【Homebridge】SESAME miniをAppleホームで使う方法

CHASUKEの記事をシェアする..

どうも、CHASUKEです。

API公開されているスマートロック「SESAME miniをAppleホームアプリから操作できるようにしました。ラズパイにHomebridgeプラグインを入れて実現しました。

▼こんな感じでAppleホームアプリで使えます。

ということで、今回はこちらの実現方法・出来ることを紹介します

SESAMEやSESAME miniを使っている方で、AppleホームアプリやSiriから家電操作したい人は、ぜひ参考にしてみてください。

avatar

CHASUKE

iPhoneユーザには相性抜群なんだよねー

それでは、やっていきましょう!!

SPONSORED LINKS

Homebridgeとは?

Homebridge(ホームブリッジ)とは、iOS HomeKitAPIをエミュレートし、ホームネット上で実行できるNode.jsサーバーのこと

SESAMEは、スマホやAIスピーカーから操作できる便利なスマートロック。

しかしながら、Apple HomeKitには非対応のため、Apple標準スマートホームアプリには追加できない。そこで活躍するのが『Homebridge』です

ラズパイ(自前PC)にHomebridge用のサーバーを立ち上げることで、あたかもHomeKit対応したかのように振る舞える優れものです。

必要なもの

iOS端末(ホームアプリ)

今回の目的は、Appleホームアプリで利用するためなので、当たり前だけど、iOS11以降がインストールされた端末が必要です。

avatar

CHASUKE

僕はiPhoneXSを使って設定していきます♪

RaspberryPi(ラズパイ)一式

僕の動作環境ではRaspberryPi 3Bに最新OS「Raspbian Stretch with desktop」をインストールして設定しました。

これからラズパイを購入するなら、本体の他にSDカードや電源ケーブルなどの付属品が全て揃ったスターターキットがおすすめ。処理性能が向上した最新モデル「RaspberryPi 3B+」を選びましょう。

検証していませんが、低価格なRaspberryPi Zeroでも実現できると思います。

『Raspberry Pi Zero WH』スターターキットを購入してみた!!
どうも、Chasukeです。 なんだかんだで我が家に3台目のラズベリーパイ(ラズパイ)がやってきました。 今回は、通常モデルの...

SESAMEとWiFiモジュール

今回の方法では、日本仕様の小型・軽量モデル「SESAME mini」でも、元祖「SESAME」のスマートロックのどちらもHomeKit対応できます。

また、ネットワーク経由なのでSESAMEにペアリングされている専用WiFiモジュールも合わせて必要になります。

必要ライブラリのインストール作業

ラズパイを初期設定(WiFi設定など)を実施した後、ターミナルからコマンドを入力し、必要なライブラリをインストールしていきます!!

avatar

CHASUKE

僕はMacBookで作業してます。Windowsの人は適宜読みかえ願います。

事前準備

設定していく前に、パッケージの最新化をしておきましょう。

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get upgrade

Node.jsのインストール

Homebridgeは、Node.jsで動くので必要となります。偶数が安定バージョンらしいので、8系をインストールした。

$ curl -sL https://deb.nodesource.com/setup_8.x | sudo -E bash -
$ sudo apt install -y nodejs

実施後は、バージョン確認コマンドでインストールされているか確認する。

$ nodejs -v
v8.15.0
$ npm -v
6.7.0

avatar

CHASUKE

これと全く同じになる必要はないです

Homebridgeのインストール

下記コマンドにてHomebridgeをインストールします。

$ sudo npm install -g --unsafe-perm homebridge

avatar

CHASUKE

これが親玉。これにプラグインを追加していく形になるよ

正常にインストールできたら、下記コマンドでサーバを起動させ、QRコードやHomeKit設定コードがターミナル上に表示されることを確認しましょう。

$ homebridge

これが表示できていれば、成功です。以降設定が続くので、とりあえず「cntrol + c」でサーバ停止しておきましょう。

Homebridgeプラグインをインストール

親玉にプラグインを追加する形で、SESAMEスマートロックを追加します!

