PC関連

TP-Link Deco X60 レビュー|実家のネット環境をメッシュWi-Fiで快適にしてみた!

本記事の内容

Wi-Fi6とメッシュWi-Fi対応のルーター「TP-Link Deco X60」を実家に導入しました。使い始めて1ヶ月経過したので感想を書いてます。

スグ隣にある実家のネット環境がイマイチだから何とかしてほしいと頼まれたCHASUKEです。どうも、こんにちは。

▼2階建の実家には、このルーターが1つだけ。

奥の壁とか時代を感じる。もう築30年以上。

TP-Link AC1750(3ストリーム・5GHz/1300Mbps)の1台では、さすがに2階建ての一軒家をまかなうには厳しそう。

年末年始はいつも、僕の姉妹が夫婦そろって実家に集結します。遠くから来て寝泊まりもするのでネットが不安定だと困る、、、ここは僕がなんとかしなければと思ってました。

どうせやるからには部屋の隅々までWi-Fiが飛ばせると人気の「メッシュWi-Fi」、それから今のiPhoneの主流規格である「Wi-Fi6対応」のルーターなら間違いない。

今回は、この両機能が搭載された「TP-Link Deco X60」を導入し、実家のネット環境を快適にすることにしました。

TP-Link Deco X60

ということで本記事は、TP-Link Deco X60 の外観や付属品、実際に使って感じたメリット・デメリットを書いていきます。

結論からいうと、性能は期待通り。1軒丸ごとWi-Fiで覆えて、年末年始が快適に過ごせました。

CHASUKE
TP-LinkのWi-Fiルーターは初心者でも使いやすい。ネットワークの知識がない両親にも合ってます。

本記事は商品提供をいただき、レビュー記事を作成しております

Deco X60はバランスのいいモデル(X20・X90と比較)

Deco X60は、Wi-Fi6とメッシュ対応の優れたルーターです。

しかしながら、同じDecoシリーズを調べると、他にも似たようなモデルが盛りっと出てきます。

TP-Link Decoシリーズの下記モデルであれば、どれもWi-Fi6 × メッシュ対応です。これらの機能や性能を比較してみました。

 Deco X20Deco X60Deco X90
Amazon
(2個入)
約1.9万円約2.7万円約5万円
①5GHz -1
②5GHz -2
③2.4GHz
(Mbps)
1201
②なし
③574
2402
②なし
③574
4804
1201
③574
トライバンド××
ストリーム数468
メッシュAIメッシュAIメッシュ
Wi-Fi6
有線ポート数2ポート
最大1Gbps
2ポート
最大1Gbps
2ポート
最大2.5Gbps
同時接続150台150台200台

上記に加え、Deco X20にアレクサが搭載されたDeco Voice X20もラインナップしています。

 

ポイント① サイズ・デザインは?

デザインに関しては、X20とX60が全く同じ。X90は筒状に長く、大きくなってます。

 

ポイント② コストや性能面は?

性能に関しては、X90が圧倒的に勝ってます。電波が通る道であるストリーム数が多く、通信速度Mbpsの数値が大きいほど、安定かつ高速になります。また、トライバンドなので5GHz帯が1本多く、よりメッシュ環境に適します。

コストに余裕があれば、X90なんですが、今回適用する両親2人暮らしの実家には、少しオーバースペック気味。一時的に大人数が集まっても負けないX60がバランス良く安心です。

CHASUKE
同時接続は150台であり、接続デバイスやユーザーの行動から自動でメッシュ環境を改善してくれるAIメッシュ機能も心強いですね。

Deco X60の外観と付属品

Deco X60 3個パック

では、Deco X60を開封して外観と付属品をチェックしていきます。1個・2個・3個パックから選べて、徐々に買い足すこともできます。

▼デザインはこんな感じ。シンプルです。

3つに違いはありません。どれもメッシュルーターの親にも子にもなり得ます。

サイズはほぼトイレットペーパーでした。

蓋部分は渦巻きのように電波を吸い込まれそうな形状をしてます。※蓋は外れません。

アンテナ内蔵でルーターには見えない美しさ。

搭載ポートは電源LANが2個です。

それと、初期化に使うリセットボタンは底面にあります。覚えておくと良いです。

排気口と滑り止めもしっかりありますね。

それから、付属品がこちら。

ルーターと同じ数の電源ケーブルと親機に使うLANケーブルが1つだけ同梱されてます。親以外のルーターはワイヤレスでつながるのでLANケーブルは不要となります。

Deco X60 を使ってみた感想(メリット・デメリット含む)

