充電器

【Belkin充電器レビュー】PD対応USB-CとUSB-Aの合計30W充電器。プラグ可変式で省スペース!

どうも、CHASUKEです。

PD充電をご存知でしょうか?

PD(Power Delivery)充電とは、USB Type-Cを利用し、iPhoneをわずか30分で50%まで高速充電できる規格のこと。iPhone付属の5w充電器と比べて、最大70%も早く充電が可能です。

iPhone8以降のモデルであれば、最新のiPhoneSE(第2世代)を含め、PD充電に対応しています。僕が所有するiPhone XSもPD充電が使えます。

CHASUKE
急いでる時ほど、有り難みを感じます。

 

今回紹介する「Belkin BOOST CHARGE 充電器(18W USB-C + 12W USB-A)」は、PD対応のUSB-Cを含む2ポート充電器。Appleストアで取り扱われるほど、デザインに定評のあるBelkin製です。僕も大好きなメーカーです。

従来のUSB-Aも1ポート備え、USB-Cより供給電力は劣りますが、ヘッドホンやイヤホンなどまだまだ出番は多いです。

▼もう1つの特徴として、90度可変式の電源プラグを持ちます。

この90度可変式の電源プラグのおかげで、壁コンセントでも間隔の狭い電源タップのも省スペースで使える充電器です。

それでは、次章から「Belkin BOOST CHARGE 充電器(18W USB-C + 12W USB-A)」を写真付きでレビューしていきます。

本記事は商品提供をいただき、レビュー記事を作成しております

Belkin BOOST CHARGE 充電器の外観とサイズ感

こちらが「Belkin BOOST CHARGE 充電器(18W USB-C + 12W USB-A)」のパッケージ。充電器本体のみのラインナップもありますが、こちらはLightningケーブルが付属する方です。

▼パッケージ内容はこれだけ。

  1. BOOST CHARGE 充電器
  2. USB-C to Lightinigケーブル
  3. 取扱説明書

iPhoneをUSB PD充電をするために必要なケーブルがセットになってます。ケーブル長は約1.2mありました。

本体サイズは、直径55×42mm、奥行き23mmであり、重さは89gです。

スクエア型の充電器が多い中、今回のBelkin充電器は、細長い形状をしてます。めっちゃ綺麗なホワイトボディに、belkinロゴが彫ってあります。

▼手の中に収まるサイズ感です。

そして、18w出力のUSB-C12w出力のUSB-Aの2つの充電ポートを備えます。

USB-A to Lightningケーブル」は付属してませんが、2ポート同時にiPhoneを充電できます。同時充電しても、どちらのポートも最大出力のUSB-C18w+USB-A12wで充電できます。

▼側面は充電ポートやプラグがあるだけ。文字やLEDインジケータなど無駄な装飾は一切ない。

電源プラグは収納できませんが、90度可動式で方向を変えれます。プラグ切替は硬さがあるので、勝手に垂れてくることは無い。

CHASUKE
面白いアイデアですよね。

 

白を基調とした充電器ですが、薄く各種認証マークとプロファイルの記載が並んでます。

「Belkin BOOST CHARGE充電器」は、PSEマークはもちろん、USB-IF認定Apple MFi認定も取得済みの製品です。長期間ずっと安心して使うことができます。

製品は2年間保証があり、万が一、接続したiPhone等が壊れてしまってもベルキン独自の「条件付き接続機器保証」により、最大28万円まで修理または交換できます。

CHASUKE
美しい見た目だけでなく、性能面で選ぶ価値も十分にある

Belkin BOOST CHARGE 充電器を使ってみたレビュー

ここから、Belkin BOOST CHARGE 充電器を実際に使ってみた感想を書いていきます。

 

PDで50%以上の充電に成功

美しい外観だけでは意味がない。肝心の充電性能をチェックしていきます。

iPhone8以降の端末であれば、PD規格に対応し、最大18w(9V×2A)で爆速充電ができます。充電速度は、常に最大スピードではなく、バッテリー残量が少ないほど早く、徐々に緩やかになります。

▼USB-CとUSB-Aで電圧・電流チェッカーで測定してみた結果がこちら。

USB-C(PD)

USB-A

僕が使ってるiPhone XSをUSB-Cケーブルで接続すると、ちゃんとPD充電(9V)が確認できた。さらに、USB-Aポートの方も、ほぼ12Wでばっちり急速充電できてます。

PD充電はとにかく早い

使用状況にもよるので参考程度だが、0%から充電スピードを計測したところ、たった10分で25%まで30分で53%まで充電できました。むちゃくちゃ早い。

iPhoneをPD充電するなら「USB-C to Lightningケーブル」が必須です。Apple MFi認定のある充電ケーブルを選びましょう。

 

90度可動式プラグが使いやすい

プラグが本体に収納できないのはデメリットだが、どの向きでもプラグが挿せるのは、思ってた以上に使いやすかった

壁コンセントで使用

L字に折り曲がるので、壁コンセントに挿していてもピタッと張り付いて安定感があります。ケーブルを上下に逃せるし、出っ張りが小さいので家具の後ろにあるコンセントでも有効活用できます。

▼2口コンセントで、隣に干渉せずに使えます。

CHASUKE
ホントに、よく考えられた細長形状だと思う。

 

電源タップで使用

自宅であれば、電源タップの利用が多いかも。

電源タップと言っても色々あるが、このコンセント向きであれば、ブスッと上から使えます。

約3.5cmの隙間があれば使えます。本体がボテッとした充電器だと使えないケースもあります。90度プラグ可動式のおかげで問題なく使える。

ただし、横並びの電源タップで間隔が狭いと、使えないものもあったのでご注意を。

約5cmの隙間があれば使えます。購入前に手持ちの電源タップをチェックしてみて下さい。

最初は「この形状どうなんだろう?」と疑問だったが、なかなかの使い心地で気に入りました

最後に(まとめ)

以上、「Belkin BOOST CHARGE 充電器(18W USB-C + 12W USB-A)」の紹介・レビュー記事を書きました。

優れたデザインで、iPhoneを高速充電できるUSB PD(18W)従来のUSB-Aで同時に使える2ポート充電器。細長い形状と、90度可変式プラグが斬新で、使い勝手の良いUSBチャージャーだと感じました。

USB-CとUSB-Aの2ポートは、何気に1番使いやすい組み合わせ。気になった方は、是非チェックしてみて下さい。

▼超高耐久の充電ケーブル「Belkin DuraTek Plus」も合わせて、おすすめ。驚異の5年保証です。

それではまた。

Amazonでお得に買い物

Amazon.co.jpで買い物するならギフト券を現金チャージするのがお得です。チャージごとに最大2.5%分のAmazonポイントがもらえます。また、5000円チャージで1000円分ポイント還元キャンペーンも実施中!!

詳しくはコチラ

こちらの記事も読まれてます

  • この記事を書いた人
CHASUKE

CHASUKE

某IT企業でエンジニアをしているCHASUKEです。 当ブログでは生活を便利にするガジェットやサービスなどライフスタイルに関わる様々な情報をお届けします。レビュー依頼も受け付けています。「お問い合わせ」より気軽にご相談ください。

Copyright© CHASUKE.com , 2020 All Rights Reserved.