スマート製品

SwitchBotハブ「Hub Mini」と「Hub Plus」は何が違うのか?【比較レビュー】

どうも、CHASUKEです。

これまでスマートリモコンにもなるSwitchBotハブとして「Hub Plus」を使ってました。これを、小型・低価格化した新モデル「Hub Mini」に取り替えてみました。

CHASUKE
雲のような可愛い見た目から、スクエア型のすっきりデザインに一変しました。

 

今回、Hub PlusからHub Miniに買い替えたわけですが、Hub Miniの方が2,000円も安い。

「大事な機能が削られたのか?」

とかも思ったのですが、結論からいうと、大事な機能は削られていませんでした。

どちらのモデルでも同じ「SwitchBotのハブ機能」「スマートリモコン機能」が使えます。つまり、基本的には価格の安いHub Miniを選べば良いのですが、細かく見ると違いがあります。

ということで本記事は、「Hub MiniとHub Plusの違い」をメインに比較レビューを書いていきます。

created by Rinker
スイッチボット(SwitchBot)
¥3,180 (2021/09/26 11:26:28時点 Amazon調べ-詳細)
【レビュー】コスパ最強スマートリモコン「SwitchBot Hub Mini」のメリット・デメリット

Hub MiniとHub Plusの違いはこれ

 Hub MiniHub Plus
大きさ(mm)65×65×20122×79×34
重さ36g71g
Amazon
価格
3,980円5,980円
電源USB給電コンセント
赤外線距離30m30m
イルミネーション
SwitchBot
シリーズ連携
家電リモコン
スマホ操作
スケジュール
自動化機能
Alexa連携
Google
Assistant
連携
Siriショートカット
IFTTT
パッケージ内容本体
USBケーブル
両面テープ
取扱説明書
本体
ACアダプタ
磁石シート
取扱説明書
CHASUKE
違いはたったのこれだけ。赤字で書いたところです。

 

簡潔にいうと、Hub Miniは大事な機能は残したまま小型・軽量化に伴いUSB給電となったモデルです。

唯一、本体を虹色に光らせるイルミネーション機能が無くなりましたが、コストも下がって3,980円となってます。

created by Rinker
スイッチボット(SwitchBot)
¥3,180 (2021/09/26 15:50:00時点 Amazon調べ-詳細)
CHASUKE
セール時は3,000円近くまで下がります。

パッケージ内容・見た目の違い

Hub Mini

Hub Plus

パッケージは似たようなデザイン。

写真からは伝わりづらいですが、Hub Miniの方がだいぶ小さいパッケージになってます。

 

パッケージ内容の違い

さきに、SwitchBot Hub Plusのパッケージ内容から。

  • 本体
  • 専用ACアダプタ(1.5m)
  • マグネットシート
  • 取扱説明書

マグネットシートとは、薄くて協力な磁石シールのこと。本体の裏に隠れて映ってないですが、これを壁に貼って本体を固定して使います。

 

そして、こちらが今回取り替えた「Hub Mini」です。

  • 本体
  • microUSBケーブル(1.5m)
  • 3M両面テープ
  • 取扱説明書

電源アダプタは同封されていないため、別途5V/1A以上のもの用意する必要があります。

僕は机の下に設置しているUSBハブで電源供給し、コンセント周りはだいぶスッキリしました。コンセントを節約できるのが嬉しい。

また、マグネットシートではなく、両面テープが同封されています。

 

本体デザインについて

左:Hub Plus | 右:Hub Mini

好みが別れそうなHub Plusの雲形デバイスは、Hub Miniでは姿を変えて超シンプルなスクエア形になりました。白い壁に溶け込みます。

Hub Miniはサイズ・重さともに約半分の「65×65×20mm | 36g」となりました。

CHASUKE
雲形は可愛いけど、目立たない方がいいよね

 

▼Hub Miniの表面は薄っすらと「SwitchBot」のロゴが入ってます。光を当てると浮かび上がります。

少し離れると消えて、真っ白のシンプルデバイスとなります。魔法みたい。

 

本体背面の違い

▼こちらHub Plusの背面です。

本体を点灯させるスイッチとリセットボタン、本体固定用のマグネットがあります。

ちなみに壁に貼ってある黒丸がマグネットシートです。これもう剥がれない。

CHASUKE
剥がすと壁紙持ってかれますw

 