冒頭にも書いた通り、年末年始に備えて実家のWiFiルーターを変更しました。しばらく使った感想はざっくりこんな感じです。

  • 初期設定が簡単
  • 有線ポートが少ない
  • どこでも同じSSIDが使える
  • どこでも安定の通信速度
  • ネット環境をアプリ管理

使いやすく速度的にも満足してます。実家の間取りを含め、通信速度がどのように改善したのかを数値的に書いていきます。

それと初期設定は簡単ですが、一点だけ「あれ?」と思った箇所があった。その辺りも補足します。

 

簡単にメッシュWi-Fiが作れる

昭和の家にモダンなルーター

初期設定はDecoアプリから簡単にできます。

最初に親ノードを設定し、その後に子ノードを追加します。等間隔に配置すれば、自動的に通信し合い、家を覆うメッシュが作られます。あとはAIメッシュ機能が良い感じにやってくれます。

まずは、親機の設置から。イラスト通りに電源やLANケーブルを繋げて設定していきます。

実際はもっとイラスト多めですが、省略してます。

続いて、インターネット接続タイプ、ネットワーク名(SSID)とパスワードを決めます。

インターネット接続タイプが迷いどころだと思いますが、下記リンクに従えば、どれを選べば良いかわかると思います。

 

あとはアプリが勝手に設定してくれるので、しばらく待つだけです。

アプリからリアルタイムの接続機器を確認できます。前回のルーターと同じSSIDに設定したので、既に接続機器が表示されてますね。

残りのルーターも追加してメッシュを広げていきます。2台目以降はLANケーブルは不要で、電源ケーブルのみで接続します。

2台目は1Fの父部屋。デスク横に松竹梅!!

 

追加もアプリから簡単なんですが、ここで1つ注意点がありました。

設定を進めていくと、最後の最後で「他のDecoが見つかりません」と表示されてしまいます。

何度やっても同じ結果に...。

でもこれ、諦めてホーム画面に戻ると、、なぜか問題なく追加されてました。ファームウェア更新が出てたので、それが原因だったのかも。

 

▼3台目は2Fにある妹が使ってた勉強デスクに。

これで3台全て設置完了。

ファームウェアに少しやられましたが、設定自体はとても簡単でした。

 

有線ポートが少ないので注意

親機はLANポートをWANと繋ぐために1個取られるので、実質1ポートしかない。

うちの実家の場合は、2階まで伸びる有線ケーブルとプリンターがLAN接続されてて足りなかった。残念ポイントですが、別途ハブを用意すれば解決です。同じくTP-Link製で1800円。

CHASUKE
ハブの合わせ買いがおすすめ。

 

どこでも安定した通信速度が出る

Wi-Fi強度が測れる「Wi-Fiミレル」

せっかくなので、Deco X60取替前後の通信速度を比較してみました。

▼実家の間取りはざっくりこんな感じ。

メッシュ親機は、前のルーターがあった場所に置いて、人マークの位置でWi-Fi強度通信速度を測定しました。

 

▼1番距離が離れている2F中央で測定した結果がこちらです。

今まで上りで22Mbpsだったので、どちら10倍の速度まで改善しています。

▼4か所の測定結果をまとめました。ここではiPhone13で測定してます。

測定場所Wi-Fi強度通信速度(Mbps)
取替前取替後取替前取替後
リビング88
5GHz
89
5GHz
↓510
↑400
↓500
↑450
キッチン87
5GHz
88
5GHz
↓350
↑390
↓410
↑400
玄関前39
2.4GHz
83
5GHz
↓26
↑17
↓320
↑330
2F中央30
2.4GHz
89
5GHz
↓22
↑10
↓200
↑200

