スマート製品

Nature Remo 3とNature Remo mini 2を比較してみた!

どうも、CHASUKEです。

家電のスマホ操作を可能にするスマートリモコン「Nature Remo」には、2つのモデルが存在するため、こんな質問をよくもらいます。

「RemoとRemo miniでどう違うの?」
「RemoとRemo miniのどっちが良いの?」

今回は、そんな疑問に答えていきます。

 

Nature Remoは、毎年のように進化を遂げており、それぞれ下記が最新世代となっています。

  1. Remo 3世代
  2. Remo mini 2世代

今回は、この最新モデル同士を比較していきます。

 

ズバリ、価格以外の違いは4つ!

  1. 外観・デザイン
  2. 同梱する付属品
  3. 搭載センサーの有無
  4. Bluetooth製品の操作

▼詳しい比較表がこちら。

 Remo Remo 3
Remo-1W3
Remo mini 2
Remo-2W2
発売日2020年8月5日2020年12月24日
定価¥9,980¥6,980
対応家電赤外線リモコン家電
特定のBluetooth家電
赤外線リモコン家電
センサー温度
湿度
照度
人感
温度のみ
通信Wi-Fi
赤外線
Bluetooth
Wi-Fi
赤外線
Bluetooth(設定時のみ)
サイズ70×70×18mm58×58×16mm
重さ40g23g

価格差は3000円であり、上に挙げた4つの違いがあります。

本記事では、写真を交えながら、Remo 3とRemo mini 2の違いを徹底比較していきます。どっちを買おうか迷ってる人の参考になれば幸いです。

CHASUKE
それでは参りましょう。
created by Rinker
Nature
¥4,980 (2021/09/26 02:43:33時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Nature Remo
¥9,980 (2021/09/26 13:53:10時点 Amazon調べ-詳細)

外観と付属品の違い

Remo mini 2

Remo 3

パッケージは、どちらもシンプルでエコな感じです。

では、本体を見ていきます。

本体外観

 Remo mini 2
Remo-2W2
Remo Remo 3
Remo-1W3
サイズ58×58×16mm70×70×18mm
重さ23g40g

Nature Remo miniは、機能を削ることで、サイズが小型・軽量化されたエントリーモデルです。

▼手に載せるとサイズがわかりやすい。

正面のデザインは、どちらもシンプルに真っ白です。どんなお部屋にも溶け込みます。正面はマットでサラサラとした手触りで高級感があります。

画像をよく見ると、Remo miniの中央に円形模様が、Remoの下部にロゴマークが刻まれています。

また、リモコン操作すると本体が光りますが、この光り方が異なります。Remo miniは側面にある小さなLEDランプが光るだけに対し、Remoは本体正面がぼんやり丸く光る仕様になってます。

Remo miniの方だけ、給電端子の横にLEDランプがあります。それと、素材が全面と背面で違います。

Remo miniの背面は「つるつる」で光沢のある素材に対し、Remoは光沢が抑えられたシルバーです。Remoの方が質感の良さが感じられる。

どちらもmicroUSB給電であり、リセットボタンや壁掛け機能は同じです。

▼USBケーブルを繋ぐと、こんな感じになる。

CHASUKE
根本の膨らんだ部分が内側に、きちんと収まります。

 

付属品

Remo mini 2

Remo miniは、USBケーブルが同梱されてます。

電源アダプタが揃ってないので、手持ちのUSB-A電源アダプタを使う必要があります。

CHASUKE
前にiPhoneで使ってたアダプタを使ってます。

 

Remo 3

Remoでは、電源アダプタが一体型のUSBケーブルが同梱されています。

すっきりした綺麗なデザインが良い感じ。

機能の違い

Remoで使える機能一覧がこちら。

  1. スマホから家電の遠隔操作
  2. スマートスピーカーによる音声操作
  3. Siriショートカットによる操作
  4. 4つのセンサーを搭載
  5. センサー情報やGPSによる自動操作
  6. タイマー操作/一括操作
  7. IFTTT/公開APIによる操作
  8. 他社Bluetooth製品の操作

