PC関連

【HyperDisk レビュー】転送速度1000MB/sの爆速すぎる小型ポータブルSSD!

どうも、CHASUKEです。

コンパクトかつ大容量でありながら、最大1GB/sでデータ転送できるポータブルSSDが登場しました。現在、Makuakeにて支援受付中です。

その名も「HypeDisk(ハイパーディスク)

CHASUKE
まさに「ハイパー」の名に相応しい外付けSSDだった!

 

USB3.1(Gen2)規格対応で最大で読込速度1000MB/s書込速度900MB/sとなってます。一般的にSSDはデータ転送速度が早いが、これほどのスピードのSSDは初めて。それでいて、このポケットサイズもヤバい。非常にワクワクさせてくれるアイテムです。

本記事では、ポータブルSSD「HyperDisk」の使用レビューを書いていきます。先に言っときますが、滅茶苦茶早いです。

「動画など重いデータを多く扱う人」「データ転送をさっさと終わらせたい人」「持ち運びが多い人」には特におすすめなポータブルSSDです。

Makuakeにて支援受付中

既に1000万円以上を集めている大人気ポータブルSSD!(2020年4月2日まで

「HyperDisk」をチェックする

CHASUKE
今だけの先行価格で512GBで15,950円

こちらメーカー様にサンプル品を提供頂きレビューしてます。

ポータブルSSDHyperDisk」の特徴

先にHyperDiskの特徴をまとめておきます。

製品ページに詳細があるので、僕的に凄いと思ったとこを書いておきます。

HyperDiskの特徴

  • クールでスタイリッシュなデザイン
  • クレカ以下のミニマルサイズ
  • 転送スピート最大1000MB/s
  • 512GB/1TB/2TBの大容量ディスク
  • Mac/WindowsPC以外にiPad/スマホ/PS4でも使える
  • USB-AとUSB-Cの両対応

一般的な外付けハードディスクと比較して、SSDは物理的駆動がないため、耐衝撃/耐振動性が高い。動作音も静かで寿命が長いのが特徴です。SSDってスゴい。

メーカー公称値の読み込み速度は最大約1000MB/s、書き込み速度は最大約900MB/sです。(よくある外付けHDDやUSBメモリの実測値は、USB2.0で30MB/s、USB3.0で85MB/s程度です)

CHASUKE
HyperDiskは実測でも読込945MB/s、書込885MB/sと爆速でした。詳しくは次章で。

これなら長時間の動画データでも大量のRAWデータでも、ノンストレスでデータの移動ができます。なんたって5GBのデータ転送に6秒ですからね。驚きです。

USB3.1(Gen2)って?

転送速度が理論値で最大1250MB/sのUSB規格。2016年以降のMacBookから採用されています。

ポータブルSSD「HyperDisk」の外観と付属品

こちらがHyperDisk 512GBのパッケージ。サンプル品のためか、最低限の箱に包まれてた。

カラーはブラックとシルバーの2種類が選べます。

マット加工のアルミ合金コーティング

 

パッケージ内容は下記の通り

  • HyperDisk 512GB
  • USB-C to USB-Aケーブル
  • USB-C to USB-Cケーブル

USB3.1(Gen2)対応のケーブルが2本付属し、どちらの規格でも使えるのが嬉しい。

好みは分かれそうだが、波打つ感じが斬新で個人的には気に入ってる。外装はアルミで冷たくアタッシュケースのようなスタイリッシュさ。

左上に控えめにロゴが印字されている。

超高速データ転送できるSSDには思えない、このコンパクトさ。持ち運びやすい。

上記の512GBモデルのサイズは「73.9×42.8×10.7mm」で、重さはたったの「45g」となります。カバンに入れても全く重さを感じなかった。

その他容量のサイズ

1TBモデルは512GBと同じ大きさだが、2TBモデルは約2倍に伸びます。2TBのサイズは「134.7×37.9×10.7mm」で、重さはたったの「90g」となります。

CHASUKE
小さく行くなら、1TBまでが断然オススメ!

