KoogeekのLEDライトリボンで間接照明に挑戦してみた!!

CHASUKEの記事をシェアする..

どうも。

遠隔操作できるスマートな間接照明をテレビ台に仕込んでみたCHASUKEです。

こんな幻想的な雰囲気も醸し出せるようになりました!!

手が込んでるように見えますが、テレビ台の裏にKoogeek LEDライトリボン「Smart Light Strip」を貼り付つけるだけで、とても簡単にできちゃいました^^

利用したのは、Apple Homekitに対応したスマートLEDテープライトなので、iPhoneにインストールされているホームアプリから調光や1600万色から好みのカラーに変化させることが可能です。

もちろんSiriによる操作が可能です♪

様々なガジェットを扱う海外通販サイト「TOMTOP」から送られてきて、めちゃめちゃ遊べて面白かったので、紹介させていただきます。

SPONSORED LINKS

1600万色に変化するスマートライトリボン

さっそく開封していきますー!!

▼綺麗にクルクルと収納されている、こちらがLEDライトリボンです。

取扱説明書に日本語がありました。以前までのKoogeek製品では、英語表記しかなかったのですが..

▼USB入力は5V/2Aになります。

テープライト部分の長さは2メートルで、必要に応じて絶縁箇所でハサミでカットできます。スイッチ部分がやや大きいのと、コード部分の長さが45cmしかないので、上手く間接照明として隠せるか判断してください。

また、ライトリボン裏面は3Mの強力な両面テープとなっています♪

▼USBを差し込んで、スイッチを押すとパッと光ります。

LEDピース​は60個あり​、最大500ルーメンの光量になります。

十分な明るさです^^

iOSのホームアプリに追加してみる

Apple標準のHomekit対応なので、ホームアプリからアクセサリ追加ができます。USB電源に繋いだまま登録を行います♪

事前準備として、iPhoneのWi-Fi接続先を2.4GHzにします。設定時のみ変更して入ればOKです。これをやらないと登録に失敗するので注意。

▼アプリを開いて、右上からアクセサリを追加します。

パッケージや取説などに貼られているPINコードをカメラで読み込ませます。

▼Koogeekアイコンが表示されるので、追加していきます。

▼LEDライトリボンの呼び名や、部屋の割り当てが変更できます。僕は「リボンライト」という名前にしました。

アイコンが追加されました!!

ポチポチしてみると電源On/Offに切り替わります。これでiPhoneから遠隔操作ができるようになりました♪

アイコンタップですぐに反応し、フワッと明るくなります。

綺麗ですねー。

▼アイコンタップすると、明るさやカラーが選べます。

明るさはスライドで0〜100%を指定可能です。

カラー選択画面では、お気に入りの色を6個覚えておくことができます。中央の編集ボタンを押すと1600万色ものカラー選択が可能になります!!

▼さまざまな色のパレットから好きな色をセレクトできます^^

気分に合わせて色を変えたり、指でなぞってグラデーションを楽しんだりと、面白いですね。

例えば、赤とピンクの間を選択すると、こんな感じです。

iOSのホームアプリへの登録も簡単で、明るさやカラーを自在に調節できます。

当然ですが、Koogeekを含む様々なサードパーティ製のホームアプリで利用できます。アプリによって明るさやカラー設定の方法が異なるので、色々と試してみると面白いです♪

実際に間接照明を試してみた!!

リビングにあるテレビ台にさっそく貼り付けてみました。

▼55インチTVを移動させました。くっそ重たかった。

だが、このワクワク感がたまらないw

▼この上の出っ張り部分に貼っていきます。コードのごちゃごちゃは見ないで..

テープライトを貼ろうとした場所の素材がカサカサしていたので、布ガムテープを1層貼りました。これしたおかげでLEDテープライトを貼りやすく、剥がしやすくなったと思います!!

▼テープライト裏面の両面テープは強力な3M製。剥がれる心配は要りません。

少し長かったので、ハサミマーク部分で切り落としました。柔らかいのでジョリッと簡単に切れました。もったいない..

▼これで完成です。

試しにグリーンにしてみた。

うぉぉぉ。イイ感じにオシャレになったと思う。

▼途中でカーブもありましたが、ライトリボンが柔らかいため、カーブに沿って貼れました。

▼テレビをのせて完成したのが、コチラ。

周りの照明を暗くして、間接照明のみで映画を1本楽しんでみました♪

うむうむ、気に入った。

スマートな使い方をしてみる

Siriによる操作

僕はSiriによる家電操作をよく使います。スマホが近くになくてもApple Watchはほぼ24時間つけてるし、AirPodsからも呼び出したりSiriはいつもそばにいます。

▼Homekit対応されている製品なので、こんな感じでSiriにも対応します。

上記の他にも、以下のようなワードに反応しました。

「リボンライトをつけて/消して」

「リボンライトは何色か教えて」

「リボンライトを明るく/暗くして」

アレクサによる操作もなんとか..

こちらのLEDライトリボンは、日本語アレクサには対応しておりません。

だが最近、ラズパイZEROにインストールしたNode-REDを使って、Homekit製品をアレクサ対応させたりしてみました。こちらの記事です。

Alexa(アレクサ)からApple Homekit製品を操作する方法
どうも、Chasukeです。 我が家の廊下照明はAppleのHomekit対応のスマート電球がハマっており、iPhoneを起動してS...

上記のNode-REDを上手く使えば、点滅やグラデーションの自動化もできると思います。今度やってみよっと。

他デバイスとの連携

Homekit対応デバイスが他にもあれば、連携させて自動化(オートメーション)が使えます。

例えば、Homekit対応のこちらの温度/湿度センサーを利用して、温度が○○度以下になったらライトリボンを青色にしたり、逆に設定より高くなったら赤色にしたりですね。

▼自宅ネットワーク内であれば、AppleTVなどハブが無くてもオートメーション機能が使えます。こちらを参考に。

ハブ無しでHomeKitオートメーション機能を使う方法!!
どうも、CHASUKEでございます。 Appleデバイスを使って快適なスマートホームを実現する方法として、Appleホームアプリでは...

最後に

スマートなLEDライトリボンを使って間接照明に挑戦してみました。とっても気に入ったので、やってみて大正解でした!!

手軽に間接照明に挑戦してみたいならLEDライトリボンは、おすすめです。部屋の雰囲気がだいぶ変わりますので、カッコいいスマートホームには欠かせないアイテムです♪

スマート電球で超有名なPHILIPSのLEDライトリボンは1万円超えで手を出しづらいですが、Koogeek「Smart Light Strip」なら半額以下で購入可能。

僕は追加で購入しましたw

LEDライトリボン以外にもHomekit対応したKoogeek製品は多くあります。

それではまた。