使い方色々な持ち運べるスマート照明『Hue Go』が便利すぎる

CHASUKEの記事をシェアする..

どうも、CHASUKEです。

赤ちゃんの夜のミルクタイムに必要なちょっとした明かりが欲しくて、ポータブルで持ち運べるスマート照明『Philips Hue Go(ヒューゴー)』を購入してみました。スマート照明のHue(ヒュー)のポータブル版です。

スマホアプリやAIスピーカー、フィリップス製Dimmerスイッチなどを使って、簡単に眩しすぎない優しい明かりを灯すことができる。また、単独での利用も可能で、プリセットされている5種類の照明効果で良い感じの雰囲気を作り出すことも可能だ。

さっそくレビューしていきます♪

SPONSORED LINKS

Hue Goでできること

まずは、こちらの製品ムービーを見てほしい。

『使い方いろいろなスマート照明』という意味がわかると思う。

心地良い光の目覚まし時計、読書やゲームをするときの明かり、防水機能はないがアウトドア、ポータブルな特徴を活かして多くの活躍の場所がある。間接照明としてオシャレな雰囲気を演出する使い方もありです。

半円形ボディで掴みやすく軽量「519g」なので、片手で十分持ち運ぶことができる。また、布団の上にポンっと置いて手軽に使えるので、夜の赤ちゃんのミルクタイムに活躍します。これなら、深夜に天井照明の眩しい光攻撃を食うことはない..

Philips Hue照明のポータブル版ということで、スマートで近未来な使い方ができる。

リモート操作には、Hueブリッジが必要

スマホアプリからのリモート操作だけでなく、AIスピーカー(Amazon Echo、Google Home)から音声操作、AppleホームアプリやSiriから操作、IFTTTによる自動化と何でも来いな製品。HueはAPI公開されているため、サードパーティアプリでは、音楽に合わせて色を変化させるパーティー的なものも公開されていて面白い♪

開封&設定

Hue Goをスマホなどからリモート操作するには、Hueブリッジへの登録設定が必要だが、リモート操作が不要あれば、設定なしで『Hue Go』単独で利用できる。

ただし、Hue Goを導入するなら、スマート照明の特性を最大限に活かすため、Hueブリッジと合わせて活用するのが絶対にオススメ。できることが格段に広がる!!

▼Hueブリッジ導入記事はこちら

[設定/操作] 我が家にIoTなLEDランプ「PHILIPS Hue」を導入しました!!
どうも、自宅のスマートホームを進めているCHASUKEです。 ついに我が家に、IoTなLED電球『PHILIPS Hue(フィリップスヒュー...

色々なスマート照明を試したが、やはりHue照明が一番使いやすい。

開封(アンボックス)

さっそく開封していく。

▼パッケージ内容

  • Hue Go本体
  • 電源ケーブル(2m)
  • クイックスタートガイド

Hue Go本体ケースは乳白色であり、素材は合成物質(プラスチック?)でできている。弾力性はないので、万が一、落としたら割れると思う。また、電源はUSBではなく、付属の24VDC電源アダプタとなる。

▼裏に電源ボタンが1つある。

中央にある出っ張りのおかげで、縦置きや横置きが可能となる。

高さ8cm、直径15cm、重さ519gの半月形ボディは、片手で十分握れるサイズ感。

握った状態から、裏のボタンを押せるので、片手での電源操作が可能♪

初期状態は充電が空っぽだった。

電源ケーブルを差し込んでから、電源ボタンを押したら光りだした。

乳白色ケース越しのふわっとした明かりは、とても優しい。

電源を繋いだままでも利用できるが、ポータブルで使用の場合、1.5時間の充電で3時間連続で使用可能です。

▼縦向きに設置するとこんな感じ。

▼横向きに自由な設置も可能。布団やカーペット、ソファの上にポイっと置けるのは良いぞ。

ルーメン出力合計は300mlだが、部屋の中央に設置して調光100%とすれば、部屋全体にふわっとした明るさを届けることができた。

Hue Go単独で操作

スマホから操作しないのであれば、Hue Go単独の利用ができる。

裏にある本体ボタンを押すたびに、プリセットされている白光色2種類、自然でダイナミックな5種類の照明効果を演出や、任意なカラーの設定ができる。

ボタンを1回短く押す

設定のときに記載した通り、プリセットされた7つの照明効果を変更できる。押すたびに以下の変更が可能。

  • 暖かな白色光
  • 自然な白色光
  • キャンドル
  • 休日の朝
  • 瞑想
  • 森林浴
  • 夜の冒険

これらの照明効果は、スマホアプリから選択できないため、本体ボタンを押して利用するしかないようだ。

▼こちらは照明効果の一つである「瞑想」で青い光りを演出しているところ。

これらの照明効果は、明かりの色グラデーションや調光が自然でダイナミックに動きだすように作られている。

ボタン2回押して、そのまま押し続ける

この操作でランプの全色をグラデーションで確認することができる。気に入ったカラーでボタンを放すことで任意のカラー設定が完了する。

Hueブリッジ経由しない単独利用では、調光や1600万色の自由な色変えができないので、活用の幅が狭まってしまう..

