ラズパイ

キーボード一体型ラズパイ「Raspberry Pi 400」の初期設定&レビュー!

なんだかんだ新しいラズパイが登場すると購入してしまうCHASUKEです。

今回は、ようやく日本で発売されたキーボード一体型ラズパイ「Raspberry Pi 400」を購入。キーボードはUS配列を選びました。

いつもの基板剥き出しのものとは異なり、見た目は少し可愛いキーボード。SDカードや電源を繋いで、いつもどおりに使えます。

ということで本記事では、Raspberry Pi 400の外観や初期設定を中心に、軽く触ってみた使用感を書いていきます。

Pi 400を知らなかった人を含め、ラズパイ選びの参考になれば幸いです。基板剥き出しのラズパイに抵抗があった人は、ぜひチェックを。

created by Rinker
Raspberry
¥15,900 (2021/10/17 15:59:52時点 Amazon調べ-詳細)
CHASUKE
スイッチサイエンスで9,790円で購入。人気モデルなので、今は在庫切れです…。

Raspberry Pi 400 のスペック(ラズパイ4との比較)

Raspberry Pi 400は、キーボード搭載の小型パソコン。いや、ラズパイ内蔵キーボードというべきか…。Webや動画視聴、資料作成、プログラミング学習などいろいろな用途で使えます。

個人的にラズパイ4Bとの違いが気になったので、先に比較表を作成しました。ほぼ同じ。

 Raspberry Pi
400
Raspberry Pi
4B
CPUARM Cortex-A72
Broadcom
BCM2711 1.8GHz
ARM Cortex-A72
Broadcom
BCM2711 1.5GHz
メモリLPDDR4-3200
4GB
LPDDR4-2400
1GB/2GB/4GB/8GB
通信IEEE 802.11.b/g/n/ac
2.4GHz/5GHz
Bluetooth 5.0
同左
有線LANギガビットイーサネット同左
映像出力microHDMI×2(HDMI2.0)
4k@60Hz
同左
電源USB Type-C(5V3A)同左
USBUSB3.0×2
USB2.0×1
USB3.0×2
USB2.0×2

価格はRaspberry Pi 4Bの8GBモデルとほぼ同じ1万円弱です。

 

▼Raspberry Pi 400の搭載ポートはこちら。

  1. GPIOヘッダー
  2. microSDカードスロット
  3. microHDMI ×2
  4. USB-C(電源用)
  5. USB-A 3.0 ×2
  6. USB-A 2.0
  7. ギガビットイーサネット
CHASUKE
3.5mmオーディオジャックやUSB-Aが1つ削られてますが、GPIOは健在です。

Raspberry Pi 400 の外観

Raspberry Pi 400のパッケージはこんな感じ。

中身は、キーボード一体型ラズパイのみ。電源やHDMIケーブルは別途用意が必要です。

キーボードは日本語配列も選べましたが、普段使ってるUS配列をチョイスしました。

サイズは286 × 122 × 23 mmで、僕が普段使ってる「Satechi Slim X1 Bluetooth Backlite Keyboard」とほとんど同じサイズ感でした。

重さは約380gほど。

 

▼キーボード裏に基板が内蔵されており、タイピングしやすい傾斜構造になってます。

CHASUKE
これが、ラズパイだなんて…。

 

▼背面には、ラズパイマークが。

ラズパイらしい可愛らしいカラーリングで、排熱穴が空いてますが、熱処理は気になるところ。

 

▼キーボードに各種ポートが並んでます。

GPIOピンはゴム製の蓋が用意されています。

CHASUKE
では、初期設定にいきます。

Raspberry Pi 400 のOSインストール&初期設定

Raspberry Pi 400を使う前の初期設定を書いていきます。合わせて、ラズパイ初心者向けに、必要な周辺機器も紹介しています。

初期設定に掛かる時間は、待ち時間も合わせて、約1.5時間ほどかかった。時間に余裕がある時にやるのがおすすめです。

 

初期設定に必要な周辺機器

初期設定には、この4点セットが必要です。実際に、僕が揃えたものをリンクにしてます。

CHASUKE
一体型なので、有線キーボードが要らなければ接続の手間も不要。当然ではあるが、このメリットは大きいよね。

 

▼microSDカードに、ラズパイOSを事前にインストールしてセットする必要があります。

今回、SanDiskの32GBのモデルを使いましたが、問題なく使えています。

CHASUKE
SDへのOS書き込み方法は後ほど紹介します。

 

電源ケーブルは、5V×3A出力のものが必要。

先端がUSB-C端子になっているものを選びましょう。もう片方はコンセントのタイプです。

microHDMIケーブルは、使用する外部モニターの端子に合わせて用意が必要です。

今回はHDMIケーブルと合わせて、microHDMIポートへの変換アダプタを揃えました。

有線マウスエレコムのものを使ってます。

USBの端子とケーブルを綺麗に収納して、コンパクトに保管できるのがお気に入り。

CHASUKE
有線マウスを持ってない人におすすめ。

 

