『Raspberry Pi Zero WH』スターターキットを購入してみた!!

CHASUKEの記事をシェアする..

どうも、Chasukeです。

なんだかんだで我が家に3台目のラズベリーパイ(ラズパイ)がやってきました。

今回は、通常モデルのラズパイではなく、「Raspberry Pi Zero WH」を購入してみました。

こちらのモデルは、通常モデルと比べ処理能力は落ちるが、65×30mmまでに小型化されています。モデル名の後ろについた「W」はワイヤレスを意味し、Wi-Fi/BLEの通信機能がしっかりと搭載されています。

さらに「H」はGPIOピンヘッダーを意味し、センサー類の取付に必要なGPIOが最初からはんだ付けされています♪

今回はトップ画像にある通り、動かすために必要なラズパイ周辺機器がセットになった「スターターキット」を購入しました。相性とかもあるので、パーツを1つずつ選ぶのはしんどいです。

▼以前のラズパイ3もスターターキットで購入

ラズパイ導入するならスターターキットがとても簡単って話
どうも、CHASUKEでございます。 G.W.も残り半分となってしまいましたね。 さて、G.W.はiPhoneアプリを作成すると目標...

開封/設定して、手始めにカメラモジュールで遊んでみました。

それでは、いってみましょう。

SPONSORED LINKS

全部入り『ラズパイゼロWH スターターキット』

購入したのはこちら。

[開封] 同封物の確認

さっそく開封していきますぜ。

同封されているものは以下の6点です。

  • Pi Zero WH本体
  • 公式ケース
  • USB電源アダプタ
  • microSDカード(※OS書込済 8GB)
  • mini HDMI変換アダプタ
  • micro USB変換ケーブル

通常モデルのラズベリーパイと比べて、USBやHDMI規格が一回り小さいです。なので変換アダプタが必要になってきます。動作実績があるSDカードや電源アダプタがセットになっているので安心です^^

▼こちらが『Raspberry Pi Zero WH』です。小さいですねー。

奥側の黒い針山がGPIOです。手に刺さらないように気をつけましょう。

▼裏面には、技適マークあり。

▼同封されていたのは、TEAMジャパンのmicroSDカード。

写真とか貯め込むつもりなら、もう少し大きめなSDカードがおすすめです。32GBくらいに乗せ変えようか迷っております。

▼電源アダプタ(5V/1A)は、ケイエスワイのもの。

▼こちらは、ラズパイゼロの公式ケースです。

ケースの蓋は3種類用意されていました。

ですが、GPIOピンがついた当モデルだと、左の蓋しか付けられません。右のカメラモジュールのものが使いたかったのですが、残念!!

ということで、GPIOを利用ぜず、カメラをメインで利用される方はGPIO無しの『Raspberry Pi Zeor W』を選びましょう。GPIOは後からでも装着できますので。

ちなみに、赤ケースに入っているのは「滑り止めゴム脚シール」と「カメラモジュール変換アダプタ」でした。ラズパイゼロは、カメラモジュールの規格も小さくなっているので、こちらの変換アダプタは有り難い!!

公式ケースに「Raspberry Pi ZERO WH」を装着

▼ケースに装着前に、カメラケーブルを装備。

ケースに入れちゃうと付けれませんので..

▼SDカードもお忘れなく

▼4隅の穴でしっかり固定できます。

▼先ほど言っていた問題がこちら。

このGPIOピンの部分がくり抜かれたタイプの蓋しかハマりましぇん..(><)

電源オン!!

お待たせしました。電源アダプタを繋いで電源オンです。

適当なディスプレイとHDMIを繋いでます。

▼右下あたりのLEDが緑色に光ります。

スターターキットということで、電源オンすれば、デスクトップが表示されると思いきや、表示されたのはインストール画面。

いやいやいや..

OSインストールは不要のはずなんだが..

スターターキットってOSインストール不要が売りじゃなかったっけ。だが「終了」ボタンは押せない。悩んでいても前に進めないので、再インストールすることにしました。どなたか分かる方、教えてくださいm(_ _)m

▼操作するにはマウスやキーボードが必要!!

