Google HomeのDirect Actions『家電リモコン』を試してみた!

CHASUKEの記事をシェアする..

どうも、CHASUKEです。

コスパ抜群なラトックシステムのスマート家電コントローラ(家電リモコン)『RS-WFIREX3』がGoogleアシスタント標準のスマートホーム機能(Direct Actions)に対応しました。

6/8に公式ページで発表されてます。

少々出遅れてしまいましたが、Google Homeをサクッと試してみました。

なお、家電リモコンのアプリデザインが一新されており、シンプルで使いやすくなっています。内蔵センサー(温度/湿度/照度)の情報も確認しやすい♪

SPONSORED LINKS

Direct Actionsでできること

Googleアシスタント『Direct Actions』とは、スマートホームスキルに相当し、照明のオン/オフやエアコンのモード/温度設定などのシンプルな音声操作が可能となる機能です。

「OK Google. エアコンをオンにして」という感じで操作でき、スキルの呼び出しが不要となります♪

ちなみに、『Conversation Actions』というカスタム機能も存在しており、こちらを使うことで、テレビのチャンネル設定など細かい音声操作が可能です。

「OK Google. 家電リモコンを使って、テレビのチャンネルを5にして」という感じで操作でき、こちらはスキルの呼び出しが必要となります。

▼こちらの表に、それぞれでまとめられている。

スマートホーム機能では、照明とエアコンが合計20台設定できるとのこと。

これはRS-WFIREX3を複数台で各部屋に設置している場合に、2台目以降の本製品に登録されている家電も指定できる。

Googleアシスタントの制約もあるかもしれませんが、欲を言えば、エアコンや照明以外にも、ロボット掃除機や加湿器など、リモコン操作できる任意のデバイスの電源操作ができるようにしてほしいところ..

Direct Actionsの設定方法

家電リモコンアプリの設定

Googleホームアプリにデバイス登録する前に、家電リモコンアプリ側でGoogleアシスタントに連携する家電を事前設定しておく必要があります。

▼家電リモコン一覧のメニューから「Googleアシスタントの設定」を選ぶ。

AIスピーカー連携機能を利用するには、ログインする必要があります。

▼Googleアシスタントの設定ができる。今回は、Direct Actions(スマートホーム機能)の設定なので、「スマートホーム」を選択します。

こちらにスマートホーム機能に連携する家電リストが表示されるが、まだ未登録なため何も表示されていない。

▼追加を押すと、アプリ内に登録済みの家電一覧が表示される。

「電源オン」「明るく」といったワードに対して、全灯や消灯が割り当てられています。ちなみに、「暗く」というワードで常夜灯(豆球)に設定したかったのですが、なぜか変更できなかった。。

スマートホーム機能に連携できる家電は、「照明」と「エアコン」のみ。

専用アプリ内では、「テレビ」や「ロボット掃除機」などの家電も登録してあるのだが、これらは選択肢に出て来ない。

Direct Actions(スマートホーム機能)ではなく、Conversation Actions(カスタム機能)を使う思想のようだ。Googleホームのショートカット機能を駆使することで、スマートホーム機能同様にスキル呼び出し不要で音声操作ができる。

Google HomeのConversation Actions『家電リモコン』を試してみた
どうも、CHASUKEです。 RS-WFIREX3(家電リモコン)が「Google Home」のスキル(Conversation A...

▼こちらでは、電源/冷房/暖房オンといったワードに、温度を設定できます。

ここでは、「冷房をオンにして」「暖房をオンにして」というワードに対して、設定する温度を指定できます。

なお、スマートホームスキルでも「冷房で25度にして」と音声操作できるので、いちいち設定し直す必要はないです♪

Googleホームアプリの設定

続いて、Googleホームアプリで、デバイス登録していきます。

▼スマートホーム設定のデバイスタブから「+」をタップします。

このデバイス一覧に「家電リモコンスマートホーム」ってのがある!!

