiplayLink対応により、M1チップ搭載MacBookでモニター2台出力できるのが最大の特徴です。

それと、接続しているだけで電源供給されるのは地味に助かる。しかも、最大85Wと高出力です。

CHASUKE
Amzon価格で、16,980円となっております。結構しますね。

 

搭載ポートは5種類8ポート

  1. USB-C PC対応 最大85W
  2. HDMI 1.4 ×2
  3. ギガビットイーサネット
  4. USB-A 3.1 Gen1 最大5Gbps ×3
    →うち1台がBC1.2対応
  5. 3.5mmオーディオジャック
CHASUKE
次章から実機を触っていきます!

Belkin USB-Cデュアルディスプレイドックのレビュー

USB-Cデュアルディスプレイドック」は、DisplayLink対応・8ポート搭載のUSB-Cドック。

この章では、外観や各ポートの性能をチェックしていきます。

CHASUKE
では、参りましょう。

 

外観と付属品

USB-Cデュアルディスプレイドックは、モニター直下に配置しても目立ちにくい、コンパクトなスクエア型です。

縦横サイズで約9.5cmで、高さは約3.8cmとなってます。

 

搭載インターフェース(入出力)がこちら。

前方

後方

前方:左から

  • 3.5mmオーディオジャック(In/Out)
  • USB-A 3.1 Gen 1(5Gbps, BC1.2)
  • USB-C(PD 最大85W出力)
  • 電源ステータスLED

後方:左から

  • 電源ボタン
  • 電源接続口
  • イーサネット(1GbE)
  • USB 3.0 Gen1 ×2(5Gbps)
  • HDMI 1.4 ×2

前方に、ホスト接続用USB-Cポートとデバイス充電にも使えるUSB-Aポートがあるのが便利です。

 

▼側面はこんな感じになってます。

VESAマウント用のネジ穴と、ケンジントンロックがあります。

VESAマウントが別途必要ですが、モニター裏に設置して隠せるのが好印象です。

 

▼付属品はこちらです。

電源アダプタ、USB-Cケーブル、取扱説明書が同梱されてました。

電源アダプタがとにかく大きいので、デスクで邪魔にならないように隠して設置するのが大変です。

 

▼100均で売ってるワイヤーラックを使えば、比較的カンタンに隠せるので、おすすめです。

 

それと、世界プラグに対応した電源ケーブルも入ってました。

CHASUKE
これは要らないw

 

モニター2台出力を試してみた

結論からいうと、問題なくディスプレイ2台を出力して使えました。ミラーリングではなく、別々の画面を表示できています。

ただし、単純にHDMIを接続するだけではダメ。

DisplayLinkソフトウェアのダウンロードが必要です。

Macの場合は、インストールして画面収録のプライバシー設定をオンにします。

 

前方のUSB-Cポートに「M1チップMacBook Air」を接続し、後方のHDMIポートに外部モニターを2台接続して使ってみました。

▼下記の通り、MacBookとモニター2枚を配置し、迫力のデスク環境ができた。

だが残念ながら、4Kモニター(DELL U2720QM)の最大解像度が制限されてしまいます。最大の解像度が「2048×1152」までとなってます。

カタログ表示はFHD(1080p)となってますが、なぜかそれよりも少し高画質でした。

CHASUKE
4K必須な人、画質が落ちて困る人は、購入注意です!

 

▼DisplayLinkによるCPU負荷はそれほど気になりませんでした。

CHASUKE
YouTubeやAmazonプライムビデオの出力も可能でした。

 

各ポート性能を試してみた

前方のUSB-CとUSB-Aの充電性能について。

USB-Cは最大85W出力できるので、MacBookの電源確保で困ることはありません。

▼M1チップのMacBook Airで、40〜45Wで電源供給できてました。

 

それから、前方のUSB-AはBC1.2対応(後方のUSB-Aポートは非対応)なので充電にも使えます。

▼Magic TrackPadやKeyboardのバッテリー切れにすぐ対応できるのは良いですね。

iPhoneを接続すると7.5〜8Wで充電されてました。

また、後方にある2つのUSB-Aを含め、データ転送(USB-A 3.1 Gen1規格)が可能です。最大5Gbps(625MB/s)の速度で、iPhoneのアップデートや写真の転送も可能でした。

USB-A 3.1 Gen1対応のポータブルSSDを接続して、実際の転送速度を測定してみました。

読み書きも約300MB/sでした。3ポートともほぼ同じ結果でした。

CHASUKE
もう少し、スピードが欲しいな。

 

それと、個人的に嬉しいのが、有線LANが使える点。Wi-Fiよりも確実に速度が出るので、僕は有線LAN派なんです。

ダウンロード862Mbps、アップロード637Mbpsです。

CHASUKE
安定して高速通信が可能です。

Belkin USB-Cデュアルディスプレイドックのレビューまとめ

以上、BelkinのUSB-Cデュアルディスプレイドックについて、レビューを書きました。

モニター2台出力で、MacBook Airの数少ないポートを8機能拡張できるUSB-Cドック。繋ぐだけで十分な電源供給が可能なのが嬉しいポイントでした。

良い点はココ

  • M1搭載Macでデュアルディスプレイ可能
  • USB-Aを3ポートを含む8ポートを増設
  • M1搭載Macに十分な85Wの電源供給
  • 前方のホスト接続・USB充電が使いやすい

注意点はココ

  • 4K出力ができない。制限される
  • AC電源アダプタを隠すのが大変

M1 Macでデュアルディスプレイ環境を実現したい人におすすめのUSB-Cドックでした。

普段からフルHD以上の高画質ディスプレイを使っている人だと、画面の鮮明さが気になるかもです。

逆にそれが許容できる、問題ないのであれば、確実に買って満足できます!

Amazonでお得に買い物

Amazon.co.jpで買い物するならギフト券を現金チャージするのがお得です。チャージごとに最大2.5%分のAmazonポイントがもらえます。また、5000円チャージで1000円分ポイント還元キャンペーンも実施中!!

詳しくはコチラ

  • この記事を書いた人

CHASUKE

某IT企業でエンジニアをしているCHASUKEです。 当ブログでは生活を便利にするガジェットやサービスなどライフスタイルに関わる様々な情報をお届けします。レビュー依頼も受け付けています。「お問い合わせ」より気軽にご相談ください。

© 2021 CHASUKE.com