PC関連

【Dongii(ドンギー)レビュー】Bluetooth内蔵の多機能Switchドックが面白い!【比較有り】

どうも、CHASUKEです。

純正のSwitchドックって場所取りますよね。

最近では、デスク上で邪魔にならず、USBハブとしても使える小型Switchドックが登場している。今回、Bluetooth搭載など面白い機能を持った「Dongii(ドンギー)」を買ってみました。

Dongiiの特徴

  • Gan採用の小型Switchドック
  • ワイヤレスイヤホンが繋がるBluetooth搭載
  • 低遅延のaptX LLに対応
  • USB-C・USB-A・HDMIハブ
  • 最大65wの高速充電対応
  • ハブと充電器が分離可能
CHASUKE
他の小型Switchドックとは違って、面白い特徴を持ってます。

 

僕はPCモニターで使うために購入。モニター側にスピーカー非搭載ですが、Bluetoothヘッドホンが使えます。

ということで本記事では、多機能Switchドック「Dongii」の機能・性能他製品との違いを紹介していきます。

純正のNintendo Switchドックは、大き過ぎて持ち運びしにくい。ワイヤレスイヤホンが使えないとお困りの方におすすめです。

created by Rinker
Dongii
¥16,000 (2020/10/27時点)

多機能Switchドック「Dongii」の外観と搭載インターフェース

こちらが「Dongii」のパッケージ。

▼パッケージ内容は下記の通りです。

パッケージ内容

  • Dongii(Bluetooth搭載)
  • 65W ACアダプター
  • USB Type-Cケーブル(1m)
  • ステッカー
  • 取扱説明書

 

外観・デザイン

Dongiiは、SwitchドックAC充電器を組み合わせた構成になっています。

▼USB-Cで繋がっており、簡単に分離できます。

AC充電器 | Switchドック

 

AC充電器のサイズが「31×51.6×52.6mm 20g」で、ドックのサイズが「31 × 17.2 ×52.6mm 114g」となってます。トータルで134gです。

AC充電器は新素材GaN(窒化ガリウム)採用し、小型ながら最大65wと高出力。もちろん、単体でUSB-C充電器として使うこともできます。

▼折りたたみプラグですっきり。

CHASUKE
大きく65Wと記載ありw

 

ドックは、他社のAC充電器モバイルバッテリーと組み合わせて使うこともできます。

純正の充電器みたいなフィット感はないけど、組み合わせ自由なのは嫌いじゃない。

レビュー記事はこちら
【LilNob CIO-G65W2C1A レビュー】最大65w出力。USB PD×2&USB-Aの小型充電器が凄い!

 

搭載インターフェース

  • USB-C
  • USB-A(USB 2.0)
  • HDMI(4K/60Hz対応)
  • Bluetooth 5.0

任天堂Switchで遊ぶ時は、USB-CとSwitchを接続HDMIとディスプレイを接続すれば、TVモードでゲームを楽しめます。

PCやタブレットでサブモニターとして使う時は、Switchの代わりに、PCやタブレットを接続します。USB-Aはハブとして機能するので、HDDやSSDなどを挿してデータ転送も可能。それ以外に有線LANやマウス、キーボードなどにも使える。

ドックにはBluetoothが内蔵され、下部にあるボタンでワイヤレス機器をペアリングできます。高性能な「aptX LL」コーデック対応なので、遅延を気にすること無くゲームを楽しめるのもポイント。

多機能Switchドック「Dongii」の機能と性能

Dongiiはコンセントに直挿しして使います。

ちなみに上のELECOMのデザインタップは、綺麗な配線ができるのでデスク上にもおすすめ。

 