ネット契約:上り下り光500M

親ルーター付近では最大スピードであり、そこから離れると少しずつ速度が落ちていくのがわかります。2Fの奥でも、200Mbpsでてました。

 

MacBook Airでも同じように測定。

測定場所通信速度(Mbps)
取替前取替後
リビング↓450
↑460
↓440
↑450
キッチン↓410
↑400
↓440
↑440
玄関前↓160
↑100
↓310
↑330
2F中央↓19
↑15
↓260
↑180

ノートPCの方も問題なく改善してます。

昔は子供部屋だった2Fは、今では父親の趣味部屋みたいになってて、ここでも不満なく使えている様子でした。

CHASUKE
数値でもわかりますが、実際に体感できて良い感じ。

 

どこでも同じSSIDが使える

前までのルーターでは、2.4GHz帯と5GHz帯の2つのSSID(ネット識別名)が飛んでて、どちらか選んで接続する必要がありました。

しかし、Decoシリーズであれば、自動的にどっちの帯域に接続すべきかを判断してくれます。家のどこにいても同じSSIDに接続すれば良いので、シンプルです。迷いがない。

また、今だとWi-Fi接続用にQRコードが簡単に作れたりします。これをルーターの側に置いとけば、里帰りしてくる人達にも親切かなと。

CHASUKE
Wi-Fi接続はこれをスマホカメラでかざすだけ。パスワード入力の手間が省けます。

 

ネット環境がアプリで管理できる

アプリで自宅のネット環境をちゃんと管理できます。これが非常に使いやすかった。

▼接続機器がズラッと確認できます。

「UNKNOWN」が多いですが、PCやスマホは名前が表示されるので誰のかスグに判断できます。

他にも子供のスマホを徹底的に管理する機能も無料で使えます。Webサイトのブロックや18禁サイトなどのフィルタリング、ネット利用時間や閲覧数の多いサイトなどが確認できます。

これらはHomeShieldと呼ばれる機能で、有料版もあるけど、無料でも十分使える印象です。

CHASUKE
子供のネット利用を管理したい親にもおすすめ。子供には可哀想だけど。

Deco X60 のレビューまとめ

本記事ではメッシュWi-FiルーターのTP-Link Deco X60をレビューしました。

実家のネット環境がすっかり改善したようで、快適なネット環境で年越しできました。ちなみにメッシュの力が凄まじく、隣にある僕の家からでも繋がります。実家からWi-Fi泥棒できるw

▼レビューをまとめるとこんな感じ。

良い点はココ

  • シンプルなデザイン
  • 初期設定が簡単
  • どこでも同じSSIDが使える
  • どこでも安定の通信速度
  • ネット環境をアプリ管理

注意点はココ

  • LANポートが少ない

LANポートの不足は、ハブでカバーできます。

メッシュWi-FiのDecoシリーズは選ぶメリットがとても多く、2F・3F建て一軒家のWi-Fi環境を死角なく覆いたい人に特におすすめです。

下位モデルにX20がありますが、同居人数が多い場合は、接続デバイス数が多くても速度が落ちにくくなるため、今回のX60がおすすめです。

以前書いたDeco X20の記事に、中継機よりもメッシュが優れている理由が書いてあります。こちらも合わせてみると理解が深まると思います。

合わせてこちらも
【TP-Link Deco X20レビュー】おすすめのWi-Fi6対応メッシュルーター!【コスパ最高】

続きを見る

CHASUKE
記事はここまで。CHASUKE(@chasuke__)はTwitterでも便利なガジェットをつぶやいてます。こちらもぜひ!

Amazonでお得に買い物



Amazon.co.jpで買い物するならギフト券の購入(チャージ)がおすすめ。チャージごとに最大2.5%分のポイントが付与されます

チャージへGO!!

  • この記事を書いた人
Avatar photo

CHASUKE

IT企業につとめる30代サラリーマンブロガーです。当ブログでは、実際に使ってよかった役立つガジェットや製品をお届けしてます。面白い機能や素敵なデザイン、少し尖ったアイテムが特に好きです。ご質問・ご意見は「お問い合わせ」まで。レビュー依頼もお待ちしております!

© 2022 CHASUKE.com