これで安心!海外旅行のためのiPhone設定と必需品について

CHASUKEの記事をシェアする..

先日バリ島で一足先に夏を堪能してきたCHASUKEでございます。

今回は、私が海外でiPhoneを使用するための設定や、あると便利な製品を紹介します。

trip

SPONSORED LINKS

iPhoneは「世界対応ケイタイ』

なので、とくに何も設定をしないで海外に到着すると自動的にキャリアが提携する海外通信会社を利用できるようになります。

日本にいるときと同じように海外で電話やメール、インターネットなどデータ通信ができます。

これを『海外ローミング』といいます。

ただし、みなさんが恐れているとおり、
この方法で通常通り使用していると、日本よりも高額の使用量を請求されてしまいます。

海外旅行でおすすめなiPhone設定/関連製品

WI-FIのみでiPhoneを使用する!!

設定は簡単です。

まずは、自動的に海外の回線につないでしまう海外ローミング機能をオフにします。
[設定]の中にある、「ローミング」と「LTE回線を使用」をオフにするだけです。

IMG_8902

こうすることで、自動的に海外の通信会社を使用してデータ通信をしてしまうことを防ぎます。
あとは、「WiFi」をオンにしておけば、WiFiがつながる場所でLINEやインターネットなどデータ通信が可能となります。

海外では日本よりもWiFiが普及しており、空港やレストラン、ホテルなど利用できるところはたくさんあります。実際に私が行ったバリ島内でも「 FREE WIFI 」の看板がそこらじゅうにありましたよ!

ただし、この設定でも電話の発着(着信側も有料)とSMS(送信100円/1回、受信無料)は使用できます。緊急時の連絡手段として使う事ができるという意味でOKだと思いますが、
どうしてもデータ通信と電話回線の両方オフにしたいのであれば、渡航してからも機内モード「オン」にすることで、WiFiのみの使用に制限できますよ。

ちなみに「モバイルデータ通信」はオフにしなくてよいのか?

っという疑問ですが、こちらは日本国内でデータ通信を使用する際の項目であり、海外でのデータ通信を使用する際は関係ない項目となってるので心配いらず。

必須アイテム「モバイルバッテリー」

別に海外旅行に限った話ではありませんが…

旅行中、iPhoneをカメラやビデオ代わりに使用する人や旅行先のメモをアプリなどに入れている場合は、途中での充電切れはかなり痛いですね。
さらに、ホテルでコンセントから充電する場合も、電圧の違いなどの問題で、確実に充電できるかわかりません。そんなときも、1つコイツをリュックに放り込んであれば安心ですよね。

私が遠出する際には、コイツをよく使用してます。

IMG_8893

大容量10400mAhのモバイルバッテリー。iPhoneであれば4回以上フル充電が可能です!!

ずっしり感はありますが、大きさもiPhone2つほどの大きさなのでカバンに入れておいてもかさばりませんよ。

さらにUSBポートが2つの他にもLEDライト付きなので、緊急時にも役立ちそうです!

IMG_8897

iPhoneとカメラやビデオのダブル充電も~♪

IMG_8892

ほかの大容量モバイルバッテリーと比べても、3000円と格安です!!

▼現在は『cheero Power Plus 3』が最新です。

海外でも安心して使える無音カメラ「OneCam」

海外では写真とっていいのかダメなのかわからないところがたくさんありますので、私は、『OneCam』を多用しましたww

トップクラスの人気を誇っている無音カメラで、ホントに画質いいし、無音だから気使わないし、機能いっぱいだしなどなど…わたくし純正カメラよりこっちのほうを多く使ってます。

このアプリで、写真がブレてしまうという方は、タイマー設定「2秒」にして撮影するとブレないですよっ!

OneCam 高画質マナーカメラ 〜フリックでシェア〜

OneCam 高画質マナーカメラ 〜フリックでシェア〜
開発元:Walker Software
¥240
posted with アプリーチ