Homekit対応のIoTデバイス『Eve Degree』を使ってみた!!

CHASUKEの記事をシェアする..

どうも、様々なIoTデバイスを試しているCHASUKEです。

Elgato(エルガト)が販売するEve Degreeというセンサーデバイスを購入してみました。温度/湿度/気圧センサーを内蔵し、計測できるIoTデバイスになります。

大きな特徴は、Apple HomeKitに対応している点。日本で購入できるHomeKit対応製品は数少なくレアです。iPhoneやiPadにプリインストールされているホームアプリから部屋の状態を簡単に確認できる。

使い心地を確かめてみました!!

SPONSORED LINKS

「Eve Degree」でできること

Elgato Eve Degreeの特徴は以下の通り。

  • 屋内外の温度、湿度、気圧を常時測定
  • iPhone,iPadアプリから測定値を確認
  • Bluetooth接続なのでWiFiルーター不要
  • Homekit対応なのでSiriや自動化が利用可能
  • ハブ接続で外出先からも家の状態を確認
  • ボタン電池(CR2450)なので設置に困らない
  • 屋外でも利用可能な防水性能(IPX3)
  • 耐食性、耐摩耗性のあるアルマイト加工

開封・設定する

とっても綺麗でしっかりしたパッケージです。パッケージ左下に「Apple HomeKit」の文字がありますね。

▼中身のがもっとオシャレでした。

ドイツ製の洗練されたデザインとのことで、パッケージも独特な雰囲気です。

パッケージ内容をチェック

  • Eve Degree本体
  • 取扱説明書(2冊)

HomeKitのセットアップコードが付いた方の取扱説明書は、イラスト付きの日本語でしたー♪

▼本体サイズは、Amazonダッシュボタン2つ分くらい。

とてもコンパクトなので、置き場所には困らないと思う。

▼背面に物理ボタンが1つだけあり。壁掛けも可能。

ボタン電池(CR2450)は、ここから入替えます。バッテリーの持ちは約1年と長持ちです。技適マークを探したところ、本体横に付いてました。

▼後ろのボタンをポチッと押すと、現在のセンサー値が表示されます。

ボタンを押すたびに、温度と湿度の表示を繰り返します。光の当たり方よっては、上の画像のように暗くて見辛いんですよね….

▼角度を変えてみるとはっきりと見えます。

照明が当たりやすい位置に取り付けるのがオススメ。スマホアプリでしかチェックしないユーザーならば、目立たないところに隠しておきましょ。

Appleホームアプリへの追加方法

『Eve Degree』をApple ホームアプリに追加していきます。

▼右上「+」ボタンから「アクセサリを追加」をタップ。

HomeKitセットアップコードを読み込ませて、表示されたアクセサリを追加します。

▼「Eve Degree」から、温度と湿度センサーを登録できた。

屋外にも設置可能ですが、とりあえず寝室に設置してみます。これでAppleのホームアプリへの追加は完了です。

▼ホームアプリで確認できるのは、温度と湿度のセンサー値バッテリー残量のみ

あとで説明しますが、ElgatoのEVEアプリを利用することで、過去データを含めた測定値のグラフ化や自動化が作れます。

Bluetooth接続なので離れてしまうと測定データは見えなくなりますが、Apple TVやiPadをホームハブとすることで、どこからでも確認できます。これをするために「Apple TV 4K」を導入しましたw

AirPlayやHomekitが便利に使える『Apple TV 4K』を試してみた!!
どうも、CHASUKEでございます。 「Apple TV (アップルティービー)」買っちゃいました。 我が家に4Kテレビはない...
AppleTVを使ってHomekit対応デバイスを外出先から操作する方法
どうも、CHASUKEです。 Apple TVを購入してAppleホームアプリのハブ設定をしたこと外出先からHomeKitデバイスを...