USBポートの数が足りないので、ハブがあると便利です。僕はマウスとキーボードを差し替えて頑張りましたが..

▼「WiFi networks」から自宅の無線WiFiに接続しました。

▼無線に接続したらインストール候補が増えた。

「Raspbian[推奨]」を選択して、インストール!!

▼上書きされます。と言われても仕方ないやんけ。

レッツゴー。

これで、インストールが開始します。めちゃくそ時間がかかります。ディスプレイのHDMIは外しておきましょう。4時間待って50%だったので、寝ましたw

OSインストール後の初期設定

次の日に見たら、ちゃんとインストールされてました^^イエーイ!!

▼手元のMacでアクセスするため『SSH』を有効にしました。

デスクトップ左上 – [設定] – [Raspberry Piの設定] – [インターフェース]

  • カメラ(※後で利用するので)
  • SSH
  • VNC(※リモートデスクトップ用)

▼MacのターミナルからSSH接続が可能になりました。

$ ssh pi@[ラズパイZEROのIPアドレス]

▼SSH接続できたので、以下パッケージやらファームウェアを更新しておきます。

// Raspbian のパッケージを更新
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get upgrade
$ sudo apt-get dist-upgrade

// 最新版のファームウェア
$ sudo rpi-update

// 再起動
$ sudo reboot

カメラモジュールで遊ぶ

これだけじゃ、つまんないのでカメラで遊んでみました。

▼使ったのは、ラズパイ公式「カメラモジュール V2.1」

白が通常カメラモジュールで、静止画撮影は808万画素、動画撮影は1080p(30fps)、720p(60fps)、640×480(90fps)をサポートと高性能です。

これを使っていきます!!

ちなみに、黒の方は暗闇撮影用の赤外線カメラモジュールでございます。

▼公式ケースでカメラモジュールを使うと、こうなっちゃうw

前述のGPIOピンヘッダー無しモデルなら、公式ケースの蓋部分に固定可能です。

▼カメラモジュールが認識されているかのチェックコマンド

$ vcgencmd get_camera
supported=1 detected=1

▼はーい、撮りますよー。

▼コマンドは、たったこれだけ。

// raspistill:静止画撮影コマンド
$ raspistill -w 1280 -h 800 -o image.jpg

カレントディレクトリにimage.jpgという名前で、幅1280×高さ800pxのファイルが作成されます。ちなみに、今回はやってませんが動画撮影は「raspivid」コマンドを使います。

※ファームウェアが古かったり、モジュール接続が甘かったりするとこんなエラーが出ます。接続やファームウェア更新し、再起動後にチェックして見てください。

$ raspistill -w 1280 -h 800 -o image.jpg
mmal: Cannot read camera info, keeping the defaults for OV5647
mmal: mmal_vc_component_create: failed to create component 'vc.ril.camera' (1:ENOMEM)
mmal: mmal_component_create_core: could not create component 'vc.ril.camera' (1)
mmal: Failed to create camera component
mmal: main: Failed to create camera component
mmal: Camera is not detected. Please check carefully the camera module is installed correctly

▼撮れたのがこちら。(※FTPで取ってきました)

Amazonのワンちゃん「ポチ」。

同封の専用器具でカメラフォーカスを弄ることで、綺麗に撮れます。こちらのページに詳しくピント調節が説明されています。

これで、簡易的なセキュリティカメラができました..

最後に

スマートホーム用にラズパイを導入しました。

手始めにカメラモジュールで遊んでみましたが、主に自宅環境の監視やAIスピーカーの連携をメインで使おうと考えてます。Apple Homekit対応製品をラズパイかませて、AmazonのEchoデバイスで操作してやろうと企んでます。

ラズパイ購入をお考えなら、価格も手頃でワイヤレス対応されている「Raspberry Pi Zero W」って選択肢もありですよ〜!!

▼合わせてセンサー類も購入したので、後日紹介していきますねー。

それではまた。