上記機能において、Remo miniとの違いがあるのは、赤字箇所2つだけです。ここを詳しく見ていきます。

CHASUKE
残りは、スマホアプリの操作感も含めて全て同じです。

 

搭載センサーが1つだけ

モデルRemo Remo 3
Remo-1W3
Remo mini 2
Remo-2W2
搭載
センサー
温度
湿度
照度
人感
温度のみ

搭載センサーについて、Remo 3は、上の4センサーに対し、Remo mini 2は、温度センサーのみになります

センサー情報はスマホで見ることができます。また、センサーを使えば、「指定温度より下がったら、エアコンをつける」「人が居なくなったら、電気を消す」といった自動操作(オートメーション)ができます。

温度・湿度・照度がみえる

センサーを自動操作に使える

Remo miniでは、上のオートメーション機能が温度センサーのみしか使えません。フル活用したいのであれば、Remoがおすすめです

 

他社Bluetooth製品の操作可否

続いて、他社Bluetooth製品の操作について。

上位モデルRemoは、一部のBluetoothを使うスマート製品を操作できます。現在は「めざましカーテンmornin' plus」と「スマートロックQrio Lock」が対応しています。

▼それぞれ、操作画面はこんな感じ。

mornin' plus

Qrio Lock

Remo miniでは、これら製品が操作できません

これらの製品を使っている人、もしくは使う予定の人には、Remoがおすすめです。

Remo miniにもBluetooth通信が備わっているが、設定時のみ使用されます。製品の操作には使えないのでご注意を。

赤外線送信性能の違い

最後に「スマートリモコンで肝心な赤外線送信の性能はどうなの?」という声が聞こえてきそうなので、書いていきます。

結論からいうと、どちらも性能に差異はない

リビングで約8メートルほど距離をとって、両者のリモコン操作をテストしましたが、どちらも問題なく使えました。だが、これだけでは心配だったので、Nature社にこんな問い合わせをしました

Remo 3とRemo mini 2で「赤外線送信の反応速度および送信範囲」の違いはどの程度ありますか?

これに対し、返ってきた回答がこちら。

Remo 3とRemo mini 2の赤外線の違いに関しましてですが、仕様の詳細に関しましては公開していないのですが、反応速度と送信範囲に関しましてはどちらも違いはございません。(厳密には送信範囲が多少異なりますが、明確に実感できるほどの差はございません)

CHASUKE
赤外線送信に関しては、気にする必要はなさそうだ。

RemoとRemo miniの比較 まとめ

以上、Nature Remo 3とNature Remo mini 2について、徹底的に比較をしてみました。

基本的には、価格やサイズがコンパクトなRemo miniで十分です。ただし、「センサー情報を使って、家電を自動操作したい」「めざましカーテンやスマートロックの操作もしたい」という要望があるなら、迷わずRemoを選びましょう。

Nature Remo mini 2

created by Rinker
Nature
¥4,980 (2021/09/26 02:43:33時点 Amazon調べ-詳細)

Nature Remo 3

created by Rinker
Nature Remo
¥9,980 (2021/09/26 13:53:10時点 Amazon調べ-詳細)

▼それぞれ前世代との比較記事です。こちらも参考にどうぞ!

【レビュー】Nature Remo mini 2を購入。前回モデルと比較してみた!
Nature Remo 3と旧型Remoの違いを比較してみた【レビュー】

Amazonでお得に買い物

Amazon.co.jpで買い物するならギフト券を現金チャージするのがお得です。チャージごとに最大2.5%分のAmazonポイントがもらえます。また、5000円チャージで1000円分ポイント還元キャンペーンも実施中!!

詳しくはコチラ

  • この記事を書いた人

CHASUKE

IT企業につとめる30代サラリーマンブロガーです。当ブログでは、実際に使ってよかった役立つガジェットや製品をお届けしてます。面白い機能や素敵なデザイン、少し尖ったアイテムが特に好きです。ご質問・ご意見は「お問い合わせ」まで。レビュー依頼もお待ちしております!

© 2021 CHASUKE.com