充電器

最強のスマホ車載ホルダー。Freedyデュアルモードカーマウントワイヤレスチャージャーをレビュー!

ドライブには音楽アプリや地図アプリが欠かせないCHASUKEです。どうも、こんにちは。

運転席にiPhoneを定位置化できるスマホホルダーがあると便利ですよね。我が家の車では、マグネット式のものを使ってるのですが、これだと妻のiPhoneSEで使えないんですよね…。

そんな中、MagSafe対応iPhoneとMagSafe非対応スマホの両方で使えるワイヤレス充電器付き車載ホルダーが登場しました。

製品パッケージ!!

それが「Freedyデュアルモードカーマウントワイヤレスチャージャー」になります。

この製品の特徴!!

  1. マグネット・オートクランプの両対応
  2. 3種類の取付アタッチメントが付属

とにかく汎用性が高い車載ホルダーです。しっかりした作りで、使い勝手もいい。これ最強と言っちゃっても過言ではないと思います。

ということで本記事は「Freedyデュアルモードカーマウントワイヤレスチャージャー」のレビューになります。外観や使用感、注意点を書いてますので、ぜひチェックしてみてください。

本記事は商品提供をいただき、レビュー記事を作成しております

Freedyデュアルモードカーマウントワイヤレスチャージャー の特徴とスペック

Freedyデュアルモードカーマウントワイヤレスチャージャーは、ワイヤレス充電機能付き車載ホルダー。レビューの前に特徴を解説します。

本体スペック

充電出力5W / 7.5W / 10W
本体サイズ高さ:125mm
幅:100m
奥行き:60mm
重さ188g
マグネット
対応スマホ
MagSafe対応iPhone
オートクランプ
対応スマホ
幅:60-85mm
高さ:134-172mm

 

マグネット吸着・オートクランプの両対応

2つの方式で充電ができます。マグネット吸着のMagSafe対応のみならず、それ以外の幅広いスマホで使えます。自動開閉がめっちゃ快適です。

▼両者の違いは、下記動画がわかりやすい。

オートクランプモードでは、スマホを載せると自動で両サイドのウィングで固定してくれます。取り外しは、横にあるボタンを押すだけです。

▼モード切り替えは手動操作が必要です。

それと、面白いのがお使いのスマホに合わせて、内蔵の送電コイルが上下に自動で動く機能もそなえます。ムービングコイルと呼ぶらしい。

iPhoneは最大7.5W、Androidは最大10Wで給電可能。

CHASUKE
充電ズレによる通電ロスを防ぎ、効率よく充電できます。

 

3種類の取付アタッチメントが付属

3種類もの固定用アタッチメントが付属するので、取り付けに困ることもありません。

エアコン送風口への取り付けタイプが2種類、ダッシュボードやフロントガラスに取り付けるマウントが使えます。

Freedyデュアルモードカーマウントワイヤレスチャージャー の外観と付属品

こちらがワイヤレスチャージャー本体です。

黒ベースのカッコいい外観となっており、両サイドにウィング開閉ボタンとLEDインジケーを備えています。

マグネット吸着モード

マグネット吸着部にMagSafe対応iPhoneを載せてみると、かなり強力に固定できました。

iPhone13 mini(MagSafe対応レザーケース着用)

全然落ちる気がしないので、ドライブ中に落下の心配はなさそうですね。

 

概要に書いた通り、ウィングを手動で前方に押し出すとオートクランプモードに切り替わります

オートクランプモード

電源接続中に左右のボタンを押すと、ウィングが開閉します。モードの切替スイッチはなく、下部のウィングがスイッチの役割をします。

▼iPhone SEを載せるとこんな感じ。

モード切替にひと手間かかるが、それほど面倒ではありません。それよりも、両対応は嬉しい

背面上部のマウント取付部は、ボールジョイントなので、360度グリグリに角度を変えることができます。

裏のガジェット感がカッコいい。好き。

背面のUSB-Cポートから電源を取ります。

付属の電源ケーブル(USB-C to USB-C)を接続するとこんな感じ。

ケーブルは片側のみL字型となっており、十分な長さがあります。

▼通電させると、ロゴ部分が常時点灯します。

この灯りは夜間の利用時に便利です。

▼その他、付属品がどさっと入ってます。

  1. ダッシュボードマウント
  2. エアコン送風口(ブリッジタイプ)
  3. エアコン送風口(スタンダードタイプ)

 

