充電器

【レビュー】90W出力のUSB PD 2ポート充電器「RP-PC128 」をMacBook Pro 16”用に購入!

2020年4月26日

どうも、CHASUKEです。

これまでMacBook Pro16"の持ち運び用として、61w出力できる充電器「RAVPower RP-PC112」を使ってました。

最近、iPad Proも購入したこともあり、USB-C PD充電のポート数と容量に不満を感じてました。

そんな中、RP-PC112より一回り大きくなり、USB PD対応USB-Cを2ポート搭載し、最大90W出力できる充電器「RAVPower RP-PC128」が登場しました。

CHASUKE
なんとポート単独利用なら最大90w出力が可能!

 

以前の「RAVPower RP-PC112」が自分の中で好評だったので、MacBook Pro16"のお供に購入してみました。

本記事では、USB PD対応USB-Cを2ポート搭載した充電器「RAVPower RP-PC128」をレビューしていきます。

MacBook Pro16"のApple純正の充電器とのサイズ比較や、どれほど充電スピードに違いが出るかなど計測してみました。

CHASUKE
GaN(窒化ガリウム)採用で、Apple純正充電器よりも小型軽量化を実現しています!

RAVPower RP-PC128の外観とサイズ感

こちらが90w出力2ポート搭載の「RAVPower RP-PC128」のパッケージ。

やや箱が大きく感じた理由は、USB-C充電ケーブルが同梱されていたためでした。

同封の充電ケーブルは約1.6mありました。

2ポート搭載で合計で最大90Wまで出力可能。

どちらのポートも単独利用で最大90Wまで出力できます。USB-C PD3.0に対応し「5V/3A9V/3A12V/3A12V/3A15V/3A20V/4.5A」のプロファイルで出力されます。

▼充電器本体は手に持つとこんな感じ。

サイズは約65×65×32mmで、重さは190gあります。

これまで1ポート61Wの「RAVPower RP-PC112」を使っていたのでやや大きく感じてしまったが、2ポートで90Wでこのサイズと思うと小さい

▼Apple純正96w充電器と比べると十分に小型・軽量となってます。

CHASUKE
Apple純正は300gあり!

 

RAVPower 61w RP-PC112Apple純正96w充電器の3つを並べてみました。

ちょうど中間のサイズでしょうか。

▼横幅はApple純正品より大きい。

▼数値で見るとこんな感じ

ppppppRAVPower
RP-PC112
RAVPower
RP-PC128
Apple USB-C
電源アダプタ
最大W61W90W96W
ポート121
サイズ4.9×4.9×3.2cm6.5×6.5×3.2cm8.0×8.0×2.8cm
体積76.8 平方cm135.2 平方cm179.2 平方cm
重さ105g190g300g
CHASUKE
スライドして3つを比較できます

 

▼見てのとおりですが、プラグは折りたたみ式。

同梱のUSB-C to USB-C充電ケーブルで90w給電が可能です。

外観とサイズ感は以上とし、続いて16インチMacBook Proで使ってみます。

MacBook Pro 16"で充電性能を測定

壁コンセントに挿すとこんな感じです。この向きで挿せば重さで外れる事はなさそうです。

▼空きポートも何とか使えますね。

実際に、単ポート利用2ポート同時利用でMacBook Pro 16インチを充電し、電圧チェッカーで測定してみました。

どうしても環境や利用状況で結果は変わるので、参考程度で。

 

1ポート単独利用の充電結果

MacBook Proのバッテリー残量が10%以下で計測し、結果は「90w」ちょうどでした。

CHASUKE
イイ感じ!

 

▼実際に充電にかかった時間は以下の通り。参考にApple純正96w充電器の結果も合わせて。

計測時間
(hh:mm)
PR-PC128
90w
Apple純正
96w
00:006%9%
00:1011%20%
00:3038%42%
01:0072%74%
01:5097%100%
02:00100%-

これは早い!!

スタート残量が不揃いなのを考慮すると、ほぼ遜色の無い結果でフル充電できました。

PR-PC112 61w充電器ではフル充電に約3時間かかってました

 

▼充電中は本体が熱くなりますが、触れないほどではない。発熱は抑えれてるようです。

これがGan(窒化ガリウム)の凄さなのだろう。

その他機種での充電参考値

  • iPhone 11 Pro Max:約108分
    →30分で約53%まで充電
  • iPad Pro 11":約146分
    →30分で約34%まで充電
  • Samsung Galaxy S10:約107分
    →30分で約45%まで充電
  • MacBook Pro 15" (2018):約102分

 

2ポート同時利用の充電結果

 

同時利用
MacBook Pro 16" × iPhone XS

MacBook Pro 16"

iPhone XS

PD充電で充電できるiPhoneXSでは15.3Wとなり、MacBook側は60Wで充電できました。

CHASUKE
十分なスピードだが、合計90Wフルフルでは使えないようだ

 

同時利用
MacBook Pro 16" × iPad Pro 2020

MacBook Pro 16"

iPad Pro 2020

iPad Proでは29Wとなり、MacBook側は44Wで充電できました。

こちらも合計で75w出力が可能でした。

最後に(まとめ)

USB PD 2ポート搭載の最大90W出力充電器「RAVPower RP-PC128をMacBook Pro 16"用に購入してみました。

僕の環境では、Apple純正96w充電器と遜色のない充電スピードが得られました。

以前購入したRAVPower 61w 充電器でもフル充電3時間で、給電しながらの利用であれば不満なく使えます。

しかし、RAVPower RP-PC128のメリットはUSB PDが2ポート使える点です。PD充電可能なデバイスを複数お持ちであれば、活躍すること間違いなしの充電器です。

▼高出力のMacBook Proの充電にオススメです。

▼1ポートで十分ならこっち。

RAVPower 61W USB-C充電器 RP-PC112
RAVPOWER

それではまた。

Amazonでお得に買い物

Amazon.co.jpで買い物するならギフト券を現金チャージするのがお得です。チャージごとに最大2.5%分のAmazonポイントがもらえます。また、5000円チャージで1000円分ポイント還元キャンペーンも実施中!!

詳しくはコチラ

こちらの記事も読まれてます

  • この記事を書いた人
CHASUKE

CHASUKE

某IT企業でエンジニアをしているCHASUKEです。 当ブログでは生活を便利にするガジェットやサービスなどライフスタイルに関わる様々な情報をお届けします。レビュー依頼も受け付けています。「お問い合わせ」より気軽にご相談ください。

Copyright© CHASUKE.com , 2020 All Rights Reserved.