スマート製品

SwitchBotキーパッド レビュー|スマートロックの欠点を補う超便利アイテム!

SwitchBotロックで玄関をスマート化しているCHASUKEです。どうも、こんにちは。

今回、新登場の「SwitchBotキーパッド」を導入しました。SwitchBotロックを暗証番号や指紋、カードで施錠・解錠できるアイテムなんですが、結論からいうと、これがとても良かった

▼ドアの外側に取り付け、1プッシュで施錠、ボタンをぽちぽちして解錠ができます。

詳しくはSwitchBotロックの記事を見てほしいですが、個人的に、SwitchBotスマートロックの欠点はココだと感じてます。

SwitchBotロックの不満点

  • 手ぶら解錠・リモコン機能がない
  • オートロックで締め出しリスクあり
  • ゲストへ鍵シェアができない

手ぶら解錠やリモコンが使えないため、どうしても施錠・解錠でスマホを取り出す必要があった。それがこのキーパッドと一緒に使うと、、、

改善されるポイント

  • スマホ不要で施錠・解錠できる
  • 締め出されても問題なし
  • ゲスト用に暗証番号が使える

このように不満点がイイ感じに解消されたわけです。正直、ドアの外側にあるのは、セキュリティ的にも景観的にも抵抗があったのだが、実際のところは思ってた以上に気にならなかった。

この辺りも踏まえ、本記事では、SwitchBotキーパッドをレビューしていきます。外観や、機能や性能をしっかりレビューしていきます。

created by Rinker
スイッチボット(SwitchBot)

SwitchBotキーパッドには、指紋認証の有無が異なるキーパッドタッチ(7,980円)とキーパッド(4,980円)の2種類展開となります。

今回は、指紋認証なしのモデルをレビューしてますが、違いは指紋認証のみ。SwitchBotロックの使い勝手に物足りなさを感じている人は、ぜひチェックしてみてください。

本記事は商品提供をいただき、レビュー記事を作成しております

SwitchBotキーパッドの外観と付属品

お馴染みのパッケージ

SwitchBotキーパッドのパッケージがこちら。

▼コンパクトなパッケージですが、箱の中から付属品がモリモリと出てきました。

付属品

  • キーパッド本体
  • 取付プレート
  • 固定用ネジ一式
  • 型紙シール
  • 固定用両面テープ
  • CR123A電池 ×2
  • 取扱説明書
  • カバー取外し用ピック
  • クリーニングティッシュ
  • SwitchBotカードキー
  • ゴムリング
CHASUKE
これらをチェックしていきます。

 

▼キーパッド本体がこちらです。

ブラックのシンプルデザイン

サイズは、112mm×38mm×36mmとコンパクトな設計。指紋が付きづらいザラっとイイ感じの表面加工が施されてます。ボタンの押し心地も悪くありません。

▼表面に傾斜があり、上から見下ろしても操作しやすく工夫されています。

想像よりも遥かに軽量で、125g(電池込み)しかありません。

背面には僅かな凹みががあり、専用プレートを挟んでドアや壁に固定できるようになってます。

▼乾電池も取外ピックも、全て付属です。

電池はCR123A電池×2本で動作します。1日9回計算で2年間利用できる省エネ設計なのが嬉しいポイントです。

SwitchBotキーパッドの設置方法

本体取り付けに工事や配線は不要です。

金属製の取付プレートを、ネジもしくは両面テープのどちらかで固定します。

両面テープ固定

ネジ固定

本体が軽いので、両面テープで十分だと思います。超強力な3M製ですし。

▼壁やドアにプレートを固定した状態で、このように本体に差し込みます。

▼本体下部に、本体とプレートをリリースするための穴が用意されています。

ここに付属のピンを刺すと、取付プレートから本体をガチャっと取り外しできます。電池交換もスムーズにできて便利ですよね。

▼玄関ドアに取り付けてみました。

ドアに貼ると見た目が悪くなるのでは...。と心配してましたが、シンプルで目立たないデザインなので、思ってたより全然マシだった。

▼目立ちすぎると、盗難やイタズラが気になりますが、その辺りの防止機能も備わってます。詳しくは後ほど。

さらにSwitchBotロックとの距離は最大5m未満の場所ならドコに設置してもいいので、ドアが嫌ならインターホンの近くとかでも作動します。

キーパッドはIP65防水規格で、いかなる方向から雨がかかっても壊れません。さらに、動作環境は「-25℃〜66℃」と厳しい寒さや暑さに耐えれる強靭な作りとなってます。

CHASUKE
では実際に機能や性能をチェックしていきます。

SwitchBotキーパッド で施錠・解錠してみた

まずは、実際に使っている動画をご覧ください。ボタンとカードで施錠・解錠を操作してます。

いかがでしょうか?

