Amazon Echo Spotの画面を活かした機能やスキルを試してみた!!

CHASUKEの記事をシェアする..

どうも、CHASUKEです。

ついに、Amazonが販売する小型ディスプレイAIスピーカー『Echo Spot(エコースポット)』が日本国内で予約販売が始まりましたね。

発売予定は2018年7月26日。
Amazon.co.jp(こちら)で予約販売中です。

僕はアメリカから輸入済みで、すでに国内利用してるけど、これから国内向けに多くのサービスが展開していくはずなので、今後のアップデートが楽しみで仕方がない。

リリース当初は、置き時計の24時間表示や日付表示にも対応していなかったが現在は、トップ画像にあるようにバッチリ対応されている。ちなみに、2018年1月に『Echo Spot』を購入したときのレビュー記事がこちら。

[日本語可] 画面付きAIスピーカー『Amazon Echo Spot』を試す!!
どうも、新しいものが大好きなCHASUKEです。 2017年10月に米アマゾンが発表したときから目を付けていた、小さなディスプレイ付...

日本国内での発売が決定し、すでにEcho Spotの小型ディスプレイを活かした便利な機能やスキルが公開済みとのことなので、少し触ってみました。

SPONSORED LINKS

画面を活かした機能

『Echo Spot』も通常のAmazon Echoと同様に音声によるアシスタント機能が使えます。それに加え、小さなディスプレイがあることでリスト表示や短い動画などで、声だけでは不安になるような情報を補完することができる。

Amazon.co.jpで買い物

Amazon Echoでもアマゾンで買い物ができます。ただ、声だけの買い物は不安です。発注ミスがあるので、使っている人も少ないはず。しかし、スマホやパソコンを開く手間もなく『Echo Spot』なら安心して買い物ができる。

▼アレクサに「電池が欲しい」とつぶやくと..

電池の商品画像が表示される..

▼リストになっていて横スライドすると別の電池、縦スライドすると商品名やレビュー数、別の同一商品の別画像が表示できる。

商品の説明や、レビュー内容まではまだ確認できないが、今後見えるようになるだろう。

▼一番下までスクロールすると「カート」または「購入」ができる。

これなら、新しい商品の発掘は難しいが、いつも購入しているものなら安心して買い物できる。

カレンダーの内容確認

Amazon EchoでもGoogleカレンダーの登録内容を音声で確認できるが、ここもやはり声で読み上げられても頭になかなか入ってこない。

▼Echo Spotに「今週の予定を教えて」と言えば..

登録してある内容から1週間分を読み上げてくれる。ちなみに、自分で上下にスクロールしてしっかり確認もできる。

タイマーも何気に便利

AIアシスタントでめっちゃ良く使うタイマーも画面表示があると使い方が変わってくる。

▼カップラーメンでお馴染みの「3分間タイマー」と言ってみる..

こんな感じに画面上で、カウントダウンが始まる。

▼しばらくすると待受状態に戻るが、下の方にカウントダウン表示が確認できる。

いつでも残り時間が確認できるので、段取りをスムーズに行える。

Echo Spot対応スキル

まだ日本未発売だが、Echo Spotに対応したスキルが公開されていたので、少し触ってみた。

レシピ検索して動画でチェック

Echo Spotとレシピスキルがあれば、晩御飯に迷うことはなくなる。

DELISH KITCHEN(デリッシュキッチン)の簡単レシピ検索は、画面付きEcho Spotに対応しており、なんとレシピ検索から作り方の動画まで見ることができた!!

▼「デリッシュキッチン」を起動してと言うと..

とりあえず、肉が食べたい僕は、「焼肉」と言ってみた。

▼10パターンの肉料理がリスト形式で表示されます。そしてどれも美味そうだ!!

音声だけでは、ピンとこない料理名も、絵がついてるので選びやすい。

▼タップすると、レシピ説明や材料が文字で確認できる!!

