iPhone・iPad

【開封レビュー】iPad Pro 2020(11インチ/128GB/Wi-Fi+Cellular)を購入!

2020年3月27日

どうも、CHASUKEです。

iPad Pro 2020がひっそりと発表されたので、しれっと購入しました。

iPad(6世代)から乗り換えで、初めてのiPad Proです。オーバースペックなのはわかってる。けど、次出たら買うと決めてたから迷わずポチりました。

2019年末にMacBook Pro 16インチを購入してからメイン機として、自宅、外出先でもガンガンに使ってました。今後はよりPCライクに進化したiPadも外出先で活用できたらなと。

発売日に到着

 

ということで本記事では、iPad Pro 2020の開封レビューをします。iPad Pro初めて目線でのファーストインプレッションです。

2020年モデルのiPad Proは、前回モデルからのマイナーチェンジ。大手メディアも、外観(カメラ以外)も性能も代わり映えしないと評価している。

CHASUKE
だが、2018年モデル持ってない僕からしたら、フルモデルチェンジなのだ!

若干だがスペックUPし、価格は下がってる。僕みたいに初めてのiPad Proなら買い時だと感じます。古いiPadをお使いで、購入検討中である人の参考になれば幸いです。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥93,280 (2020/07/07時点)

今年中に5Gモデルと出ると言われても、もう待てないのだ

iPad Pro 2020の購入モデル

今回僕が購入した「iPad Pro」はこんな感じ。

iPad Pro 2020

  • 11インチディスプレイ
  • スペースグレイ
  • 128GB
  • Wi-Fi + Cellular
  • AppleCareなし

外出先で手軽に持ち運びするため、11インチを選びました。SIMカード挿せないのは不安なので、以前使ってたiPadと同様にWiFi + Cellularモデルです。

CHASUKE
今回のiPad Pro 11は、2018年に続く第2世代となる

容量は、基本的にクラウド、iPad Proは外付けも使えるので最小サイズ(といっても128GB)にしました。

▼詳細なスペックがこちら。

モデル11インチ
iPad Pro
容量128GB
(1TBまで選択可)
重さ  Wi-Fi+Cellular:473 g
(Wi-Fiモデル:471g)
サイズ247.6×178.5×5.9mm
CPUA12Z Bionic
メモリ6GB
その他Wi-Fi6、Bluetooth5.0

前回モデル(iPad Pro 2018)よりは安くなったものの、価格111,980

ここから保護フィルムやスリーブケース、さらに初めてのiPad Proなので、Apple Pencil2Smart Keyboard Folioも購入しており総額で約15万円かかってます。5月にはトラックパッド付きのMagic Keyboardも購入しなければ。使命感。

CHASUKE
こうなったらトコトン付いていきますぜ!

iPad Pro 2020 の開封

予約当初は発売日から少し遅れる予定でしたが、最終的には当日に届きました。みんなキャンセルしたのかな..

では、さっそく開封していきます!

iPad Pro 11インチ(第2世代)

こちらがパッケージ。色鮮やかですね。

見た目は2018年モデル(第1世代)と変化なし。だが何度も言うが、今まで無印iPadを使ってた僕からしたら宇宙人並に違うのだ

蓋を開けると、ぴったりに収まっていた。いつも思うけど、美しく綺麗に収納されてて気持ちが良い。

CHASUKE
ようこそ。iPad Proさん。

パッケージの中身を全部取り出すとこんな感じ。

  • iPad Pro 2020 11インチ
  • マニュアル類一式
  • USB-C充電ケーブル(1m)
  • 18W USB-C電源アダプタ

前回モデルのiPad ProからUSB-C規格が採用されている。Lightningではなく付属のUSB-Cケーブルで充電できます。

ペリペリを脱がせます。

通称「ペリペリ」

 

これで開封完了です。

ここまでで驚いたのが2つ。

本体が極薄。そして想像以上に軽いこと。本当にこれは感動レベルだと思います。

スピーカーは上下に4つ搭載

 

