【Echo Show 反射防止】角度調整スタンドと液晶保護フィルムを追加購入した!

CHASUKEの記事をシェアする..

どうも、CHASUKEです。

先日購入した大画面ディスプレイ搭載スマートスピーカー『Echo Show』が我が家で大活躍しています。レビュー記事はこちら。

【Echo Show レビュー】リビングに置きたい最高のAIスピーカー!
どうも、CHASUKEです。 10.1インチのディスプレイ搭載スマートスピーカー『Echo Show(エコーショー)』が届きました。...

avatar

CHASUKE

音が良いのでリビングのBGMに最適♪

音楽の他にも、ディスプレイ解像度は1024×600と綺麗なためプライムビデオ再生や、待機時にはデジタルフォトフレームとしても使えます。

そんなEcho Showですが、

「画面の映り込みが気になる」
「画面が汚れる」
「角度が固定されて使いづらい」

などなど使ってると色々な問題が生じます。

今回は、そんな問題を解消してくれるEcho Showアクセサリ『角度調整スタンド』と『反射防止保護フィルム』のレビューです。

avatar

CHASUKE

必要に感じて、追加で購入しましたー♪

SPONSORED LINKS

Echo Showスタンドと保護シート

Echo Showスタンドは、お馴染みパッケージでした。カラーはブラックのみです。

保護フィルムは、Echo ShowアクセサリとしてリンクにあったDigio2というメーカーのもの。反射防止タイプです。

高精細・反射防止フィルムの貼り付け

まずは、反射防止保護フィルムからです。

パッケージに『JapanQuality』のマークがありました。良い響きですね。

▼保護シートは2枚入です。

avatar

CHASUKE

2枚も要らないので、1枚で半額にして欲しいところ

▼貼り方について細かく記載があります。

スマホの保護シートとは違って、10.1インチは大きい。貼るのに苦労すると思ったが、そんなことはなかった

avatar

CHASUKE

1発で綺麗に貼れました♪

▼付属のメガネ拭きで指紋や汚れを落としてから貼ります。

左右・中央と3枚に分かれたシートを段階的に剥がしながら貼っていきます。これがとても貼りやすかった。

貼るポイントは、気泡が入っても焦って貼り直しをしないこと

僕がやった時も、気泡がかなり入ってしまったが、1晩も放置すれば、綺麗に抜けて無くなってました。気泡のことは気にせずに、最初のカメラやマイクの位置合わせだけに集中して貼り付けましょう!

反射防止保護シートのBefore/After

貼り付け前(Before)の映り込みはこんな感じ。

▼部屋のシーリングライトがくっきり映ってますね〜。

avatar

CHASUKE

これじゃ、映画に集中できないよ

▼画面を覗き込む自分の映り込みもこの通り。

激しいですねー。

貼り付け後(After)はこんな感じ。

▼ここまで映り込みを抑えることができます。

保護フィルムによる画質の低下は心配ありませんでした。画面は鮮明のままに、光の反射がなくなる分、見やすくなりました♪

avatar

CHASUKE

サラサラとして触り心地で画面タッチに影響はないよー

▼ファジーになりました。

「完全に」とは言えませんが、人の映り込みもかな軽減させることができますね。

avatar

CHASUKE

これで覗き込む自分を見なくて済むよw

大きな画面を多く使うEcho Showには、おすすめなアイテムです。

角度調整スタンドの取り付け

続いて、角度調整スタンドを取り付けます。

Amazonロゴ入りスタンドの他に、鍵のようなネジ回しが入っています。

▼この鍵を使って、スタンドと本体を固定していきます。

▼Echo Show裏側のネジを鍵を使って外します。

▼この穴にスタンドを設置します。

▼スタンド裏側はこんな感じ。

スタンド側のネジを回してロックできます。

▼取り付け完了するとこんな感じです。

1.7kgあるEcho Showですが、しっかり支えて角度を維持できています。

▼グーっと下げれば、正面を向いた角度にできます。

これならペット監視や防犯カメラとして使える「呼びだし」機能で、部屋全体を撮影することができますね♪

最後に

Amazon Echo Showアクセサリとして角度調整スタンドと保護シートを購入してみました。

ダイニング近くのカウンター脇に設置したところ、角度が合わないし、シーリングが反射するしと困ってました。これで対策できました♪

avatar

CHASUKE

さぁ、映画の続き観るぞ〜!

僕と同じように、Echo Showの角度や反射でお困りの方にはおすすめです。

それではまた。