▼ログインして登録します。

▼認証が成功すると、先ほど登録した家電が表示され、部屋を指定できます。

Google Homeでは、部屋を指定することで照明の同時オン/オフ操作が可能なので、ちゃんと割り振りをしましょう。

▼これで無事にスマートホームのデバイスタブに登録されるはずです。

これで、Google Homeから音声操作が可能になりました!!

デバイス解除方法

アプリ側でリモコン情報を変更したり追加した場合は、再度デバイスを登録する必要があります。デバイス解除してから再登録すればOKです。

▼「+」ボタンから解除します。

▼リンク済みデバイスをタップすると「アカウントのリンク解除」が選べる。

これで、デバイスのリンク解除が可能。

使ってみて思ったこと

GoogleアシスタントのDirect Actions(スマートホーム機能)に対応してくれたおかげで、照明やエアコン操作が、今まで以上に手軽で使いやすくなった。

反応速度は改善

以前まで、遅かった反応速度は改善されています。カスタム機能もスマートホーム機能も、2〜3秒で反応してくれます♪

▼公式サイトにも記載がありました。

エアコンのステータスは確認不可

これから夏なので、エアコンを使う機会が増えて楽しみなんだが、エアコンのステータスがアプリから確認できないのが痛すぎる。(※これは、カスタム機能も同様)

例えば、冷房27度とかに設定して、「冷房オン」として、エアコン画面を表示しても現在のステータスは表示されない。当然、エアコン付属のリモコンにも情報表示されないので困る。

任意の家電登録は照明アイコンで利用可能

Conversation Actions(カスタム機能)とGoogleホームのショートカット機能を作り込めば、シンプルな音声操作で幅広い指示ができます。

だが、煩雑化を防ぐためにできれば、ショートカット機能には頼りたくない。試しに、「スクリーン」という名前で照明アイコンを使って、中身は「テレビ電源ON/OFF」の赤外線を割り当ててみた。

これで、エアコンや照明以外(※上の例だとテレビ電源)でもAlexaアプリのスマートホームデバイスに表示され、音声操作できるようになった♪

最後に

家電リモコン『RS-WFIREX3』はセンサー内蔵でコンパクトかつ赤外線の到達範囲もかなり広い。使っていて安定感があります♪

さらに、今回のアップデートで、AlexaとGoogleアシスタントのカスタム/スマートホームの全スキルに対応したことになる。

▼これだけの機能を持ちながら、価格6,872円(2018.6.19時点)で販売中。

今後も家電リモコンに期待!!

現在、専用アプリからセンサー情報を活用した「センサーアラート」機能が使えますが、センサー値を使ったマクロ(自動化)処理が使えると面白いですね。さらに、IFTTTやサーバアクセス用のAPI公開されるともっともっとスマートホーム化が捗りますね。

ラトックシステムでは、市場が求める機能の追加や改善など本製品のアップデートを進めていくとのことなので期待しましょう!!

それではまた。

コメント

  1. ラトック中の人 より:

    Googleスマートホームの詳細レポート、ありがとうございますm(_)m

    ご指摘いただいているの照明のGoogleスマートホームへの登録(「暗く」で常夜灯にならない、手動登録の照明「スクリーン」が登録できない)についての現象を、弊社でも確認しました。

    最新バージョンのiOS版で発生し、いずれもリモコン登録後にアプリを再起動しログインし直していただくことで、Googleスマートホームに登録いただくことができます。

    アップデートにて対策を予定していますので、しばらくご不便をおかけしますがよろしくお願いいたします。

  2. ラトック中の人 より:

    お待たせしました!

    本日、アプリがアップデートされました。ご指摘いただいた不具合も解消していると思います。スマホ上の操作のみですが、エアコンの風量対応など、新機能も追加しましたので、よろしかったらお試しくださいね。

    • CHASUKE より:

      照明アイコンを利用して任意家電の音声操作が可能になりました。
      記事修正しました。ご対応ありがとうございます♪