Siriショートカット

iPhoneとNFCタグを使った家電やタイマーの自動化が便利すぎる!

どうも、CHASUKEです。

iOS13.1に伴い、iPhoneでNFCタグをトリガーとしたオートメーション機能が使えるようになりました。

これがめっちゃ面白いんですが、言葉で言ってもよく伝わらない。

▼こんな感じのことができます。

https://twitter.com/chasuke__/status/1180702940312436737

上の動画だと、NFCの一種であるFelica対応の交通系ICカード「PASMOを使って、テレビをON/OFFしてます。

スマートスピーカーがあれば声で家電操作ができる。けれど、NFCタグにiPhoneを近づけるだけで、決まった操作ができるのも意外と便利です。

ということで、本記事ではiPhoneを使って、NFCタグに近づけてオートメーションさせる方法を紹介します。

CHASUKE
例えば、玄関に貼ったNFCでスマートロックを解錠など。使い道は様々!!

NFCとは

Wikipediaには、このように書かれてます。

NFC(Near field communication)はRFID(Radio Frequency IDentification)と呼ばれる無線通信による個体識別の技術の一種で、近距離の無線通信技術を統一化した世界共通の規格である。ICチップを内蔵したNFCタグをNFCのリーダ・ライタ機能を有する機器で読み取ったり書き込んだりする。

CHASUKE
ここで言うNFCリーダが「iPhone」となる!

 

という事で、NFCタグを購入してみた。

Android搭載スマートフォン用とあるが、iPhoneでも使えるようになったのです。

購入したNFCタグは、サンワサプライの10枚で1,000円弱ほど。こちら。

created by Rinker
サンワサプライ
¥946 (2019/12/07時点)

 

▼中身はこんな感じ。

親指サイズのNFCタグシールが10枚入ってます。シールなので、壁や机にペタペタ貼れるのが超便利

 

▼外観からはただのシールにしか見えない。

古いiPhoneでは使えない

iPhoneとNFCタグがあれば、使えると思いきやそうではない。

NFCオートメーションが使えるのは、下記のiPhoneに限られます。

対応機種

  • iPhone11
  • iPhone11 Pro
  • iPhone11 Pro Max
  • iPhone XS
  • iPhone XS Max
  • iPhone XR
CHASUKE
上記端末をiOS13.1以上にしましょう!

NFCタグを使ったオートメーションの作り方

実際にNFCタグを使ったオートメーションを作ります。

ショートカットアプリを使うので、見当たらない人はインストールしましょう。

ショートカット

ショートカット
開発元:Apple
無料
posted withアプリーチ

 

NFCをトリガーとして、今までのショートカット機能が使えるので、かなり幅広く使えます。

今回は例として、「カップラーメンのための3分間タイマー」を作ってみます。NFCタグにiPhoneを近づけて、タイマー3分間で起動する単純なものです。

▼とりあえず、お湯を注ぐときに近くにある冷蔵庫に1枚ペタっと。

NFCタグは特に何も書き込む必要はない。これで準備完了。

 

▼ショートカットアプリを開き、オートメーションタブで新規に追加します。

 

個人用オートメーションを作成を選ぶと、トリガーとなる項目がズラりと表示されます。

今回は、下の方にある「NFC」を選びます。

CHASUKE
対応機種でなければ、NFCが表示されないはずです

 

▼トリガーとするNFCタグに、iPhoneを近づけてIDを覚えさせます。

購入したNFCタグは読み書きできるタイプですが、もともと持っているID情報を使うので、何も書き込む必要はありません。そのまま貼って、読み込ませればOKです。

 

次にアクションの設定です。

見ての通り、アクションには多くの選択肢があります。

例えば、Appボタンから、TwitterやLINEアプリを選んで、操作を自動化できます。

家電操作であれば、Nature Remoが使えるので、簡単にテレビやエアコン、照明操作をアクションに設定できます。ホームアプリにある家電や、別のショートカットの呼び出しなど、何でも自由に出来そうです。

他にも、スクリプティングボタンでは、よりプログラミングチックにIF文が使えます。SSH経由でラズパイに置いたスクリプトの起動も簡単に実現できます。

さらに、アクションは複数指定できるので、1タグで複数の動作をさせられます。

 

今回は、単純にタイマーを3分間セットするだけなので、検索で「タイマー」を探して、3分にセットしてます。

最後の「実行の前に尋ねる」をオフにしておくと、スムーズにアクションを実行できます。

これで完了です。

 

▼設定したNFCタグに、iPhoneのヘッドを近づけてみると、すぐ反応しました。反応良いですよ!

このように通知が表示され、裏でタイマーが起動されます。

iPhoneのロックを解除しないと使えないのでご注意を

 

▼Siriにタイマーを確認すると、ちゃんと動いてました。

NFCタグ、、面白れぇー!!!!!

最後に(まとめ)

iOS13.1から使えるNFCをトリガーにしたオートメーションを紹介しました。

冷蔵庫に貼った3分間タイマー以外にも、食卓だったり、ベッドだったり、まったりするソファだったり、いろんな所にNFCタグシールを貼りまくってます。これ、しばらく遊べそうです。

▼10枚を使い切りそうなので、追加購入するかも..

created by Rinker
サンワサプライ
¥946 (2019/12/07時点)

 

冒頭でも書いたように、わざわざNFCタグを買わなくても、Felica対応の交通系ICカードがあればサクッと試せます。食卓に座ったら、会社のデスクに座ったら行う、いつものアレを自動化してみてください!

ではまとめです。

  • iOS13.1以上
  • iPhone XS/XR以上の端末が必要
  • Felica対応の交通系カードでOK
  • NFCタグの自動化は便利

それではまた。

Amazonサイバーマンデー開催中!

Amazonでお得に買い物

Amazon.co.jpで買い物するならギフト券を現金チャージするのがお得です。チャージごとに最大2.5%分のAmazonポイントがもらえます。また、5000円チャージで1000円分ポイント還元キャンペーンも実施中!!

詳しくはコチラ

  • この記事を書いた人
CHASUKE

CHASUKE

某IT企業でエンジニアをしているCHASUKEです。 当ブログでは生活を便利にするガジェットやサービスなどライフスタイルに関わる様々な情報をお届けします。レビュー依頼も受け付けています。「お問い合わせ」より気軽にご相談ください。

Copyright© CHASUKE.com , 2019 All Rights Reserved.