【nasne活用】Fire TVを使ってPCモニターで地デジ放送を見る方法

CHASUKEの記事をシェアする..

どうも、CHASUKEです。

PCモニター用のディスプレイで地上波テレビ番組が見たい!

ということで、やってみました。

チューナーが内臓されていないディスプレイから地デジ番組を見る方法はいくつかあります。

今回は『nasne(ナスネ)』と『Amazon Fire TV』使った方法を紹介します。

  • モニター付近にテレビアンテナがない
  • 訳あってテレビが使えない
  • そもそも家にテレビがない
  • Fire TVでテレビが見たい

などなど、PCモニターでテレビ見えたら最高なんだよなーっとお考えの人のご参考になれば幸いです♪

SPONSORED LINKS

PCモニターからテレビを見るために必要なもの

  • Amazon Fire TV
  • Sony nasne

※前提として『Fire TV』も『nasne』もネットワーク経由で利用するため、インターネット環境が必要です。

Amazon Fire TV(ファイアーティービー)

モニターにHDMI接続してWi-Fiにつなぐだけでプライムビデオ、Hulu、Netflix、AbemaTVなどの動画配信サービスが楽しめる便利なHDMIドングルです。

これ1台で、テレビやPCディスプレイのネットワーク対応が可能です。

『Fire TV Stick』か『Fire TV』か

どちらもYouTubeの標準アプリがないため、見られないのが残念ですが、Cromecastみたくスマホ経由せずに、付属リモコンから単体で利用できるのが便利です。

僕は『Fire TV Stick』を使ってます。

4K・HDR画質で楽しみたいのであれば『Fire TV』を選びましょう。(※当然、4K対応モニターを持っている必要がありますが..)

nasne(ナスネ)

nasneとは、SONYのチューナー内臓ネットワークレコーダー&メディアストレージです。

スマホを使ってテレビをリアルタイム視聴や録画番組を見たりが可能です。写真や動画を保存してメディアサーバとしての使い方もできます。(nasneの活用方法については、別記事で。)

サイズがコンパクトで、置き場所に困らないのもポイントです♪

nasneの有線LANを無線LAN化する

nasneは、なぜだかわかりませんが、無線LAN機能が搭載されていません。

賃貸マンションではルーターを置く場所が限られ、そこからLANケーブルを伸ばして接続する必要があるので、めっちゃ厄介です。

しかし、これを解決してくれるアイテムがある。

それが、『イーサネットコンバータ』。

このイーサネットコンバータを使えば、有線LANポートしかない家電を無線LANに変換することができますよ!

▼ちなみに僕が使っているのは、「I-O DATA WN-AG300EA」というもの。

PCモニターからテレビを見る方法

上記の仕組みでnasneの映像をモニターに表示しています。

nasneにあるテレビ番組データは著作権保護規格で守られているため、映像を視聴するためにはDTCP-IP対応プレーヤーアプリが必要となります。

Fire OSアプリ『DiXiM Play Fire TV版を利用します。

「DiXiM Play」アプリをインストール

アプリは無料でインストールできます。

Amazon.co.jpリンクからポチッとすれば、お手持ちのFire TVに無料でインストールされます。便利ですねー。

▼Fire TVを起動して「DiXiM Play」アプリを起動

DTCP-IP対応プレーヤーからテレビ番組を視聴するには、月額108円の有料ライセンスが必要となります。

毎月のライセンス料が気になる方は、買い切り1300円プランもあるので、こちらがおすすめ。

買い切りでFire TVをテレビ化できるならお得ですよね。

▼Fire TV版ライセンスを購入する。

「いきなりお金を払うのはちょっと。。」

という人は、無事に視聴できるか1分間だけお試し視聴ができるのでご安心を♪

▼ライセンス購入方法はこちらから。

「DiXiM Play」でテレビを見る方法

アプリを起動すると、ホームネットワーク上にある共有サーバがリストで見えます。

▼nasneを選択

▼ビデオを選択

▼ライブチューナを選択。

▼地上デジタルを選択。

地上デジタルを選ぶと、チェンネル一覧が表示されます。

▼これで地上波のテレビ番組が見えますね。

心配だった画質ですが、カクつくことなく普通に見えています。

こんな簡単にテレビが見えるようになるとは!

「DiXiM Play」で録画番組を見る方法

ビデオからnasneで録画したテレビ番組を見ることもできます。

ジャンルから選べるので、撮った番組が探しやすい。

▼いい感じです。

こちらも問題なく視聴できました!

ホームネットワーク上のNASにアクセス

我が家では、撮った写真をNASに全てあげて家族間でいつでも共有できるようにしています。

DiXiM Playアプリを使えば、メディアサーバ(NAS)に保存しているデータにもアクセスできます。旅行のときの写真や動画もサクッと見えるようになります。

写真の読み込みなど、サクサクと動いていい感じです。

最後に(まとめ)

nasneとAmazon Fire TVの合わせ技で、テレビ番組をリアルタイム視聴することができました。画質も問題なく満足です♪

「Fire TVでテレビ番組が見たい」

「nasneをPCモニターから視聴したい」

「テレビがみたいけどアンテナが近くにない」

という方に、おすすめです。

▼PCモニターだけでなく、プロジェクターに利用しても同じことができますね。

天井にも投影可能な『DBPOWER ミニプロジェクター』がコスパ抜群!!
どうも。 自宅でホームシアターなんて、夢物語だと思ってたCHASUKEです。 そんなことはなかった。 上の写真は、寝室の...

▼nasneに保存した録画データをSynology NASに移すことで、nasneの容量を節約できますよ♪

Synologyアドオン『DiXiM Media Server』で録画番組を一括管理
どうも、CHASUKEです。 便利なアドオン(パッケージ)が盛り沢山なSynology NASですが、今回は録画番組を自在にコピー・...

それではまた。