Hueブリッジへ登録設定

既にHueブリッジの設定が完了している前提で設定します

専用アプリからHueブリッジに『Hue Go』を登録し、リモート操作できるように設定します。既にHueブリッジが設定してあれば、難しい設定はなく、単純にランプを追加するだけですぐに使える。

▼Hue Goの電源をオンにした状態で、設定「ライトのセットアップ」を選択する。

現在Hueブリッジに登録中の製品がずらりと並ぶ。この画面の「ライトの追加」を選ぶ。

▼そのまま「検索」をタップ。

すぐに「Hue go 1」を見つけることができた。この時の名前は、デフォルトなので自由な名前に変更可能。ここで付けた名前を指定してAIスピーカーやSiriによる操作を行うことになる。

▼続いて「ルームのセットアップ」について。

我が家の場合、寝室で利用するので、寝室にセットした。

スマホアプリからHue Goを操作

▼これで、リモート操作が可能になった。

調光ゲージ(0〜100%)や、フルカラー(1600万色)から自由にランプ色を変化させることができるようになった。シーンを設定して、調光と色合いを記憶させておくと便利。

Hue Goのスマートな使い方

Hue GoはHueブリッジに登録して利用することで、iPhoneユーザには便利なAppleホームアプリが使えたり、アイデア次第で面白い仕組みを作れるIFTTTが利用できる。

2時間経つと遠隔操作不能に

電源繋ぎっぱなしなら良いが、ポータブルで利用中に電源オフとするとスタンバイ(スリープ)モードで2時間待機する。このスタンバイモード中であれば、リモート操作でいつでもどこでも操作できる。

しかし、電池の消耗を抑えるため、2時間経つと完全に電源がオフとなり、リモート操作ができなくなるので注意しましょう。

この状態になると、本体ボタンを押して電源オン状態にしてやる必要があるので、少し手間だ。

AIスピーカーから利用

AIスピーカー(Amazon Echo、Google Home)からの操作も可能。我が家の寝室には、Echo Dotが備わっているので、ベッドの上から操作できる。

▼AlexaでHue照明を試した記事がこちら

Amazon Echoで照明を音声操作する(Hueブリッジ編)
どうも、CHASUKEです。 届いたばかりの、Amazon Echo Dot(アマゾンエコードット)とHueブリッジを連携して家の電気を音声...

▼寝室の壁掛けホルダーもおすすめ

Amazon Echo Dot用の壁掛けホルダーで省スペース化に成功!!
Amazon Echo Dotの2回目の招待がきたChasukeです。 ついでの如く、Echo、Echo Plusの招待も来た。一気に来すぎ...

Appleホームアプリから利用

iPhoneユーザならば、Apple標準のスマートホームアプリにHue Goを登録して利用できる。これで『Hey, Siri』からの音声操作ができるようになる。

iPhoneのコントロールセンターから操作できるのは、とても楽チン♪

▼アイコンを長押しして、調光やカラーもバッチリ操作できる。

Appleホームアプリに登録することで、ホームハブを設定すれば、オートメーション機能も利用できる♪

AppleTVを使ってHomekit対応デバイスを外出先から操作する方法
どうも、CHASUKEです。 Apple TVを購入してAppleホームアプリのハブ設定をしたこと外出先からHomeKitデバイスを...

IFTTTを使って利用

自動化サービス『IFTTT』に対応しているので、これまた遊べる。

例えば、先日紹介したベビーモニター『Arlo Baby』もIFTTTにチャンネルを持つので、これを組み合わせれば、夜中の時間帯に赤ちゃんが泣いたのを検知して『Hue Go』を光らせるといった自動化が可能になる。

高性能ベビーモニター『Arlo Baby』が面白い!!(開封・設定編)
どうも、CHASUKEです。 赤ちゃんが産まれて、早くも1ヶ月が経過した。家事や育児に忙しい妻のために、赤ちゃんの見守りカメラを探し...

▼IFTTTについては、こちらを参考にどうぞ。

【スマートホーム初心者向け】自動化サービス「IFTTT」の使い方
どうも、CHASUKEです。 スマートホームを実現する上で、AIスピーカーやIoTガジェットなどと相性が良いWebサービスIFTTT...

最後に

ポータブルに持ち歩けるのが魅力な『Hue Go』を使ってみました。スタンバイモードから2時間で電源オフになり遠隔操作が効かなくなるのが、僕的には痛かった。。

とは言っても、寝室だけでなく、リビングにも持ち運んで利用できているので、活用の幅が広く、本当に買ってよかったと言える。Hue Goならば調光と合わせて1600万色の中から、使う場所や雰囲気に合わせた自分好みの明かりを設定できるのが嬉しい。

少し時間が出来たら、前回のMESHアプリを使った連携で、『朝起きる時間になったら、天気予報が照明カラーで点灯』みたいな仕組みを作ろうと企んでます。

それではまた。

コメント

  1. Megalith より:

    天気をHueに色表示させるのはmyThingsを使用するのが1番簡単でお手軽ですね。天気の情報元もYahoo!なので結構いい感じです。
    後、うちではNetatmoの二酸化酸素量を色表示させてます。