そして、こちらがHub Miniの背面。

両面テープもしくは引っ掛けフックで固定ができるようになってます。また四隅には滑り止めシートあるのがナイスです。リセットボタンは本体上部に移動しています。

「ん?ちょっと待て」

「フック穴付近の汚いの何?」

と思ったかもしれない。

これが何度でも使えるソフト粘着剤「ひっつき虫」というモノ。前回の失敗を踏まえ、貼って綺麗に剥がせるアイテムです。

本体が軽いので1ヶ月経ちますが1度も落下してません。

created by Rinker
コクヨ(Kokuyo)
¥198 (2021/09/26 11:34:05時点 Amazon調べ-詳細)
CHASUKE
70粒で200円ちょっと。安くて汎用的です

機能の違いはイルミネーション

こちらがHub Plusのみで使えるイルミネーション機能です。

レインボーカラーのイルミネーションがゴニョゴニョと雲形デバイスの中をうごめきます。

CHASUKE
意外と面白いのでずっと見てられます

 

Hub Miniでは、本体を色鮮やかに光りません。あるのは、LEDステータスランプのみ。

遠隔操作すると点滅するLEDランプがあるのですが、初期設定ではこれが使ってないときも常時点灯します。

直視しても眩しいと感じないほどの光量です。しかし、暗闇でも常時点灯しているのは少し邪魔で困ってましたが、ライトセット設定で変更できました。

Hub Miniを使ったときだけON」もしくは「完全にOFF」のどちらにも設定できました。

created by Rinker
スイッチボット(SwitchBot)
¥3,180 (2021/09/26 15:50:00時点 Amazon調べ-詳細)

Nature Remo miniとスペック比較

同じくスマートリモコンとして、人気のある「Nature Remo mini 2」とサイズやスペックを比較してみました。

▼簡単に比較した表がこちら

 Hub MiniRemo mini2
大きさ
(mm)
65×65×2058×58×16
重さ36g23g
Amazon価格¥3,980¥5,980
電源プラグmicroUSBmicroUSB
内蔵センサー温度
API公開

こうやって比較してみると、Remo miniではセンサー搭載やコンパクトさで敵いません。

しかし、価格はHub Miniのが圧倒的に安いです。

製品が違うのでアプリ操作感は違いますが、スマートリモコンとして「赤外線リモコン/スマートスピーカー連携/Siriショートカット/IFTTT/API」などの機能はどちらも同じです。

合わせてこちらも

Hub MiniとHub Plus の違いまとめ

スマートリモコンにもなるSwitchBotシリーズのハブを「Hub Plus」から「Hub Mini」に取り替えました。

Hub Miniでは色鮮やかに光らせることができない。だが、それ以外に機能的な差異はありません。

また、Hub Miniは小型化に伴いシンプルデザインで扱いやすいアイテムとなっている。イルミネーション機能が要らないなら、Hub Miniを選んで問題ありません

created by Rinker
スイッチボット(SwitchBot)
¥3,180 (2021/09/26 15:50:00時点 Amazon調べ-詳細)

手軽にスマートホームを実現できるSwitchBotシリーズは、低コストでスマートホーム初心者にもおすすめです。

▼Hub Miniの徹底レビューはこちら

【レビュー】コスパ最強スマートリモコン「SwitchBot Hub Mini」のメリット・デメリット

▼SwitchBotでスマートルームを作った記事はこちら

【レビュー】SwitchBotの3アイテムで快適スマートルームを作ってみた!

▼SwitchBotカーテンを試した記事はこちら

【SwitchBotカーテンレビュー】スマホや声でカーテンを操作してみた!【徹底解説】

Amazonでお得に買い物

Amazon.co.jpで買い物するならギフト券を現金チャージするのがお得です。チャージごとに最大2.5%分のAmazonポイントがもらえます。また、5000円チャージで1000円分ポイント還元キャンペーンも実施中!!

詳しくはコチラ

  • この記事を書いた人

CHASUKE

IT企業につとめる30代サラリーマンブロガーです。当ブログでは、実際に使ってよかった役立つガジェットや製品をお届けしてます。面白い機能や素敵なデザイン、少し尖ったアイテムが特に好きです。ご質問・ご意見は「お問い合わせ」まで。レビュー依頼もお待ちしております!

© 2021 CHASUKE.com