iPhone・iPad

【開封レビュー】iPhoneXSからiPhone12 Proに乗り換え。性能比較とおすすめアクセサリーを紹介!

2020年10月24日

どうも、CHASUKEです。

2020年版iPhoneとして、4モデル(Mini/無印/Pro/Pro Max)が登場しました。

今回僕は、無印と同じサイズでカメラ性能に優れた「iPhone12 Pro」を購入しました。

 

iPhone12のポイント

  • フラットで角張ったデザイン
  • 5G対応(スマートデータモード)
  • Super Retina XDRディスプレイ
  • 画面にセラミックシールド採用
  • 高性能「A14 Bionic」プロセッサ
  • 広角カメラが明るいレンズ
  • Lightning端子(USB-Cではない)
  • 無接点充電規格「MagSafe」対応
  • Face ID認証(Touch ID無し)

上記は、iPhone12全モデルで共通の新機能です。今年は大きな進化を感じますね。

今までのワイヤレス充電規格は最大7.5wでしたが、今回のMagSafeでは最大15wでの高速充電が可能です。画面は明るく高精細に、画面保護ガラスは耐衝撃・耐落下性能が大幅に向上してます。背面の広角カメラはf値1.6絞り値の明るいレンズとなり、暗いところでの撮影に強くなってます。

 

ということで、ジャーン!!!

選んだカラーはパシフィックブルー。

落ち着きのある背面パネル光沢のあるステンレスフレームの組み合わせで、超ラグジュアリーなiPhoneに仕上がってます。

ということで本記事では、iPhone 12 Proの開封レビュー他モデルとの違いについて書いていきます。僕と同じようにiPhone XSから乗り換え検討してる人の参考になれば幸いです。

CHASUKE
一緒に購入したおすすめアクセサリーも紹介します。

iPhone12 Pro 開封レビュー(外観と付属品)

僕が購入した「iPhone 12 Pro」は、新色パシフィックブルーの128GBモデルです。

税込みで117,480円なり。「毎日使うものだし、普段の撮影もiPhoneばかりなので価格で妥協するな。」と自分に言い聞かせた結果がこれ。

▼まずはじめに驚いたのがこのスリム過ぎる箱。

今回のiPhone 12シリーズから電源アダプタと有線イヤホンが同梱されていない。箱は薄型になってますが、重みはしっかりあります。

▼箱をパカッと開くと。

▼全部取り出すと、シンプルにこれだけ。

いつもなら黒系カラーをチョイスする僕ですが、今回は新色のパシフィックブルーを選択。青すぎない、良い感じの色合いで一瞬で気に入った。

というか、iPhone 12 Pro/Pro Maxの色合いはどれを選んでも正解だと思う。

 

さて、本体を眺めていこう。

昔のiPhoneを思い出させる角張ったデザインがカッコいい。Proシリーズのフレームはステンレススチールで、高級感のある仕上がり。

▼マナー、音量ボタンはこんな感じ。指紋が付きやすいという弱点もある。

全面の保護ガラスは、セラミックシールド採用で強度が4倍に向上している。落として画面を割った経験があるので、これは助かる。

▼Proのカメラは盛り盛りのトリプルレンズ仕様。

背面は、テクスチャードマットガラスが採用され、光沢のない落ち着きのある色合いになってます。

CHASUKE
何度も言いますが、今回のiPhoneはカッコイイです。

 

▼手に持つとこんな感じ。

角張ったデザインで、今までの丸みのあるiPhoneとは明らかに違う握り心地。

CHASUKE
しばらく使えば慣れてくるはず。

 

充電ポートは相変わらずのLightning端子。

そして、同梱される充電ケーブルはLightning to USB-Cケーブル。これを使えば、最大20W(30分で50%まで)の高速充電ができます。

CHASUKE
後ほど、僕が購入した20w出力の電源アダプタを紹介します。

 iPhone12 Proを選んだ理由(他モデルとの比較)

iPhone12シリーズで比較

iPhone12シリーズは4種類もあるので、自分に合う1台はどれか迷いますよね。

僕の場合、冒頭にも書いたけど、サイズカメラかで迷いました。ほとんどの人がこれだと思う。

ということでまずは、iPhone12シリーズでの比較を見て欲しい。ただし、Pro Maxは、ポケットに入らないサイズなので比較から外しました。

 iPhone12 MiniiPhone12iPhone12 Pro 
画面サイズ
(インチ)
5.46.1
ディスプレイSuper Retina XDR(有機EL)
最大輝度625ニト
800ニト
本体サイズ
(mm)
131.5×64.2×7.4146.7×71.5×7.4
重さ(g)133162187
CPUA14 Bionic
メモリ4GB6GB
ストレージ64GB〜128GB〜
カラーブラック
ホワイト
ブルー
グリーン
レッド
ゴールド
シルバー