Nintendo Switchで使ってみる

任天堂SwitchとUSB-C接続すると、約15Wで高速充電されてました。

コントローラーを外して、モニターとHDMI接続すれば、TVモードに切り替わります。

スムーズに画面が切り替わって、イイ感じです。

▼Bluetoothボタンを押して、

ワイヤレスヘッドホンとペアリングが可能。これもとってもスムーズ。

ノイズキャンセリングとaptX-LLコーデック対応のヘッドホンがあれば、ゲームに没頭できますよ。

レビューはこちら
【dyplay UrbanTraveller2.0 レビュー】1万円で買えるノイキャンヘッドホン【おすすめコスパ】

 

▼別の充電器でも結果は同じでした。

45w以上の出力が必要なのでご注意を。

利用機会があるかは不明だが、代わりにモバイルバッテリーを使うこともできます。

CHASUKE
面白いよね。

 

タブレットで使ってみた

Dongiiは、スマホ・タブレット、PCのUSB-Cハブとしても利用できます。

Switch同様に充電も困りません。最大65W出力なので、ほとんどのデバイスに電源供給ができます。iPad Pro 11インチでは、最大供給となる30wでしっかり高速充電されてました。

▼USB-AにポータブルSSDを接続し、データ転送も問題なし。

USB 2.0規格に準拠しており、残念ながら転送速度はかなり遅い

データ転送速度は残念だが、Switch以外にも使い道があるのは嬉しいですね。

多機能Switchドック「Dongii」と他製品を比較

SuperHub SE | Dongii | GENKI Dock

3つの小型Switchドックを比較してます。

  • SuperHub SE
  • Dongii
  • GENKI Dock

どれも同じように「高速PD充電 + HDMI + データ転送」の機能を有します。

▼サイズはGENKI Dockが最もコンパクトです。

SuperHub SEだけ直挿しプラグではない。

 

スペック比較

スクロールしてチェック!

 SuperHub SEDongiiGENKI Dock
価格
Amazon
¥12,999 ¥16,000¥8,680
サイズ30×83×58mm31×68.8×52.6mm33×60×44mm
重さ131g約134g103g
電源供給メガネ型折りたたみプラグ折りたたみプラグ
インターフェースUSB-C × 2
USB-A × 1
HDMI × 1
USB-C × 1
USB-A × 1
HDMI × 1
USB-C × 1
USB-A × 1
HDMI × 1
PD充電最大30W + 18W最大65W最大25W
データ転送USB 3.1USB 2.0USB 3.1
映像出力4K60Hz4K60Hz4K60Hz
Bluetooth非対応Bluetooth 5.0
aptX-LL対応
非対応
CHASUKE
それぞれ一長一短ですな。

 

▼SuperHub SEの使用イメージ。

詳細なレビュー記事
【Zendure SuperHub SEレビュー】PD充電とSwitchドック付きの多機能USBハブ!

 

▼GENKI Dockの使用イメージ。

詳細なレビュー記事
【レビュー】持ち運びしやすい超小型Switchドック『GENKI Dock』を使ってみた!

多機能Switchドック「Dongii」まとめ

以上、多機能Switchドック「Dongiiについて書きました。

Dongiiは、データ速度が遅い、価格が高いというデメリットがある。しかしながら、Bluetooth5.0対応最大65WのPD充電ドック分離型という他にはないメリットも多い。

▼出張先のビジネスホテルとかでも思う存分、Switchが楽しめます。

▼この辺りに魅力を感じた人におすすめです!

created by Rinker
Dongii
¥16,000 (2020/10/27時点)

Amazonでお得に買い物

Amazon.co.jpで買い物するならギフト券を現金チャージするのがお得です。チャージごとに最大2.5%分のAmazonポイントがもらえます。また、5000円チャージで1000円分ポイント還元キャンペーンも実施中!!

詳しくはコチラ

こちらの記事も読まれてます

  • この記事を書いた人
CHASUKE

CHASUKE

某IT企業でエンジニアをしているCHASUKEです。 当ブログでは生活を便利にするガジェットやサービスなどライフスタイルに関わる様々な情報をお届けします。レビュー依頼も受け付けています。「お問い合わせ」より気軽にご相談ください。

Copyright© CHASUKE.com , 2020 All Rights Reserved.