ラズパイOSのインストール方法

microSDカードに、ラズパイのOSを書き込みます。ちょっと前までは手間がかかる作業でしたが、今は公式ソフトを使って簡単にOSイメージをSDに書き込むことができます。

ダウンロードページ

MacでもWindowsでも使えます。

使い方はとても簡単。OSと書き込むmicroSDカードを指定してから、「WRITE」を押すだけです。あとは待つだけ。

今回は、OSに「RASPBERRY PI OS(32-BIT)」を指定して作成しました。

CHASUKE
40分ほどかかりました。

 

初期設定の方法

OSイメージを書き込んだmicroSDカードと電源を接続して、初期設定していきます。

▼モバイルモニターに接続しました。

電源に接続すると、お馴染みのデスクトップが表示されました。今だとお寺の壁紙です。

ですが、4Kモニターを使っているので、画面がめちゃめちゃ小さい…w

ディスプレイ設定「設定 - Screen Configuration」から「1920×1080(フルHD)」に変更すると、ちょうど良くなった。

では、設定していきます。

国設定を「Japan」にして、USキーボードのチェックをオンにします。

▼初期ユーザー「pi」のパスワードを変更できます。※デフォルト「raspberry」

空欄で次に進めば、デフォルトのままになる。

 

▼続いて、スクリーンの設定です。

画面の周りに黒い余白がある場合にチェックすると、画面サイズがぴったりフィットします。

▼続いて、Wi-Fi接続です。

SSIDを選んで、パスワードを入力します。

▼最後にソフトウェアの更新をして終わり。

約15分ほどかかった。

 

▼これでセットアップは完了。再起動すると、初期設定が反映されて立ち上がります。

あとでミスに気づいた場合は、下記のコマンドで何度でも修正できます。

$sudo piwiz
CHASUKE
僕も何度かやりました。

 

USキーボードで日本語入力する

USキーボードで日本語入力する場合には、別途ソフトウェアが必要になります。

▼ターミナルを起動して、以下を入力します。

# パッケージの更新
$sudo apt update
# 日本語入力するためのパッケージ
$sudo apt install fcitx-mozc
# 再起動
$sudo reboot

 

再起動後、設定画面(設定-Fcitx設定)から日本語入力のON/OFFキーを変更できます。

デフォルトは「Ctrl+スペース」です。

CHASUKE
これでブラウザで日本語入力できるようになった。

 

▼キーボードの打鍵感は、可もなく不可もなく

コンパクトにタイピングができます。

ブラウジングは少し読み込み表示が遅い気もするけど、全然使えます。当ブログもばっちり。

YouTube(1080p画質)再生も全然問題なし

気になってた動作音は問題なし。とても静かに使えます。動画再生する程度なら、熱が籠ってる感じはなく、裏がほんのり暖かくなるくらい。

CHASUKE
まぁ、使い方にも寄るとは思います。

 

普通のパソコンのように使える

Linux系OSではあるが、デスクトップが用意されて、普通のパソコンのように使えます。

キーボードの「F10」が電源ボタンになっており、F10キーで電源ONFn+F10キー長押しで電源OFFと操作ができました。

ネットや動画、ポータブルSSDを接続して、データのやりとりも問題無しです。

キーボード一体型のメリットが薄れるが、常時起動のサーバーとして活用することも可能です。

CHASUKE
プログラミングやLinux操作の学習にも最適だと思います。

 

お絵描きソフトで絵を描いたり、もう、なんでもできますね。

# インストールコマンド
$sudo apt install tuxpaint
CHASUKE
娘と遊ぶのにはちょうど良いな。

Raspberry Pi 400 のレビューまとめ

以上、Raspberry Pi 400を購入したので、初期設定の方法と触ってみた所感を書きました。

キーボード一体型という面白さに惹かれて、あまり目的を考えずに衝動買いしてしまったが、なかなか使える印象です。子供と一緒に遊びながら使っていこうと思ってます。

created by Rinker
Raspberry
¥15,900 (2021/10/17 15:59:52時点 Amazon調べ-詳細)
CHASUKE
記事はここまで。CHASUKE(@chasuke__)はTwitterでも便利なガジェットをつぶやいてます。こちらもぜひ!

Amazonでお得に買い物

Amazon.co.jpで買い物するならギフト券を現金チャージするのがお得です。チャージごとに最大2.5%分のAmazonポイントがもらえます。また、5000円チャージで1000円分ポイント還元キャンペーンも実施中!!

詳しくはコチラ

  • この記事を書いた人

CHASUKE

IT企業につとめる30代サラリーマンブロガーです。当ブログでは、実際に使ってよかった役立つガジェットや製品をお届けしてます。面白い機能や素敵なデザイン、少し尖ったアイテムが特に好きです。ご質問・ご意見は「お問い合わせ」まで。レビュー依頼もお待ちしております!

© 2021 CHASUKE.com