グラファイト
パシフィックブルー
超広角カメラf値2.4絞り値
広角カメラf値1.6絞り値
望遠カメラ無しf値2.0絞り値
LiDARスキャナ無し有り
カメラ機能ナイトモード
Deep Fusion
スマートHDR
光学式手ぶれ補正
ポートレートモード
Dolby Vision HDR撮影(30fps)
ナイトモード
Deep Fusion
スマートHDR
Apple ProRAW
デュアル光学式手ぶれ補正
ポートレートモード
ナイトポートレートモード
Dolby Vision HDR撮影(60fps)
通信機能5G(Sub-6)/Wi-Fi6/Bluetooth5.0
Apple Pay対応
防水規格IP68(水深6mで30分)
バッテリー動画再生:15h
音楽再生:50h
動画再生:17h
音楽再生:65h
動画再生:20h
音楽再生:80h
充電スペックMagSafeワイヤレス充電:最大15W
Qiワイヤレス充電:最大7.5W
USB PD有線充電:最大20W

小型軽量のMiniモデルも魅力的だが、Proモデルのスペックやカメラ機能は流石です。また、LiDARスキャナ搭載により、夜間のポートレート撮影ができます。さらに、今後登場するARアプリで活躍する可能性も高い。

CHASUKE
iPhone12 Proのカラーデザインは想像以上の仕上がりでした!

 

iPhoneXSとスペック比較

続いて、進化を振り返るという意味で、今までのiPhone XSとも比較しておきます。

 iPhone12 ProiPhone XS
画面サイズ
(インチ)
6.15.8
ディスプレイSuper Retina XDRSuper Retina HD
最大輝度800ニト645ニト
本体サイズ
(mm)
146.7×71.5×7.4143.6×70.9×7.7
重さ(g)187177
CPUA14 BionicA12 Bionic
メモリ6GB4GB
ストレージ128GB〜64GB〜
カラーゴールド
シルバー
グラファイト
パシフィックブルー
ゴールド
シルバー
スペースグレイ
超広角カメラf値2.4絞り値無し
広角カメラf値1.6絞り値f値1.8絞り値
望遠カメラf値2.0絞り値f値2.4絞り値
LiDARスキャナ有り無し
カメラ機能ナイトモード
Deep Fusion

スマートHDR
Apple ProRAW
デュアル光学式手ぶれ補正
ポートレートモード
ナイトポートレートモード
Dolby Vision HDR撮影(60fps)

スマートHDR
デュアル光学式手ぶれ補正
ポートレートモード
通信機能5G(Sub-6)Wi-Fi6/Bluetooth5.0Wi-Fi5/Bluetooth5.0
Apple Pay対応対応
防水規格IP68(水深6mで30分)IP68(水深2mで30分)
バッテリー動画再生:20h
音楽再生:80h
動画再生:14h
音楽再生:60h
充電スペックMagSafeワイヤレス充電:最大15W
Qiワイヤレス充電:最大7.5W
USB PD有線充電:最大20W
Qiワイヤレス充電:最大7.5W
USB PD有線充電:最大18W

 

iPhoneXSと外観を比較

今まで使っていたiPhone XSと並べてみると、若干だが、サイズUPしているのがわかる。

▼持った感じはこんな感じ。

iPhone12 Pro

iPhone XS

ホームボタン無しで、顔認証など操作感は同じです。

▼背面カメラを比較。

iPhone XSにでは広角・望遠レンズのみだったが、iPhone12では超広角レンズが加わった。パワーアップしたCPUのおかげで、より鮮明で鮮やかな写真が撮れるようになった。

▼広角レンズ

▼上と同じ位置で、超広角レンズ

自分の目で見てるそのままを写真に残せる感じ。超広角すごくイイよ。

iPhone 11から好評のナイトモードに加え、ナイトポートレートモードも撮影可能。普段からiPhoneで撮影してる人なら、絶対にProがおすすめだ。

CHASUKE
背面をぼかすポートレートの精度もかなり上がってます。

 

▼サイドフレームは丸型から角型へ。

ボタン位置が少し下にズレたことで、横向き撮影時にシャッターボタンが慣れないw

iPhone12と同時に購入したいアクセサリー

iPhone12の購入に合わせて、アクセサリー類を買い漁ったのでおすすめを紹介していきます。

▼購入したのは下記のアイテム

CHASUKE
一杯あるから迷っちゃいますよね。

 

強化ガラス保護フィルム

ディスプレイの鮮明さを損なわないために、僕は透過率の良いガラスシートを貼ってます。指触りつるつるで操作性も良いです。さらに強化ガラスなら保護性もあり、万が一、落としても守ってくれるメリットもあります。

僕が選んだのは、OAprodaの強化ガラス保護フィルムです。全面保護できるのがポイントです。

パッケージ内には、フィルムを綺麗に貼るための道具が一式入ってるので、安心して貼れました。

黒枠のガイドをiPhoneに装着して、ガラスフィルムを載せるだけです。

貼り付け後はこんな感じ。隅はケースが干渉しないように少しだけ隙間があります。

上のスピーカー部分以外の全てを覆ってます。強化ガラス保護フィルムなら、全面保護できるOAprodaがおすすめ。

CHASUKE
2枚で約1000円程度で安い!

