スマート製品

Hue Play ライトバーでお部屋の照明環境をアップデートしてみた!

どうも、CHASUKEです。

デスク環境をもっとお洒落な空間にしたい

僕のデスクがある書斎は3畳ほどの小さな部屋。今回、気分転換も兼ねて、PCモニター背面に間接照明を取り込んでみました。

導入したのは、Philips Hue Playライトバーという縦長タイプのスマートLED照明です。

2本セットで1万円ちょっと

縦や横に置いたり、壁に貼ったりとさまざまな使い方ができます。

▼Hueライトバーを使えば、こんな感じに気分に合わせた雰囲気のある空間が手軽に作れます。

1〜100%で明るさ調節できるし、いつでもスマホ1つで部屋のイメージを変えれる面白さも魅力です。

また、Apple HomeKit対応なので、iPhoneとの相性は抜群。時間帯によって自動で照明の色が最適化される「アダプティブライティング機能」が使えるのも導入のメリットです。

 

それと、Hueはさまざまなサービスと連携できる。例えば、Spotipyと連携して音楽と映像を同期させることも。

本記事では、「Philips Hue Playライトバー」の使い方&導入してみた感想を書いていきます。

こんな人におすすめ

  • デスク周りをイメチェンしたい
  • デスク周りをもっと明るくしたい
  • 雰囲気のある空間にしたい
created by Rinker
フィリップスライティング(Philips Lighting)
¥11,180
CHASUKE
最先端のデスク環境には、取り入れておきたいスマート間接照明だ。

Philips Hue Play ライトバー の外観と付属品

こちらがHue Play ライトバー本体。バランスを考えて、2本入りを購入しました。

▼ライト部分のサイズが25.3×4.4cmで、厚みが3.6cmとなってます。

細めのケーブルで、約2mと長いです

ライト表面はザラっとした素材で、中央にさりげなく「PHILIPS」ロゴがありました。

CHASUKE
モニター背面に貼るので表に出ることはほぼない。

 

続いて、Hue Playライトバーの付属品

付属品

  • 電源アダプタ×1
  • 自立スタンドパーツ×2
  • ディスプレイ背面取付パーツ×2
  • ユーザーマニュアル
CHASUKE
各種パーツ用のネジ両面テープも同梱されてます。

 

ライトバーは2本に対し、「電源アダプタが1個だけ?」と思ったかもしれないが、大丈夫。

アダプタ1つで3本対応してます。割とデカいけど、まとめて使えるのは嬉しい。もう1本追加できる。

 

▼背面は、滑りにくい樹脂素材。

裏面にはネジ穴が2箇所あり、設置パターンにより、取付位置が異なります。

Philips Hue Play ライトバーの設置

繰り返しになるが、Phillips Hue Playライトバーは、2種類の設置ができます。

  1. 真っ直ぐ立てて設置
  2. 壁やモニター背面に設置
CHASUKE
アタッチメント無しで、そのまま横に寝かせるのもアリ。

 

立てて設置パターン

ネジ回しが同封されており、簡単に設置できます。

約25cmのライトバーを直立させて、好きな場所に並べることができます。

両面テープを使わない分、こちらのが手軽です。

 

壁やモニターに設置パターン

こちらのアタッチメントは、中央にネジ止めします。僕はこっちを使いました。

▼3Mの強力両面テープをペタッと。

あとは、ディスプレイの裏に貼り付けます。

ちなみに、1本あたり235gでした。

僕が使ってる4Kモニター「DELL U2720QM」に貼り付けるとこんな感じ。

光が左右に広がるように、そして、正面から見えないように注意して貼りました。ケーブルも2本増えてしまうが、細いので収納はしやすかった。

CHASUKE
これで設置は完成だ。

Philips Hue Play ライトバーの初期設定

スマホ操作するには「Hueブリッジ」が必要

Philips Hue Playライトバーは、専用アプリから設定ができますが、追加でHueブリッジが必要なのでご注意ください。

僕は以前からHueユーザーだったので今回は購入してません。ちなみに、我が家では書斎も含めダクトレール照明をHueで統一してます。安定した使い心地で、気に入ってます。

我が家のHue環境はこちら

CHASUKE
ブリッジ1つで6,500円。ライトバーだけの導入では少しもったいない気がする。

 

設定方法の詳細は省きますが、Hueアプリで「Hueブリッジ追加」→「Hueライトバー」などの照明機器を追加していくイメージです。

HueアプリとApple HomeKitが同期されていれば、同時にiPhoneのホームアプリからも操作が可能になります。

CHASUKE
僕の場合、ホームアプリからの操作がほとんど。

Philips Hue Play ライトバーで雰囲気のあるお部屋に!

