充電器

プラグ折畳式の小型20W急速充電器「PA-Y20S」レビュー【iPhone12に最適】

どうも、CHASUKEです。

最大20W出力できるAUKEYの小型急速充電器「PA-Y20S」 を購入してみました。

実は少し前に、ANKERAUKEYから販売された20W充電器もそれぞれ買っています。

▼こちらの記事に書いてます。

【iPhone12 電源アダプタ選び】AnkerとAukeyの20W出力PD充電器を比較してみた!
CHASUKE
どちらも小型で品質も悪くなかったけど、プラグが折り畳めなかった

 

そう、今回のAukeyの急速充電器「PA-Y20S」は、プラグが折畳式である点が最大の特徴です。

小さくてプラグ折れるの最高じゃん!」と反射的にポチってみたので、本記事ではサイズ感や充電性能を紹介していきます。

iPhone12を買ったけど、「どの急速充電器買おっかなー」と迷っている人の参考になれば幸いです!

2021年4月17日まで、500個限定35%オフで販売中。Amazonで1092円で買えるチャンス!安すぎます。

20W出力急速充電器「PA-Y20S」の外観・サイズ比較

こちらがAUKEY「PA-Y20S」です。

カラーは白or黒が選べます。

見ての通り、がっつりプラグ折畳式。指で開閉しやすいよう工夫された形状になってます。

 

最大20W出力のUSB-Cポート(PD3.0対応)が1つだけ備わってます。

正面はシンプルなフラット形状。全体的につるっとしたプラ素材で作られてます。

CHASUKE
糸くずのホコリが付きやすい。

 

サイズは32×36×36mmで、重さは43gです。若干ですが、プラグ側に広がる台形形状となってます。

手にすっぽりとおさまるサイズです。

 

以前に購入したプラグが畳めない20W充電器「Aukey Omnia mini」と並べると、PA-Y20Sのが一回り大きいのがわかります。

Omnia Mini|PA-Y20S

うーん。

「もう少し小型化できたのでは?」というのが本音です。

Omnia Mini|PA-Y20S

また、個人的には、Omnia Miniのマットな質感の方が高級感があって好み。

 

▼Apple純正の20W充電器と並べてみました。

Omnia Mini < PA-Y20A < Apple純正の順にコンパクトです。プラグが隠せるのは大きなアドバンテージですね。

CHASUKE
ここでも、Omnia Miniの小ささが際立ってますね。

20W出力USB-C充電器「PA-Y20S」の性能

AUKEY PA-Y20Sには、PD3.0対応のUSB-Cポートが1つだけ備わってます。

実は、iPhone12シリーズから、最大20Wの急速充電がサポート(以前は最大18Wまで)され、たった30分で55%まで回復できます。ちなみに従来のiPhone付属充電器では20%でした。。。

急速充電には、USB-C to Lightningケーブルが必要となります。

 

実際に、iPhone12 Proを使って、充電スピードを測定してみると、2.18A × 9.1V = 19.8Wでした。そのまま充電を続けると、30分で7%→64%まで回復しました。

CHASUKE
期待通りの性能で安心です。

20W出力USB-C充電器「PA-Y20S」のレビューまとめ

以上、プラグ折り畳み式20W充電器「PA-Y20S」を簡単にレビューしました。

充電性能はしっかりしており、プラグも折り畳めるのでかさばる事もありません。

▼価格もお手頃です。今なら1000円ちょいで買えます!

2021年4月17日まで、500個限定35%オフで販売中。Amazonで1092円で買えるチャンス!安すぎます。

 

▼プラグを折りたたむ必要がないなら「Omnia Mini」のが小型で質感も良いです。

AUKEY Omnia Mini 20W
AUKEY

Amazonでお得に買い物

Amazon.co.jpで買い物するならギフト券を現金チャージするのがお得です。チャージごとに最大2.5%分のAmazonポイントがもらえます。また、5000円チャージで1000円分ポイント還元キャンペーンも実施中!!

詳しくはコチラ

  • この記事を書いた人

CHASUKE

某IT企業でエンジニアをしているCHASUKEです。 当ブログでは生活を便利にするガジェットやサービスなどライフスタイルに関わる様々な情報をお届けします。レビュー依頼も受け付けています。「お問い合わせ」より気軽にご相談ください。

© 2021 CHASUKE.com