エアコン送風口へのマウントはよくありますが、引っ掛け部分が特徴的です。

中央のダイヤルを回し、引っ掛け部分の長さが調節できます。なかなかの使いやすさです。

それから、ダッシュボードマウントでは、棒を固定するクリップと吸盤取付用プレート(どちらも両面テープ付き)まで同梱されてます。

CHASUKE
エアコン送風口にあると邪魔な人はこれがおすすめです。

Freedyデュアルモードカーマウントワイヤレスチャージャー で充電してみた

Freedyデュアルモードカーマウントワイヤレスチャージャーは、3種類のマウント取付、マグネットとオートクランプ両対応のスマホ車載ホルダーとなっています。

ダッシュボードへの取付けも可能ですが、今回はエアコン送風口に取り付けてみました。

 

エアコン送風口クリップは2種類とも使えたが、ブリッジタイプのがより安定感が得られた。

ブリッジタイプ

スタンダードタイプ

車種により異なるエアコン送風口に幅広く対応できるので、心強い。

▼中央のエアコン送風口に取り付け、横から見るとこんな感じです。

これを見て気づいたかもですが、マウント+本体を合わせると、けっこう前方に突出します

うちの車の場合、残念ながらハンドル左レバーに当たってしまい、この位置の送風口には取付できなかった。ハンドルとの距離に注意です。

ということで、ハンドル右側のエアコン送風口に変更。ここなら干渉しません。

シガーソケットから電源を取るので、ケーブルを綺麗に這わせるのが少し大変でしたが、それ以外は問題ありません。

▼ちなみにシガーソケット充電器はAnker PowerDrive+ III Duoを使ってます。

USB PDもしくはQC仕様のUSB電源が必要。

 

マグネット吸着モードで、手軽に地図アプリやミュージックアプリが快適に使えます。

MagSafe充電器ではないので、充電速度は最大7.5Wです。

しっかりした吸着力で安定感は抜群。落下しないのはもちろん、ガタガタ揺れもありません。マグネット式なので、横向きに地図を使ったり、休憩中に動画観賞も楽しめるのが嬉しい。

角度調節も自在。運転中に垂れることなく、自分の目線に合わせて使えます。いい感じ。

 

オートクランプモードへの切り替えも簡単。

下部ウィングを前に押して、両サイドのウィングが自動で開きます。

そのままスマホを載せると、これまた自動でウィングが閉まり固定してくれます。取り外しは、両サイドにあるボタンのどちらかを押すだけ。

動作音もとても静か...

置いたらすぐに充電開始されます。内部のムービングコイルが動き、効率よく充電ができます。

今までバネで挟む車載ホルダーを使ったことはありますが、電動オートタイプは初めて。この便利さには感動しましたね。

マグネットモードと同様、走行中の安定性も問題ありませんでした。

Freedyデュアルモードカーマウントワイヤレスチャージャー のレビューまとめ

以上、充電機能付き車載ホルダー「Freedyデュアルモードカーマウントワイヤレスチャージャー」をレビューしました。

▼レビューをまとめるとこんな感じ。

良い点はココ

  • 3種のマウント付属で設置に困らない
  • マグネット・オートクランプの両対応
  • 走行中もしっかりホールド
  • 自動ムービングコイルで効率的に充電
  • 360度の角度調節が可能

注意点はココ

  • 前方への突出がやや大きめ
  • モードの切り替えが手動
  • 車載ホルダーの中では高価

エアコン送風口フックと本体を合わせると、前方への突出がけっこうあります。車種にも寄るかと思いますが、ここは注意しておきたいポイント。

車載ホルダーで7,000円台と思うと、かなり高額。だが、高性能な機能を備え、実際に使ってみると納得感はあります。マウント付属品が選べて、その分安くなるのがベストですが。

取付車種を選ばない。その上、手動での切り替えは必要だが、運転手のスマホ機種も選ばないという、最強のスマホ車載ホルダーと言えます!

CHASUKE
記事はここまで。CHASUKE(@chasuke__)はTwitterでも便利なガジェットをつぶやいてます。こちらもぜひ!

Amazonでお得に買い物



Amazon.co.jpで買い物するならギフト券の購入(チャージ)がおすすめ。チャージごとに最大2.5%分のポイントが付与されます

チャージへGO!!

  • この記事を書いた人

CHASUKE

IT企業につとめる30代サラリーマンブロガーです。当ブログでは、実際に使ってよかった役立つガジェットや製品をお届けしてます。面白い機能や素敵なデザイン、少し尖ったアイテムが特に好きです。ご質問・ご意見は「お問い合わせ」まで。レビュー依頼もお待ちしております!

© 2022 CHASUKE.com