▼そして、そして、『動画』でチェックできる!!

▼1分ほどの動画で調理方法をサクッと確認できる。

これはウチの嫁さんも喜んでくれるスキルだな。

▼ちなみに、動画に対し「最初から」「10秒戻して」などと操作が可能。

画面表示は、円形ディスプレイのため、見切れてしまうところがありますが、動画を画面サイズに合わせることができる。

▼動画サイズが少し小さくなるが、これで見切れることはなくなる。

Echo Spotでカラオケが可能

これは、カラオケファンには良いスキルかもしれない。

▼「JOYSOUNDを開いて」と言うと..

100曲ほどのリストが表示された。一番下までスクロールし「次」が選べば、さらに100曲のリストが表示される。

しかも、人気の曲ばかりだ。

▼好きな曲名をタップすると、カラオケ映像とともに曲が開始する。

▼ちゃんと、文字も追ってくれる。

負荷が高いせいか、しばしばフリーズするのが難点。

IPカメラのリアルタイム映像が見える

スマートカメラのArlo(アーロ)が、Echo Spotにスキル対応するようだ。

気になる場所に設置したカメラのライブ映像を、近くに置いてあるEchoデバイスで確認できたらクソ便利ですよね。うちの赤ちゃんの見守りもこれでしようかなと考えてます。

▼イメージですが、こんな感じ。

Echoに対応するNETGEAR製のIPカメラ「Arlo」を同時購入すると、15%オフで購入できるキャンペーンを実施している。Arlo Qカメラの在庫がなくなり次第終了とのことなので、欲しい人は早めの予約が良い。

スマートカメラとの連携も、Echo Spotならではですね。

家電リモコン「RS-WFIREX3」も対応予定

家電の音声操作を可能にするラトックシステムの家電リモコン「RS-WFIREX3」もEcho Spotスキルに対応するとのこと。

2018.6.21に公式ページで発表されます。
http://www.ratocsystems.com/info/news/2018/0621.html

現在もAmazon Echoからの音声操作のみでも十分満足できているが、画面操作が加わるとどのような体験ができるか楽しみだ。

個人的には、Echo Spot標準のスマートホーム機能として、リモコンパネルみたいな機能を期待してますが..

自分でスキル開発するのも面白い

Alexaスキルは、少し知識が必要になるが、自分で開発することが可能。

すでに、Echo Spotなど画面付きEchoデバイスの開発環境が用意されており、自由に自分専用のスキル開発が可能となっています。

例えば、環境センサーガジェット「NETATMO」の情報を引っ張ってきて、家の環境情報をリストでサクッと確認みたいな機能なら、すぐに作れてしまう。

今後に期待

Amazon純正のコミュニケーション機能について、製品ページに以下のような記載がある。

Echo SpotやAlexaアプリを持つ家族や友達と、音声・ビデオ通話ができます。Alexaアプリで、外出先から部屋の様子をEcho Spotのカメラで確認することもできます(これらのコミュニケーション機能は現在日本では提供しておりません。今後対応予定です)

Echo Spotにはカメラが搭載されており、アメリカでは既にEcho Spot同士のビデオ通話が可能です。また、Echo SpotとAlexaアプリ間でも、ビデオ・音声通話やテキスト・音声のメッセージが送信できる機能も今後提供される予定とのこと!!

コミュニケーション機能には、大いに期待したい。

詳しくはこちら

最後に

Echo Spotが国内発売するとのことで、一足早く対応スキルなどを試してみました。やはり、画面付きは間違いなく便利です。なにより、Echo Spotは可愛い。

現在、Echo Spotを2台予約購入すると、2台目が5000円OFFになるキャンンペーンを2018年7月15日まで実施中です。

離れて暮らす両親などと一緒に2台持っていれば、ビデオ通話で子供の顔をみせたり活用の幅が広がるコミュニケーション機能には大いに期待できる♪

それではまた。