PC関連

【HyperDisk レビュー】転送速度1000MB/sの爆速すぎる小型ポータブルSSD!

どうも、CHASUKEです。

コンパクトかつ大容量でありながら、最大1GB/sでデータ転送できるポータブルSSDが登場しました。1秒で1GBをコピーできます。

その名も「HypeDisk(ハイパーディスク)

CHASUKE
これが、まさに「ハイパー」の名に相応しいSSDでした。

 

USB3.1(Gen2)規格に対応し、最大で読込速度1000MB/s書込速度900MB/sとなってます。一般的にSSDはデータ転送速度が早いが、これほどのスピードのSSDは初めて。それでいて、ポケットサイズなので持ち運びにも便利です。

ということで本記事では、ポータブルSSD「HyperDisk」のレビューを書きます。一言でいうと、滅茶苦茶はやいです。

こんな人におすすめ!

  • 画像や動画データをよく扱う
  • データ転送をさっさと終わらせたい
  • データをよく持ち運びする
created by Rinker
¥15,950 (2021/09/16 21:47:39時点 Amazon調べ-詳細)

本記事は商品提供をいただき、レビュー記事を作成しております

ポータブルSSDHyperDisk」の特徴

先にHyperDiskの特徴をまとめておきます。

製品ページに詳細があるので、僕的に凄いと思ったとこを書いておきます。

HyperDiskの特徴

  • スタイリッシュなデザイン
  • クレカよりも小型サイズ
  • 転送速度は最大1000MB/s
  • 最大2TBの大容量ディスク
  • PC(Mac・Win)以外に、スマホやタブレット・ゲームにも使える
  • USB-AとUSB-Cのケーブル付属

HyperDiskに内蔵されるSSDは、一般的な外付けHDDと比べると物理的駆動がないため、耐衝撃/耐振動に強い。それに、動作音も静かで寿命が長い特徴があります。

また、HyperDiskはUSB 3.1(Gen2)というデータを高速転送できる規格に対応しています。

USB3.1(Gen2)とは?

理論上の転送速度が最大1250MB/sのUSB規格。MacBookでは、2016年以降のモデルで採用されている。

上記は規格の理論値。実際に、HyperDiskで使える転送速度は、メーカー公称値で、読込が最大1000MB/s・書込が最大900MB/sとなっています。

【参考】外付けHDDの実測値

よくある外付けHDDやUSBメモリの実測値は、USB2.0規格で30MB/s、USB3.0規格で85MB/s程度となってます。

これなら長時間の4K動画データでや大量のRAW画像データでも、バックアップや持ち出しがサクサクできます。これは使い勝手が良さそうだ!

高速ポータブルSSD「HyperDisk」の外観と付属品

こちらがHyperDisk 512GBのパッケージ。サンプル品のためか、最低限の箱に包まれてた。

カラーはブラックとシルバーの2種類が選べます。

マット加工のアルミ合金コーティング

 

パッケージ内容は下記の通り

  • HyperDisk 512GB
  • USB-C to USB-Aケーブル
  • USB-C to USB-Cケーブル

USB3.1(Gen2)対応のケーブルが2本付属し、どちらの規格でも使えるのが嬉しい。

好みは分かれそうだが、波打つ感じが斬新で個人的には気に入ってる。外装はアルミで冷たくアタッシュケースのようなスタイリッシュさ。

左上に控えめにロゴが印字されている。

超高速データ転送できるSSDには思えない、このコンパクトさ。持ち運びやすい。

512GBモデルのサイズは73.9×42.8×10.7mmで、重さはたったの45gです。バッグに入れてても重さは全く感じません。

【参考】2TBモデルのサイズ

1TBモデルは512GBと同じサイズですが、2TBモデルはサイズ134.7×37.9×10.7mmで、重さは90gと約2倍の大きさになります。
CHASUKE
小さく行くなら、1TBまでがおすすめです!

