スマート製品

【レビュー】Apple HomeKit対応スマートプラグ「Meross Smart Plug Mini」を試してみた!

どうも、CHASUKEです。

Merossのスマートプラグ「Smart Wi-Fi Plug Mini(MSS110)」がHomeKitに対応していたので、購入して試してみました。

スマートプラグとは、電源入り切りをスマホやスマートスピーカーで遠隔操作できるコンセントのこと。日本の家電が使えるスマートプラグには、TP-LinkSwitchBotなどがありますが、どちらもHomeKitには対応していません

今回レビューするMerossスマートプラグは、Apple HomeKitを含め、様々なサービスに対応した万能モデルです。

  • Apple HomeKit
  • Amazonアレクサ
  • Googleアシスタント
  • Line Clova
  • IFTTT

まさに、何でもOKなスマートプラグ。特に、今まで日本のコンセントが使えるHomeKit対応プラグは今までなかったので、「ついに出た」という感じです。

▼Appleのホームアプリから、こんな感じで操作ができます。ポチッとしてON/OFF。

iPhoneだけでなく、Apple WatchやHomePodからも操作が可能です。これは嬉しすぎる。

少々値は張りますが、iPhoneユーザーなら、是非選んでおきたいスマートプラグです。

CHASUKE
1個2000円とちょい高めだが、20%クーポンでお得に買えた。

Merossスマートプラグの外観とデザイン

こちらがHomeKit対応のスマートプラグ「Meross Smart Plug Mini」です。

パッケージには「Works with Apple HomeKit」のマークがあり、日本のコンセントに対応したスマートプラグになってます。

▼2個入で、日本語マニュアルが同梱されてます。

CHASUKE
たまに出てくる誤字はご愛嬌。

 

穴が2つの日本仕様のコンセントで、白一色のシンプルなデザイン。本体サイズは、6.9×3.8×3.8cmとなっています。

底面のQRコードは、HomeKit登録時に読み込ませるものです。

▼プラグは直付タイプです。

本体上部に技適マークも確認できました。

側面には、手動で入切するためのボタンとLEDインジケータが付いてます。

LEDが緑色であれば、通電状態です。

▼コンセントに挿してみるとこんな感じ。穴が長い方(N極)に揃えて挿します

2口コンセントで、2個同時に利用してみると、しっかり挿せませんでした。

LEDランプは点灯していますが、2つ並べて使うのは難しそうです。

MerossスマートプラグをAppleホームアプリで使ってみた

ここでは、iPhoneのホームアプリでMerossスマートプラグの使い方を紹介していきます。

 

Appleホームアプリの設定方法

Appe純正のスマートホームアプリにMerossスマートプラグを追加します。

ホーム

ホーム
開発元:Apple
無料
posted withアプリーチ

設定前の注意点

  1. iOS 13.0以降であること
  2. Wi-Fi接続が2.4GHz帯であること

通常のWi-Fi接続は5GHz帯だと思うので、設定時は2.4GHz帯にする必要があります。設定後、5GHzに戻して使えます。これだけ注意すれば、設定はすんなりです。

 

▼スマートプラグをコンセントに挿すと、ボタン横のLEDが点滅します。

この状態で、iPhoneのホームアプリを開き、右上の「+」から、アクセサリを追加します。

カメラが起動するので、スマートプラグにあるQRコードを読み込ませればOKです。

Wi-Fi設定に注意

ここでiPhoneが5GHz帯Wi-Fiに接続していると「お使いのWi-Fiルーターと互換性がありません。」とエラーになります。2.4GHz帯でやり直しましょう。

 

▼これでスマートプラグ追加され、リストに表示されました。名前は「プラグ」にしました。

CHASUKE
我が家には、他にもHomeKitデバイスがいっぱい。

 

反応速度は早く、動作音は小さめ

アクセサリをタップしてON/OFFを切替えできます。

さすが、HomeKitに正式対応しているだけあって、動作速度がめちゃめちゃ早い。スマートプラグは操作時に「カチッ」とリレーが切り替わる音が鳴りますが、そこまでうるさくないです。

▼設定画面の「よく使う項目に含める」にチェックを入れると、コントロールセンターから操作できて便利です。

 

アップルウォッチのホームアプリからも操作できます。ここも「よく使う項目に含める」にチェックを入れないと表示されません。

▼iPhoneやApple Watch、HomePodから、Siriの音声操作も可能です。

どれもちゃんと動作してます。

CHASUKE
総じて、イイ感じ。

MerossスマートプラグはHomeKitだけじゃない!

Merossスマートプラグの凄いのは、Apple HomeKit以外にも、定番のスマートスピーカーやIFTTTにも対応している点です。

  • Meross専用アプリ
  • Amazonアレクサ
  • Googleアシスタント
  • Line Clova
  • IFTTT

 

これらを使うためには、専用アプリにプラグを追加する必要があります。

▼専用アプリがこちら。

Meross

Meross
開発元:Chengdu Meross Technology Co.,Ltd.
無料
posted withアプリーチ

 

▼アカウント作成を行い、デバイスの追加ボタンを押すと、ホームアプリに追加した「Smart Plug Mini」が表示されます。

これで追加完了。

こちらの専用アプリからもプラグのON/OFFスケジュール操作などを設定できます。

 

▼その他、例えば、Amazonアレクサで使うには、Merossスキルを追加して、デバイス検出すればOKです。

CHASUKE
アレクサ、プラグをつけてー!

Googleアシスタントや、LINEクローバなど、お使いのスマートスピーカーに合わせて使えます。

 

▼IFTTTを使えば、一歩踏み込んだスマートホームに適用できます。「IFTTTって?」という人は、こちらをチェックしてみてください。

初心者向けに自動化サービス「IFTTT」の使い方を解説。IFTTTアプリから簡単に使えます!

最後に(まとめ)

ということで、HomeKit対応のスマートプラグ「Meross Smart Wi-Fi Plug Miniを試してみました。

様々なAppleデバイスから操作できて、レスポンスも文句なしでした。

HomeKit非対応版より500円ほど高いですが、Appleユーザーであれば、断然こちらの購入がオススメです。スマートスピーカーと合わせて使う人にもバッチリです。

▼HomeKit対応版スマートプラグはこちら。

▼ちなみにHomeKit非対応版はこちら。

それではまた。

Amazonでお得に買い物

Amazon.co.jpで買い物するならギフト券を現金チャージするのがお得です。チャージごとに最大2.5%分のAmazonポイントがもらえます。また、5000円チャージで1000円分ポイント還元キャンペーンも実施中!!

詳しくはコチラ

こちらの記事も読まれてます

  • この記事を書いた人

CHASUKE

某IT企業でエンジニアをしているCHASUKEです。 当ブログでは生活を便利にするガジェットやサービスなどライフスタイルに関わる様々な情報をお届けします。レビュー依頼も受け付けています。「お問い合わせ」より気軽にご相談ください。

Copyright© CHASUKE.com , 2020 All Rights Reserved.