 

実は、最初はNIMASO(ニマソ)のガラスフィルムを貼ってました。

こちらも貼り付けガイドなど一式が揃ってます。

ただし、全面保護タイプではありません。

スピーカー部分に切り込みがあり、ここに細かいホコリが溜まるのが嫌で剥がす事にしました。

上記以外は申し分ありません。全面保護で内側カメラを覆いたくないって人は、NIMASOがおすすめできます。

NIMASO iPhone12/iPhone12 Pro ガラスフィルム 【 2枚入り】
NIMASO

 

MagSafe対応ケース

iPhone12から使えるワイヤレス充電規格「MagSafe」対応のケースを選びました。せっかくの新機能なので、使わないのは勿体ないです。

僕が選んだのは発売前から、MagSafe対応として販売されてた「PITAKA Air Case」を購入しました。

▼パッケージや同封物から高級さを感じます。

アラミド繊維という軍用材料で、宇宙船、防弾チョッキ等に使われる素材を織り込んで作られてます。

0.65mmで8gと超薄型・軽量ケースながら、頑丈なのが特徴です。iPhone裸で使いたいけど、傷つけたくないって人には最高なケースです。

CHASUKE
めちゃめちゃ薄くて驚きました。

 

▼サラサラで触り心地が良い。

▼背面レンズが当たらないように工夫されてます。

MagSafe対応ケースを選べば、背面マグネットが便利に使えます。例えば、マグネット式のカーマウントで使えました。

Apple純正のMagSafe対応ケースでお気に入りが見つからなかった人や、薄型で頑丈のケースをお探しの人は、PITAKA Air Caseは非常におすすめです。

iPhone12とiPhone12 Proは本体サイズは同じだが、カメラサイズが異なります。購入サイズの間違いにご注意を!

CHASUKE
価格は6,499円。純正品並です。

 

MagSafe充電器

iPhone12シリーズで新たに使えるようになったワイヤレス充電器「MagSafe」

置くだけで15Wの高速充電ができる凄いやつです。もちろん、即購入しました。

充電端子はUSB-Cになります。後ほど紹介するPD充電器「Anker PowerPort III Nano 20W」で、問題なく使えました。

▼近づけると、ピタッと。

MagSafe充電を使うと、Apple Watch充電時のようなアニメーションが表示されます。

強い磁力のおかげで、簡単には外れません。

MagSafe充電器はQi充電との互換性があるので、旧型のiPhoneも充電ができるのもポイントです。

 

20W出力のPD充電器

最後のアイテムが充電器です。

今回のiPhone12シリーズから電源アダプタが同梱されてません。同梱される充電ケーブルはUSB-C端子なので、それに合う充電器がおすすめです。

僕は小型で軽量の「Anker PowerPort III Nano 20W」という充電器を購入しました。別売りのApple純正品よりも小型にも関わらず、500円ほど安くなってます。

iPhone12シリーズの充電は、最大20Wに制限されます。つまり、20W以上に対応している充電器を使っても意味がありません。

iPhone12の電源アダプタに困ったら、とりあえずこれを買っておけばOKです。

同じく20W出力のPD充電器がAUKEYからも発売されます。Ankerよりやや高いが、デザイン性はこちらのが上です。

created by Rinker
AUKEY
¥1,980 (2020/12/02時点)

最後に(まとめ)

以上、iPhone12 Proの開封レビューでした。性能比較や、おすすめの関連アクセサリーも紹介させて頂きました。

iPhone12 Proは、無印と同じ本体・画面サイズでカメラ性能をアップグレードしたモデルです。普段からiPhoneで撮影をしており、少しでも綺麗な写真を撮りたい人におすすめです。地味ではあるが、動作時間が長いのも重要なメリットです。

また今回購入してみて、予想以上だったのがカラーデザイン。サイドフレームはラグジュアリーで高級感のある仕上がりで、デザインでProを選ぶ人も多いのではと感じました。

created by Rinker
Apple
¥106,800 2020/10/23 10:00:00

Amazonでお得に買い物

Amazon.co.jpで買い物するならギフト券を現金チャージするのがお得です。チャージごとに最大2.5%分のAmazonポイントがもらえます。また、5000円チャージで1000円分ポイント還元キャンペーンも実施中!!

詳しくはコチラ

こちらの記事も読まれてます

  • この記事を書いた人

CHASUKE

某IT企業でエンジニアをしているCHASUKEです。 当ブログでは生活を便利にするガジェットやサービスなどライフスタイルに関わる様々な情報をお届けします。レビュー依頼も受け付けています。「お問い合わせ」より気軽にご相談ください。

Copyright© CHASUKE.com , 2020 All Rights Reserved.