Webサービス

IFTTT Proの機能を使ってみた。有料と無料プランの違いはこれ!

どうも、CHASUKEです。

さまざまなWebサービスやアプリを組み合わせて、手軽に自動化の仕組みが作れる「IFTTT」に、有料プラン「IFTTT Pro」が登場した。

これまで出来なかった1トリガー複数アクションアプレットの高速化条件付きロジックなどに対応し、今まで以上に使えるサービスに進化した。また、有料プランの新設に伴い、今までの無料プランでは、無制限に使えていたアプレットの作成が3つまでに制限されます。

今まで、むちゃくちゃお世話になってきたIFTTT。発表を知って、すぐに加入しました。

 

ということで本記事では

IFTTTの有料版と無料版との違いと、有料版機能の使い方について簡単に解説していきます。

▼ちなみにIFTTTの説明や基本的な使い方は、下記記事に書いてます。

まずはこちらから
初心者向けに自動化サービス「IFTTT」の使い方を解説。IFTTTアプリから簡単に使えます!

有料プラン「IFTTT Pro」と無料プランの違い

有料プランの特典

  1. 無制限の自作アプレット
  2. 1トリガー複数アクション
  3. クエリによる追加情報の取得
  4. フィルターによる実行条件の追加
  5. アプレットの実行速度向上
  6. カスタマーサポート

今までは1個のトリガーで1個のアクションでしたが、複数条件のトリガーや複数アクション対応した。それに加え、Javascriptによるフィルター条件も可能になり、自由度がかなり増してます。

IFTTTを長く使っていると、アプレットの実行遅延に出くわすことがある。有料プランであれば、アプレット実行のポーリング頻度が今まで以上にあがり、実行速度が向上します。

気になるIFTTT Proの価格は、月額9.99ドル(約1000円)です。なお、2020年10月7日までは、月額1.99ドルからの「言い値」を設定できるようになっている。

CHASUKE
当然、僕も1.99ドルで加入。

 

無料プランでも、今までと同じように、1トリガー・1アクションの自作アプリが作成できる。

しかしながら、作成できるアプレットの数が「3個」までに制限されます。ちょっと使うだけなら、有料プランにする必要はない。

僕が今までに作成したアプレット数をチェックしてみると、50個近くあった。内容は、スマート機器の自動化、天気やカレンダーなどLINEへの通知機能を多く使っていた。実験用とかで一時的なものもあったけど。。。

CHASUKE
有料プランは避けられない。

無料プランの気になる疑問について

個人的に気になった内容が、IFTTTの中の人のツイートにあったので、勝手に抜粋しました。

いつから自作アプレットが3つになるのか?

通知なしで消される事は無さそうで、後日またProプランに戻したときに取り戻せる機能が実装されるとのこと。

また、制限されるのは「アプレットの作成」のみ。

上にある通り、第3者が作ったアプレットの利用は無制限にできる。

つまり無料プランでは、アプレットの自作に制限が有り、使用には制限が無い。

 

既存アプレットの実行速度は遅くなるか?

有料プランはポーリング頻度を上げて高速化しているようです。反対に無料プランは今まで通りで、今まで以上に遅くなることは無いようだ。

 

言い値の有料プラン価格は、いつまで適用されるのか?

当初、1年間と記載されていたが、おそらく、追加で永久適用の発表があったようです。

公式ページにもこんな記載があった。

Our introductory set your own price offer allows you to choose your monthly payment for Pro and we'll honor it indefinitely. This special offer expires in 4 weeks, on Wednesday, October 7th.

CHASUKE
加入するなら、今でしょ。

有料プラン「IFTTT Pro」の機能を試してみた【使い方】

IFTTT Proで使えるようになった機能をさっそく試してみました。

複数アクションは、1トリガーで同時に複数アクションが実施できます。また、フィルター機能では、所得したクエリ情報を使って、JavaScriptで条件付きロジックが書けます。

 