▼Siriに自宅の温度や湿度を聞けるようになったぜ。

Siriにセンサー情報を聞く機会は少ないが、自宅の情報をいつでも確認できるようになったのは嬉しい。

Eve公式アプリでできること

Eveアプリを利用することでできることが増えます。

Elgato Eve

Elgato Eve
開発元:Elgato Systems
無料
posted with アプリーチ

▼Eve Degreeから温度/湿度に加え、気圧のセンサー値もチェックできます。

▼さらに、過去データを使ってグラフ化もできます。

なお、データは10分単位で蓄積されて可視化されます。ここには、最高/最低や比較など確認する機能もあります。

▼さらに、測定値を選択してみると、

データをエクセルファイルとして抽出することもできました。

オートメーションの活用方法

センサーから得られた温度と湿度、気圧の測定値をトリガーに利用して、別でホームアプリに追加した照明などを操作できます。

ただし、ホームアプリからだと、トリガーにEveセンサー情報を選択できなかったので、Eve公式ではなくサードパーティ製アプリで作成した。「Hesperus」が使ってみた。

Hesperus

Hesperus
開発元:Oltica
無料
posted with アプリーチ

▼オートメーション作成後は、こんな感じになります。

ちなみに上の画像は、温度が15度未満となると、Hue照明が青色に点灯するといったオートメーション。

Elgato製品のラインナップ

Elgato製品は、今回購入した『Eve Degree』以外にも多くのIoT製品を販売している。

▼今回購入した『Eve Degree』はAmazon.co.jpで7,700円弱で販売されています。

これまで紹介してきた通り、屋内外の温度/湿度/気圧のデータが取得可能なものです。コンパクトで電池稼働なのでワインセラー内の温度調整などの実用例があるとのこと。

▼『Eve Degree』は屋内専用で、気温/温度/気圧まで確認できたが、『Eve Room』では、部屋の温度/湿度/空気質のデータが取得可能となる。

「Eve Room」

▼「Eve Door & Windos」には環境センサーがなく、ドアや窓の開閉状況、開閉時間、開閉頻度などを取得できるワイヤレス開閉感知センサーデバイス。

「Eve Door & Window」

最後に、環境データの取得について、環境データの取得ではなく、ドアや窓の開閉状況、開閉時間、開閉頻度などを取得できるワイヤレス開閉感知センサーデバイスです。

「Eve Motion」

これは結構使い道がありそうですね。赤外線で暗闇でも人の動きを感知するので、オートメーションで玄関に設置して夜間だけ明かりをつけたり、車庫の扉を自動化したりが考えられます。

Netatmo Weather Stationと比較

以前、同じような環境データを取得できるIoTデバイスNetatmo Weather Station(ウェザーステーション)の活用法を紹介しました。

【活用方法】Netatmo ウェザーステーションを使い倒す!!
どうもIoTでデータ収集が趣味のCHASUKEです。 我が家の屋内・屋外ともにセンサー情報を取得し続けてくれているのが「Netatm...

Eve Degree』と『Eve Room』を組み合わせればは、「Netatmo Weather Station」と同じように屋内外データを取得が可能です。

▼両者の違いを比較するとこんな感じ

Eve Degree
Eve Room
Netatmo
Weather Station
価格18,974円
Amazon
(2018/1/25)
19,394円
Amazon
(2018/1/25)
取得できる
センサー情報
屋内気温
屋内湿度
屋内の空気質
屋外気温
屋外湿度
気圧
屋内気温
屋内湿度
騒音
二酸化炭素濃度
屋内の空気質
屋外気温
屋外湿度
気圧
Homekit対応 ○ △
ラズパイ経由
IFTTT利用×
API公開×
プッシュ通知×
外出先から
チェック

AppleTVなど
要ホームハブ

設置の面でみると、Eveの場合は、薄型で電池稼働のEveの方が有利だが、活用の面からみると、Netatmoのが使えるセンサーが多くて断然有利。IFTTTやクラウドサーバーへのアクセスAPIが公開されている点も活用の幅がかなり広がる。

最後に

日本で購入できる数少ないHomeKit対応製品を購入して試してみた。

Appleホームアプリからサクッと温度/湿度をチェックしたり、Siriに自宅のセンサー情報を聞いてみたい人。センサー情報を活用して自宅をオートメーション化したい人は、是非試してみてください。

それではまた。