スマートで便利なIoT時計『LaMetric Time』が面白い!!

CHASUKEの記事をシェアする..

どうも。

これまたおもしろいものをゲットしたCHASUKEでございます。

▼それがコレ。

手ブレごめんなさいw

可愛いドット表示で様々な情報を表示できるスマートIoT時計『LaMetric Time』です。

スマート時計と言っても、ネットに接続して、様々な情報を引っ張ってきて表示というようにお知らせ機能がとても優れているのでスマートディスプレイと呼んでも良いかもしれません。

Amazon.co.jpで約21,000円(2016年11月時点)とまぁまぁな値段でしたが、置き時計が古くなってきて、どうせ買うなら色々できちゃう面白ガジェットがいいじゃんということで購入しました♪

また、このLaMetric面白いところは、インジケータアプリやボタンアプリを自作するためのSDKやAPIも公開されている点。さらに、IFTTTにも対応しているので簡単な連携ならすぐに使えます!!

コレは購入してよかったーっと思えるガジェットでしたので、開封から基本的な機能を使ってみた紹介していきます。

SPONSORED LINKS

開封(アンボックス)

Amazon.co.jpにて販売元が『LaMetric』のものを購入。

世界最大の総合航空貨物輸送会社であるFedEx(フェデックス)より、手元に届いた。発送元は香港のようです。

配送会社FedEx は、輸入時にかかる関税などの費用を立て替え、輸入した個人(私)に請求がくる仕組みになっています。

現在はどうかわかりませんが、購入当時(2016年11月)は関税として別途1,300円の請求がきました。払わずにいたら催促がきたのでご注意を。

▼早速開封。意外と小さいことが、この時点で判明したw

▼裏面には、英語で説明がぎっしり。隅っこが若干潰されてますが気にしない。

▼中身を取り出す。

パッケージ内容は以下の通り。

  • 本体
  • microUSBケーブル
  • USB電源アダプタ
  • 説明書(英語のみ)

本体、電源アダプタ、USBケーブルに到るまで、全て質感は良く高級感があります^^

▼本体とiPhone5を比較してみる。

本体上部に3つのボタン(Left、Home、Right)がある。スマホから操作以外にも、本体のボタンでもアプリ起動やボタンイベントが起こせます。

本体サイズは『縦7cm×横22.5cm×幅4cm』となり、左側にアイコン表示ピクセル(8×8)、右側にその他情報表示ピクセル(29×8)の2つがLEDディスプレイエリアがあります。

追記 2017.12
購入当初は、ちょい小さいかもっと思ったが、PC机から手の届くところに置いて利用していると、このくらいのサイズ感で良かったと思えてきた今日この頃。

意外とコンパクトなので、購入を考えている方は要チェックです!!

▼背面には、microUSBポートとイヤホンジャック。

電源供給はUSBからできますので、海外製品にありがちなプラグ問題はなし。

▼両サイドはスピーカーとなっています。

サイドには、音量ボタンと電源ボタンが付いてます。
LaMetric Timeは、音楽やラジオのためのBluetoothスピーカーとしても使えます。

公式アプリで簡単に初期設定が簡単

スマホアプリが準備されています。

LaMetric Time

LaMetric Time
無料
posted with アプリーチ

初期設定として、LaMeticTimeを自宅のネットワークに接続させてやる必要があります。
本体を電源コードを接続して、スマホアプリで簡単にできました^^

LaMetric Timeで何ができるのか

YouTubeに製品動画があります。

▼まずはこちらを。

僕の場合、これを見て『こりゃ絶対面白い!!』と思い、Amazonですぐにポチりましたw

ドットが粗いところが、これまた可愛らしいよね。

スマホからLaMetric Timeを操作可能

スマホの専用アプリには、LaMetric Timeで使える時計やスピーカー、タイマーなどの基本的なアプリは最初から追加されていました。

画面左が、LaMetric Timeに追加されているアプリ。下にある「+」ボタンから画像右のように追加できます♪

LaMetric Timeは、開発者向けにデベロッパーページを公開しており、自作アプリが作成できます。そんで作成した自作アプリは公開でき、アップルストアのように誰かが作成したものを使うことも可能です。有料のアプリはなく、全部無料です。

アプリを利用してLaMetric Timeでできることをいくつか紹介。

■標準系

時計表示やアラームが利用できます。また、ストップウォッチやタイマー機能も別のアプリとして準備されてます。

■ラジオ・Bluetoothスピーカー系

スピーカー搭載で、スピーカー機能もあります。
ボタンが1つしかないので操作が難しいですが、iPhoneからSpotifyなどの曲を再生すると曲名表示や曲に合わせてゲージが踊ります。

■アウトプット系

これがLaMetric Timeの一番の売りです!!
好きなメッセージをティッカー表示させたり、Googleアナリスティクス連携で好きな項目の現在状況を表示できたりします。ちゃんと日本語の表示対応されていますよv

また、FacebookやTwitter、インスタなどSNSのフォロワー表示の確認などもできます。リアルタイムにフォロワー増加などの通知機能も充実しています。ドットが荒いため表示された文字は読みづらいですが、内容はだいたい確認できます^^

設定からテキスト表示のアニメーションを変更できます。「Scroll」と「Typewriter」が選択できます。

▼それぞれの表示は、こんな感じ。

■インプット系

ボタンがあるので、インプットも可能です。

「IFTTT Button」や「IFTTT Indicator」というアプリが用意されています。このアプリを起動中に上部のボタンを押すことで、IFTTTのトリガーやアクション(メッセージ表示)にすることができます^^

自作アプリで面白いボタンアプリを作ることもできます!!

IFTTTトリガー・アクションのどちらにも対応

IFTTT(イフト)を利用することで、自作アプリを作らずともアイデア次第で汎用的に使えます。ここでは詳しい説明はしませんが、世にある様々なWebサービス同士を連携することができる海外のWebサービスです。

以前に紹介した『myThing』(記事はこちら)と同じようなサービスなんですが、利用できるサービス数が断然多いです。この利用できるサービスの一つに『LaMetric Time』があります。

▼IFTTTアプリはこちら

IFTTT

IFTTT
開発元:IFTTT
無料
posted with アプリーチ

IFTTTでは、「IF This Then That」つまりもし〜ならば〜する」というようにトリガーアクションに利用可能なWebサービスを指定できます。

例えば、LaMetric Timeの上部ボタンをトリガーに設定することで、テレビつけたりできます(IFTTT × Nature Remoで簡単に)。

逆にLaMetric Timeはアクション側にも指定できるので面白いです。例えば、自分の部屋の近くにモーションセンサーをつけておいて、誰かが来たらLaMetricTimeに通知表示したりできます。近くに置いておけばスマホよりもすばやく反応できるのでめちゃ使い勝手が良いですよね。また、IFTTT経由なら外部のネットワークからでも通知を送れるもの便利です。

最後に

LaMetricTimeはKickStarterというクラウドファンディングで資金を集め、2015年末に完成したようです。当初は日本語表示対応されていなかったものの、2016年10月に対応したみたいですね。進化し続けてるんですね^^

残念ながらマイクが搭載されていないのですが、音声入力できたらもっと面白かったな。まだ自作アプリ作成まで時間がなくてやれていませんが、何か作ってみようと思います。プログラミングしなくても、IFTTTを使えばアイデア次第で簡単に仕組みを作れます。

個人利用だけでなく、仕事やお店で使っても面白いガジェットです。

長文をティッカー表示で読むのは大変ですが、通知機能とちょっとした情報表示では抜群に使えます。