複数アクション機能

1トリガーに対し、何個もアクションが積めます。

わかりやすいように、アプレットのトリガーは「Button」でいきましょう。iPhoneのウィジェットに置けて使いやすい。

▼アプレット作成画面はこんな感じ。

トリガーに「Button press」を選んだ状態で、すぐ下に「+」マークが表示されるが、ひとまず無視してアクションを設定していきます。

下記の通り、複数アクションを追加できます。

ここでは、部屋に入った時に押すボタンを想定して、Remoで扇風機、Hueで照明の家電操作アクションを2つ。さらに、履歴用としてLINEで操作記録も追加してます。

▼アプレットを作成すると、iPhoneのウィジェットに現れます。

これをタップすれば、先ほどのアクションが順番に操作されます。

▼LINEで履歴もバッチリ。

CHASUKE
1ボタンに複数アクションを集約できるのが良いね。

 

クエリとフィルター機能

クエリとフィルター機能について。

クエリを使えば、トリガーだけでは足りない情報を取得できます。例えば、天気の情報やカレンダーの情報を取得できます。

取得した情報をアクションに使うことができます。さらに、フィルター機能では、トリガーやクエリから得たデータを使い、判定ロジックを追加してアクションをスキップしたりできます。

CHASUKE
なにはともあれ、何か作ってみます。

 

まずは、フィルター無しで、クエリで取得した情報をそのままアクションで使ってみます。

▼トリガーはお馴染みの「Button」で。

トリガーすぐ下に表示された「+」マークを押すと、「Add query」が選べます。これがクエリ。

クエリに、天気サービスである「Weather Underground」を選びました。選択クエリ内には、「現在の天気」「天気予報」などがある。

ここでは「Current weather(現在の天気)」を選んで、そのまま、LINEで通知させてみます。

▼LINEアクションの設定はこんな感じ。

トリガーやクエリで取得した情報は、「Add Ingredient」から画像右のように項目が選択できます。

ここでは、現在の天気と気温を使ってます。

 

▼作成したアプレットを、さきほどと同じように実行すると、

CHASUKE
キター。

 

続いて、フィルター機能を試してみます。

フィルターは、アプリからは使えず、Web版のみで使えるようです。

Web版IFTTTにて、トリガーとアクションを指定後、間にある「+」マークを押すと、「Add filter」を設定できます。

▼Add filterを選ぶと、JavaScriptのコードエディタ画面に遷移します。こんな感じ。

エディタの下には使えるデータ項目が表示され、エディタも入力補助が付いてます。ですが、完璧ではないですね。

例えば、時間と天気の情報を使って、アクションをスキップしたり、LINE送信内容を変更してみました。書いたJavaScriptコードがこちら。

let currentHour = Meta.currentUserTime.hour(); // 現在の時間
// 時間による条件
if (3 <= currentHour && currentHour <= 6) {
  // 3時〜6時はLINEを送信しない
  Line.sendMessage.skip()
}

var currentCond = Weather.currentWeather[0].CurrentCondition; // 今の天気
// 天気による条件
if (currentCond.indexOf('Cloud') != -1) { // 天気に「Cloud」が含まれていたら。
  Line.sendMessage.setMessage("曇りです。");
} else {
  Line.sendMessage.setMessage("曇りではない!");
}

 

▼送信されれば、こんな感じ。

最後に

以上、IFTTT Proについて、プランの違いやクエリ/フィルターの使い方を書いてみました。

有料プランでは、月額料金はかかるけども、自作アプレットの無制限アプレットの高速化複数アクションクエリによる情報追加フィルターによるロジック追加と、IFTTTを使い込む人には嬉しいサービスに進化した。有料プランにするなら、料金を「言い値」できる今がおすすめです。

ただし、無料プランであっても、自作アプレットが3つに制限されるものの、公式や第3者が作ったものを使用する分には無制限です。

CHASUKE
使用頻度が低いならそのままで全然okだと思う

Amazonでお得に買い物

Amazon.co.jpで買い物するならギフト券を現金チャージするのがお得です。チャージごとに最大2.5%分のAmazonポイントがもらえます。また、5000円チャージで1000円分ポイント還元キャンペーンも実施中!!

詳しくはコチラ

こちらの記事も読まれてます

  • この記事を書いた人
CHASUKE

CHASUKE

某IT企業でエンジニアをしているCHASUKEです。 当ブログでは生活を便利にするガジェットやサービスなどライフスタイルに関わる様々な情報をお届けします。レビュー依頼も受け付けています。「お問い合わせ」より気軽にご相談ください。

Copyright© CHASUKE.com , 2020 All Rights Reserved.