Hueライトバー設置前

BenQスクリーンバーを装着してるので画面は明るい。だけど、なんか物足りない。

 

Hueライトバー設置後

背後に光が加わると、こんな見た目になります。ディスプレイ周りの雰囲気がちょこっと良くなった。

ここから、1600万色に変化させて味付けできます。

パープルはカッコイイ雰囲気ですね。

青色にすると、サイバーな感じが楽しめます。

▼操作はHueアプリやAppleホームアプリのカラーパレットから色を選ぶだけ。

CHASUKE
気軽に色を楽しめます。

Philips Hue Play ライトバーは映像や音に合わせて色を変えれる

スマート照明がより一層楽しめる機能に、「Hue Sync」があります。音楽や映像に合わせて、Hueライトをシンクロ(同期)できる機能です。

今現在、以下の3つの方法で体験できます。

  1. Hue公式のPCアプリを使う
  2. Spotify連携してスマホアプリで使う
  3. HDMI sync boxを使う

③のHDMI sync boxを使うとテレビ映像との同期もできるが、少々お高い。

CHASUKE
今回はデスク環境なので、無料で使える①と②を試してみた。

 

▼まずはPCアプリから。インストールはこちら。

PCアプリを立ち上げて、表示通りにHueブリッジと同期させると使えるようになります。

PCアプリの操作パネル

色彩パレットで色を決めたり、映画や音楽と4つのモードと変化パターンが選べるようです。

僕は「エンタメ書斎」というエンタメエリアを作って、書斎の全Hueライトを使うように設定してます。

 

▼PCで映画を再生してみると、

シーンの色合いに合わせて、Hueライトが変化します。臨場感が湧きます。

▼音楽モードで音楽をPC再生すると、

CHASUKE
リズムに合わせて色が変わるのは面白い。楽しいな。

 

続いて、HueのスマホアプリでSpotifyと同期させて、再生してみます。

PCアプリを起動せずに、スマホでHue Syncが手軽に使えます。音楽を視覚的に楽しめますね。

CHASUKE
映画に没入したり、音楽で気分をブチ上げたいときに最強の武器になりますね。

Philips Hue Play ライトバー レビューまとめ

以上、Philips Hue ライトバーでお部屋を少しだけアップデートした話でした。

最大限に楽しむにはHueブリッジが必要となるが、個人的には「ライトバー2本で部屋をここまで変わるか」と驚かされた。

普段は、Appleホームアプリの自動調節で使ってますが、いつでも気分に合わせた色合いにできます。それに、部屋全体が明るくなったのと、雰囲気の良いデスク環境が作れたので、導入して満足しています。

ホームアプリ対応でiPhoneとの相性も良いので、少しでも気になった人は是非体験してみてほしい。

こんな人におすすめ

  • デスク周りをイメチェンしたい
  • デスク周りをもっと明るくしたい
  • 雰囲気のある空間にしたい
created by Rinker
フィリップスライティング(Philips Lighting)
¥11,180
CHASUKE
記事はここまで。CHASUKE(@chasuke__)はTwitterでも便利なガジェットをつぶやいてます。こちらもぜひ!

SwitchBot読者限定クーポン

2021/12/2(木)までの期間限定で公式ストア&Amazonの割引クーポンが使えます。SwitchBot製品(一部対象外)がセール価格からさらに5%OFFで購入できます。

▼割引入力コード:2021BFSWB01

SwitchBot公式ストア

▼割引入力コード:2021CHASUKE1

Amazonショップ

Amazonでお得に買い物



Amazon.co.jpで買い物するならギフト券の購入(チャージ)がおすすめ。チャージごとに最大2.5%分のポイントが付与されます

チャージへGO!!

  • この記事を書いた人

CHASUKE

IT企業につとめる30代サラリーマンブロガーです。当ブログでは、実際に使ってよかった役立つガジェットや製品をお届けしてます。面白い機能や素敵なデザイン、少し尖ったアイテムが特に好きです。ご質問・ご意見は「お問い合わせ」まで。レビュー依頼もお待ちしております!

© 2021 CHASUKE.com