厚みは5.9mmで重さは、Wi-Fi+Cellularモデルは473gです。ちなみに、Wi-Fiモデルは471gとなる。USB-Cポートがギリギリ収まる薄さ

CHASUKE
半端ないですね

 

▼2020年モデルから進化したカメラ群。

今までの広角レンズに加えて、ワイド撮影ができる超広角レンズが追加されてます。その横にあるのが、AR精度を高める「LiDAR(ライダー)スキャナ」です。残りはマイクフラッシュで構成されます。

今回の目玉である「LiDARスキャナ」は、iPadとモノの距離を高精度に測定できるセンサーです。最大5m先の対象物に光を飛ばして、跳ね返ってくる時間で距離を測定します。この技術により立体、空間認識、奥行き認識が向上するため、より高度なARのアプリやサービスが楽しめると期待されてます。

CHASUKE
身近なところでは「計測アプリ」の精度が向上してます

 

さて、電源を入れてみました。

ホームボタンが無いため、11インチながら画面がデカく感じます。

基本的な設定は、iPhoneやiPadから「クイックスタート」で引き継げるので、サクッと完了。

iPad Pro 2020を少しだけ触ってみた

ロック解除はTouch IDではなく、Face IDとなります。縦でも横でも使うFace IDでササっと認識してくれます。画面付けたら、すぐに鍵マークが開きます。

ホームボタンが無くなった事で、上下向きの概念も無くなった。仮にiPadを逆さで持ち上げてしまっても、問題なくFace IDが使え、画面表示もクルッと回って表示されます。

CHASUKE
ボタン押す時に気づく感じ

 

保護フィルムを貼ってないのもあるけど、発色は異常なほどに綺麗。その上、感度抜群で指の小さい動きにも機敏に反応してくれます。

ホームボタン無しのiPhone X以降をお使いであれば、操作は同じように使えます。慣れるとこっちのが使いやすいです。

色々とアプリを起動してみたけど、さすがはProモデル。快適そのもの。性能は前回モデルと変わらないのは残念だが、余裕でPCの代わりになるスペックです。

CHASUKE
もうサクサク過ぎて顔がニヤけまくりです。

 

▼上下左右ともベゼルが狭いので、画面一杯に情報を表示できています。

デバイスは極薄なのに、画面表示は大迫力。カッコ良すぎです。

最後に(まとめ)

iPadOS13.4からマウスとトラックパッドが利用可能に!

 

以上、iPad Pro 2020の開封レビューでした。

CHASUKE
感動の連続でした!

今後は、より一層iPadを活用していこうと思うので、まず1ヶ月使ってみて感想を書きたいなと思います。

また、iPad Proに合わせて関連製品も購入しているので随時紹介していきます。

▼レビュー記事はこちら。

【吉川優品 アンチグレアガラスフィルム】アンチグレアだが画質劣化が少ないiPad Pro保護シート。さらさら手触り。
【Inateckスリーブケース レビュー】iPad Pro 11を安心して持ち運べるおすすめバッグ。お洒落で使いやすい!
【レビュー】iPad Pro 11"(2020)用にApple純正キーボードカバー「Smart Keyboard Folio」を購入!
【Anker PowerPort Atom Ⅲ Slimレビュー】iPad用におすすめな超薄型USB-C充電器(最大30W出力)

それではまた。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥93,280 (2020/07/07時点)

Amazonでお得に買い物

Amazon.co.jpで買い物するならギフト券を現金チャージするのがお得です。チャージごとに最大2.5%分のAmazonポイントがもらえます。また、5000円チャージで1000円分ポイント還元キャンペーンも実施中!!

詳しくはコチラ

こちらの記事も読まれてます

  • この記事を書いた人
CHASUKE

CHASUKE

某IT企業でエンジニアをしているCHASUKEです。 当ブログでは生活を便利にするガジェットやサービスなどライフスタイルに関わる様々な情報をお届けします。レビュー依頼も受け付けています。「お問い合わせ」より気軽にご相談ください。

Copyright© CHASUKE.com , 2020 All Rights Reserved.