充電器

【Anker PowerPort Atom III レビュー】GaN採用の最大60w充電器。RAVPower RP-PC112と比較!

どうも、CHASUKEです。

MacBook Proを使っていて困るのが、充電器がデカすぎる問題。持ち運ぶ機会が多い人にとって、小型かつ高出力の充電器はマストアイテムです。

良い感じの充電器を探してみると、この2つで迷うはず。なぜなら僕がそうだったから。

CHASUKE
僕は迷いすぎて、両方とも買っちゃいました

上記のように形状が違います。僕の場合、カバンやポーチに合わせて充電器を分けるというブルジョアな使い方に落ち着きました。

以前、RAVPower「RP-PC112」のレビューをしたので、本記事では「Anker PowerPort Atom III」のレビューを書きます。特にサイズ感が迷いどころなので、Apple純正やRAVPowerの充電器を並べて比較させてみました。

CHASUKE
どっち買うか迷っている人の参考になれば幸いです
RAVPower 61W USB-C充電器 RP-PC112
RAVPOWER

Anker PowerPort Atom IIIの外観・スペック

信頼と実績のAnkerです。この箱を見るだけで安心しますよね。

そして、こちらが「Anker PowerPort Atom III 60W」です。

本体カラーはホワイトのみ。片面のみANKERロゴがありました。

プラグはこの通り、シャキンとキレよく折り畳み可能です。

充電器サイズは61×58×28mmであり、重さは132gとなってます。

充電ポートはUSB-Cが1つだけあります。

PD対応充電器で、最大60Wまで高出力に給電できます。その他、Anker独自技術「PowerIQ 3.0」に対応し、接続デバイスに応じた最速な電力供給をしてくれます。

上部にLEDがあり、コンセントに接続すると青く光りますが、特に眩しい感じはしない。

よくあるノートPC付属の60W出力充電器と比べて、35%以上小さく、持ち運びやすさを追求されています。

CHASUKE
Apple純正の充電器と比べると圧倒的に小さい

Anker PowerPort Atom IIIの性能

コンセントに挿し込んで、MacBookを充電してみた。

しっかり60W出力で電力供給できている。

ちなみに、僕のMacBook Proは16インチモデルなので、付属の充電器は96W出力です。Anker PowerPort Atom IIIは60Wまでなので、フルスピードでの充電はできない。しかし、36W分が不足した状態でMacBookをイジっていても、電池残量が目減りした事は一度もありません。もちろん、作業内容にも寄りますが。

ゼロから100%までの充電時間

  • 純正充電器96W  :2時間弱
  • Anker充電器60W:3時間弱

使用中は、本体がけっこう熱くなります。持てないほどではないが、この辺りは「RAVPower RP-PC112も同様」です。

充電器サイズの徹底比較

下記3つの充電器を徹底比較してみた。

  1. Apple USB-C電源アダプタ
  2. Anker PowerPort Atom III
  3. RAVPower RP-PC112

数値的に見ても、やはりRAVPowerの充電器が最も小型で軽量となる。

Apple USB-C
電源アダプタ
Anker PowerPort
Atom III
RAVPower
RP-PC112
価格
(Amazon)
¥8,580¥3,999
セール:¥2,799
¥4,599
セール:¥3,599
最大ワット96W60W61W
サイズ8.0×8.0×2.8 cm6.1×5.8×2.8 cm4.9×4.9×3.2 cm
体積179.2 平方cm99.1 平方cm76.8 平方cm
重さ 295g132g105g
CHASUKE
一番左は、16インチMacBook Proに付属する純正充電器

 

まずは横向き。

こう並べてみるとRAVPowerのサイズが圧倒的に小さい。

続いて、縦向き。

RAVPowerは意外と厚みがある形状をしています。

中央のAnkerは、RAVPowerを両サイドから押し潰して平たくしたような形状です。

上から見下ろすとこんな感じ。

Apple充電器のデカさが際立ってます。AppleもGaN充電器で本気出して欲しいですね。

やはり、RAVPower小さい

ただし、厚みが無ければ、カバンやポーチのポケットに嵩張らずに収納がしやすい。何気に使いやすい形状にも見えてきた。

CHASUKE
実際、薄いガジェットポーチではAnkerの方が収まりが良い

 

続いて、プラグの位置。

並べてみると、Ankerの方が少しだけ上にある。

プラグを挿し込むと、これだけ違いが出ます。

最後に

以上、GaN採用の60w充電器『Anker PowerPort Atom III 60W』でした。

RAVPower RP-PC112と比べると、小型だとは言い難いですが、それでも十分に小さいです。

価格や信頼のあるAnkerを考えると、こっちを選ぶのも有りですね。僕は使い分けてます。

RAVPower 61W USB-C充電器 RP-PC112
RAVPOWER

それではまた。

Amazonでお得に買い物

Amazon.co.jpで買い物するならギフト券を現金チャージするのがお得です。チャージごとに最大2.5%分のAmazonポイントがもらえます。また、5000円チャージで1000円分ポイント還元キャンペーンも実施中!!

詳しくはコチラ

こちらの記事も読まれてます

  • この記事を書いた人
CHASUKE

CHASUKE

某IT企業でエンジニアをしているCHASUKEです。 当ブログでは生活を便利にするガジェットやサービスなどライフスタイルに関わる様々な情報をお届けします。レビュー依頼も受け付けています。「お問い合わせ」より気軽にご相談ください。

Copyright© CHASUKE.com , 2020 All Rights Reserved.