 

▼サイズはクレジットカードと比較すると、イメージが湧きやすい。

CHASUKE
小さいは正義

 

▼端子部分はココにあります。

接続するとLEDが白色に点灯し、データ転送中は点滅する仕様です。

中身と外装にわずかな隙間があり、ケーブルを挿すとカタカタ動いた。気になる程度で実害はありません。

▼他に所有するポータブルSSDと並べてみた。

左から「SanDisk Extreme」「HyperDisk」「FlashGet」です。FlashGetよりは大きくなるが、転送スピードはHyperDiskのが早い

CHASUKE
性能については、次章で比較結果を書きます!

高速ポータブルSSD「HyperDisk」を実際に使ってみた

USB-CとUSB-Aの両パターンで実際に使って、性能をチェックしました。

結果は実行環境により異なるため参考程度に御覧ください。

 

▼HyperDiskをPCに繋ぎ、SSD情報をチェックしてみた。

「未命名」と表示された。

MacとWindows両方で使える「exFAT」でフォーマットしてあり、そのまま接続して使える状態でした。

 

MacBookでUSB-C(USB3.1)に接続したときの性能

愛用のMacBook Proに接続してデータ読み書きしてみました。

▼見てほしいのが、こちら測定結果

ほとんど1000MB/s

Mac(USB 3.1)測定結果

  • 読み込み(Read):946.0MB/s
  • 書き込み(Write):884.8MB/s

 

CHASUKE
公称値に若干届かないが、爆速には違いない!

 

実際に、DVD約1枚分の4.67GBのデータをHyperDiskに放り込んでみたのがこちら。

人間系だがストップウォッチで測ってみると、上記の書き込み(PC→SSD)が5.68秒。同じファイルの読み込み(SSD→PC)が4.97秒で完了した。

ステータスバーがグングンと進んでいき、とても気持ちが良い。使用中はほんのり温まる程度で危険な熱さになることは無かった。

 

他社製品の測定結果も参考に載せておきます。





 

WindowsでUSB-A(USB3.1・USB3.0)に接続したときの性能

WindowsPCで、USB3.0とUSB3.1規格の端子に順番に接続してみた。

▼まずは、USB 3.1の測定から。

Win(USB 3.1)測定結果

  • 読み込み(Read):840.0MB/s
  • 書き込み(Write):826.0MB/s

MacBookのUSB-C接続に比べると、やや速度は落ちるが十分なスピードが出る結果となった。

 

▼続いて、USB 3.0の測定がこちら。

Win(USB 3.0)測定結果

  • 読み込み(Read):412.5MB/s
  • 書き込み(Write):411.6MB/s

やはり、USB3.0規格ではガクッとスピードは落ちてしまうことがわかる。

高速ポータブルSSD「HyperDisk」のレビューまとめ

以上、超高速ポータブルSSD「HyperDisk」をレビューしました。とにかく早くデータ転送ができるポータブルSSDで、公称値1000MB/sに近い結果を得ることができた。

今回は試していないが、HyperDiskはiPad ProやAndroidスマホ、PS4に直接挿して使うこともできます。さまざまな環境で使えるのは強いですよね。

それに読み書きが速いので、各デバイスの内蔵ディスクのように使うのも全然できます。実際、MacBookの内蔵ディスクを500GB増やすと約2万円します。

 

▼スタイリッシュで、コンパクトかつ高性能なHyperDiskはこんな人におすすめできます。

こんな方におすすめ

  • データの移動を爆速にしたい人
  • デバイスの容量が足りない人
  • 持ち運ぶ機会が多い人
created by Rinker
¥15,950 (2021/09/16 21:47:39時点 Amazon調べ-詳細)
CHASUKE
今までデータ転送が遅くてイライラした経験のある人は是非持っておきたいポータブルSSDです!

Amazonでお得に買い物

Amazon.co.jpで買い物するならギフト券を現金チャージするのがお得です。チャージごとに最大2.5%分のAmazonポイントがもらえます。また、5000円チャージで1000円分ポイント還元キャンペーンも実施中!!

詳しくはコチラ

  • この記事を書いた人

CHASUKE

IT企業につとめる30代サラリーマンブロガーです。当ブログでは、実際に使ってよかった役立つガジェットや製品をお届けしてます。面白い機能や素敵なデザイン、少し尖ったアイテムが特に好きです。ご質問・ご意見は「お問い合わせ」まで。レビュー依頼もお待ちしております!

© 2021 CHASUKE.com