個人的には、操作時のレスポンスも早くかなり使いやすい印象を受けました。ボタンもカードキーも、だいたい2,3秒で動作しています。

また、よく見ると操作するたびにキーパッド上部に鍵マーク電池残量マークが表示されています。キーパッドは電池切れが致命傷になるため、毎回チェックできる仕組みは安心ですよね。

▼ボタン操作時のライトや確認音は、アプリでOFFにすることもできます。

ライトOFF状態

ライトON状態

それから、SwitchBotロックには、ホテルのようなオートロック機能が使えます。今まで締め出しを恐れて無効にしてましたが、キーパッドの導入を機に、オートロック生活を始めました。

あなたは帰宅したら、スマホを取り出しますか?それとも、目の前のボタンを押しますか?

CHASUKE
僕の場合、ボタンを選ぶことのが多いです。せっかちな人ほどキーパッドはおすすめ。これに指紋認証があったら、便利に決まってる!

SwitchBotキーパッド で使える便利な機能

ここからはキーパッドの機能を紹介していきます。

▼専用アプリにSwitchBotキーパッドを追加し、SwitchBotスマートロックを紐付けするとこんな画面になります。

デバイス一覧画面

詳細画面

ここに、パスコード(暗証番号)とNFCカードをそれぞれ100個ずつ登録できます。

▼パスコードは数字6〜12桁で、4種類の有効期限を設定可能です。

期間内パスコードは「1時間〜5年まで」、一回のみパスコードは「1時間〜24時間まで」を設定可能。また、緊急パスコードは、入力すると電子メールが送信される特別なパスコードになってます。

手軽に鍵シェアができないSwitchBotロックでしたが、これがあれば、簡単に一時キーがシェアできます。アプリのインストールも不要で超お手軽です。

 

カードキーにも、有効期限が適用できます。

カードなら小さな子供やお年寄りでも使いやすいですよね。万が一、カードを紛失してしまっても、すぐに無効にできるので安心です。

▼続いて、盗難防止機能について。

キーパッドは電池交換のため取り外しができます。

外に放置するので、盗難リスクがあるのですが、ちゃんと盗難防止機能があります。この設定をすると取り外した際に警告ブザーが鳴り、リアルタイムの通知と電子メールですぐに知らせが届くようになってます。

ただし、この盗難防止設定は、SwitchBotハブが必要です。また、SwitchBotハブがあると外出先からでもパスコードを設定可能になるので、頻繁に追加・削除する人には必須といえます。

SwitchBotキーパッド のレビューまとめ

▼レビューをまとめるとこんな感じ。

良い点はココ

  • 小型・軽量(112×38×36mm)
  • 防水・環境適応(-25〜66℃)
  • 玄関前でスマホ操作の必要なし
  • 5m以内なら設置場所を選ばない
  • 電池残量が毎回確認できて安心
  • 盗難防止機能付き
  • オートロックの締め出しがこわくない
  • 子供も高齢者も使いやすい
  • 友人や親戚への鍵シェアが手軽

注意点はココ

  • 一部機能はSwitchBotハブが必要
  • 外に放置する必要がある

外へ放置する心配は少なからずあるものの、しっかり機能を知っていれば安心なアイテムです。

正直、SwitchBotスマートロック単品では、他社のスマートロックに劣るポイントが多かった。が、キーパッドとの組み合わせで一気に化けました

価格は4,980円(指紋認証付きは7,980円)と他社と比べてて高コスパです。SwitchBotロックと合わせても12,980円。SwitchBotロックユーザーに超絶おすすめです。

created by Rinker
スイッチボット(SwitchBot)

▼僕なら指紋付きを買います。

▼SwitchBotスマートロックはこちら。

SwithBotロックの記事

CHASUKE
記事はここまで。CHASUKE(@chasuke__)はTwitterでも便利なガジェットをつぶやいてます。こちらもぜひ!

Amazonでお得に買い物



Amazon.co.jpで買い物するならギフト券の購入(チャージ)がおすすめ。チャージごとに最大2.5%分のポイントが付与されます

チャージへGO!!

  • この記事を書いた人

CHASUKE

IT企業につとめる30代サラリーマンブロガーです。当ブログでは、実際に使ってよかった役立つガジェットや製品をお届けしてます。面白い機能や素敵なデザイン、少し尖ったアイテムが特に好きです。ご質問・ご意見は「お問い合わせ」まで。レビュー依頼もお待ちしております!

© 2022 CHASUKE.com