サイズはクレジットカードと比較すると、イメージが湧きやすい。

CHASUKE
小さいは正義

▼端子部分はココにあります。

接続するとLEDが白色に点灯し、データ転送中は点滅する仕様です。

中身と外装でわずかな隙間があるのか、ケーブルを挿すと中でカタカタ動いた。気になる程度で実害は全くない。

▼他に所有するポータブルSSDと並べてみた。

左から「SanDisk Extreme」「HyperDisk」「FlashGet」です。FlashGetより2倍大きくなるが、転送スピードはHyperDiskが群を抜いて早かった

CHASUKE
性能について、次章で比較結果を書きます

実際に使ってみたレビュー

USB-CとUSB-Aの両パターンで実際に使って、性能をチェックしました。

結果は実行環境により異なるため参考程度に御覧ください。

HyperDiskを繋いで、外付けSSD情報をチェックしてみました。

「未命名」と表示された。

MacとWindows両方で使える「exFAT」でフォーマットしてあり、そのまま接続して使える状態だった。

 

MacBookでUSB-C(USB3.1)に接続したときの性能

愛用のMacBook Proに接続してデータ読み書きしてみました。

▼見てほしいのが、こちら測定結果

ほとんど1000MB/s!

Mac USB3.1結果

読み込み(Read):946.0MB/s
書き込み(Write):884.8MB/s

CHASUKE
公称値に若干届かないが、爆速には違いない!

 

実際に、DVD約1枚分の4.67GBのデータをHyperDiskに放り込んでみたのがこちら。

人間系だがストップウォッチで測ってみると、上記の書き込み(PC→SSD)が5.68秒。同じファイルの読み込み(SSD→PC)が4.97秒で完了した。

ステータスバーがグングンと進んでいき、とても気持ちが良い。使用中はほんのり温まる程度で危険な熱さになることは無かった。





CHASUKE
他のポータブルSSDとの比較結果はタブ切替でチェック!

 

WindowsでUSB-A(USB3.1・USB3.0)に接続したときの性能

WindowsPCで、USB3.0とUSB3.1規格の端子に順番に接続してみた。

USB3.1の結果がこちら

Win USB3.1結果

読み込み(Read):840.0MB/s
書き込み(Write):826.0MB/s

MacBookのUSB-C接続に比べると、やや速度は落ちるが十分なスピードが出る結果となった。

 

USB3.0の結果がこちら

Win USB3.0結果

読み込み(Read):412.5MB/s
書き込み(Write):411.6MB/s

やはり、USB3.0規格ではガクッとスピードは落ちてしまうことがわかる。

最後に(まとめ)

以上、超高速ポータブルSSD「HyperDisk」をレビューしました。

まさに爆速でデータ転送できるポータブルSSDでした。しっかり公称値に近い結果が得られた。

今回は試していないが、iPad Pro、AndroidやPS4にも直接挿して使えます。読み書きが早いため、デバイスの内蔵ディスクを節約し、HyperDiskを内蔵ディスクのように使うのも全然有りだと感じた。HyperDiskならオフラインでもクラウドに頼る事なくデータを素早く扱えます。大容量なので1つ持っているととても重宝するアイテムです。

スタイリッシュなデザインで、コンパクトかつ高性能なHyperDiskはこんな人におすすめです。

こんな方におすすめ

  • データの移動を爆速にしたい人
  • デバイスの容量が足りない人
  • 持ち運ぶ機会が多い人

Makuakeにて支援受付中

既に1000万円以上を集めている大人気ポータブルSSD!(2020年4月2日まで

「HyperDisk」をチェックする

CHASUKE
今だけの先行価格で512GBで15,950円

Amazonでお得に買い物

Amazon.co.jpで買い物するならギフト券を現金チャージするのがお得です。チャージごとに最大2.5%分のAmazonポイントがもらえます。また、5000円チャージで1000円分ポイント還元キャンペーンも実施中!!

詳しくはコチラ

こちらの記事も読まれてます

  • この記事を書いた人
CHASUKE

CHASUKE

某IT企業でエンジニアをしているCHASUKEです。 当ブログでは生活を便利にするガジェットやサービスなどライフスタイルに関わる様々な情報をお届けします。レビュー依頼も受け付けています。「お問い合わせ」より気軽にご相談ください。

Copyright© CHASUKE.com , 2020 All Rights Reserved.