SESAMEスマートロックを利用するためのHomebridgeプラグインは「homebridge-sesame」を利用しています。

▼プラグインの取得コマンドはこちら。

$ sudo npm install -g homebridge-sesame
SESAME API V3に対応したhomebridgeプラグインのようです。

avatar

CHASUKE

施錠状況やバッテリーの通知、開閉操作ができるよ

SESAME以外にも、多くのHomebridgeプラグインが揃ってるので探してみると面白い。優秀な開発者様が公開してくれてますね。

僕の場合、環境センサーNetatmoやAwair、スマートリモコンNature Remoなどを追加してます。この辺りはお好みで。

$ sudo npm install -g homebridge-netatmo
$ sudo npm install -g homebridge-nature-remo-aircon

設定ファイルを編集

必要なライブラリのインストールが全て完了すると、ディレクトリ「/home/pi/.homebridge」が作成されているはず。

上記配下にあるに設定ファイル「config.json」を編集することで、SESAMEのHomeKit対応は完了です。

avatar

CHASUKE

あともう少しじゃー

config.jsonの編集

▼「homebridge-sesame」を動かすための設定はこんな感じです。

{
    "bridge": {
        "name": "Homebridge",
        "username": "XX:XX:XX:XX:XX:XX",
        "port": 51826,
        "pin": "031-45-154"
    },

    "description": "xxxxxxx",

    "platforms": [{
        "platform": "Sesame",
        "token": "APIキーを入力"
    }]
}

設定ファイル内には「APIキー」が必要になります。これは認証に使うための情報です。

▲APIキー取得方法は公式ブログが参考になります。

avatar

CHASUKE

簡単にAPIキーが取得できるけど、管理は厳重に!

Appleホームアプリに登録する

最後の仕上げです。

設定したHomebridgeサーバを再度起動させます。設定ファイルが読み込まれ、エラーが表示されずに、QRコードやHomeKit設定コードが表示されれば、成功です。

停止するとホームから利用できなくなるので、常時起動が必要。サービスとして登録し、バックグランドで自動起動させるのがおすすめ。

▼Appleホームアプリからアクセサリを追加。

表示されているQRコードをカメラで読み込ませればOKです。

▼設定ファイルに記載した分のアクセサリが順番に追加できます。ちなみに、ブラックというのは我が家のSESAME miniちゃんの名前です

avatar

CHASUKE

SESAMEの他にも22アクセサリを追加完了!

もし、「既に登録済みアクセサリ」みたいなエラーになったら、「/home/pi/.homebridge」にある「accessories」と「persist」のディレクトリの中身を削除して再度起動してやれば上手くいくはずです。

ホームアプリからSESAMEを使ってみる

コントロールセンターから手軽に操作

設定時に「よく使う項目に含める」にチェックするとコントロールセンターから手軽に操作できます。

▼こんな感じに使えます。

ボタンタップすると開閉操作ができます。

ボタンを押してから約5秒くらいで反応し始めます。WiFi経由なので少し遅め。

▼ボタンを長押しし、詳細表示すると、バッテリー残量がチェックできます。

▼実際に操作している動画がこちら。

SESAMEと同じネットワークのWiFiオン外出時を想定したWiFiオフのそれぞれ試してます。(※Appleホームハブを利用すればWiFiオフ時も操作できます。詳しくは下の章で)

上の動画でボタンを押してからの反応速度は、WiFi接続時は約5秒WiFi切断時は約8秒でした。何度か試しましたが同じくらい。

Appleホームアプリを起動してからの読み込み(※アップデート中と表示)した後に操作可能となる。動画のように早いときもあれば、時間がかかることもある。

特に外出先から時間を空けて起動すると遅い(1〜2分かかる)。これは他のプラグインの影響もあって僕だけなのかもしれない..

avatar

CHASUKE

この辺りは環境にもよるので参考程度で。読み込みに時間がかかるけど動作に問題はないよん♪

Apple Watchからホームアプリを操作

Apple Watchだとこんな感じにスイッチ表示されます。

ポチッとして、開け閉めができます。

Siriからホームアプリを操作

avatar

CHASUKE

Hey Siri、ブラックを閉じて!

施錠はすんなり開く。反応速度は先ほどのボタン操作と同じ。

avatar

CHASUKE

Hey Siri、ブラックを開けて!

施錠はセキュリティを考慮し、パスコードの解除が必要です。パスコードの要求はAlexaやGoogleアシスタントと同じですね。

▼Apple Watchだとこんなイメージです。

avatar

CHASUKE

Siri呼び出しならApple Watchも便利ですね

▼状態やバッテリー残量もSiriに聞けます。

SESAMEのプラグインを使って、ロックの「開閉操作」「バッテリー残量チェック」「状態チェック」が使えますね。

ホームハブで外出先から操作可能

AppleホームはiPadやApple TVをホームハブとして、WiFiネットワークが届かない外出先からでも操作が可能です。(※上にあった動画のようにWiFiオフにしても操作可能)

▼こちらの記事でApple TVをホームハブに設定する方法を紹介しています。

AppleTVを使ってHomekit対応デバイスを外出先から操作する方法
どうも、CHASUKEです。 Apple TVを購入してAppleホームアプリのハブ設定をしたこと外出先からHomeKitデバイスを...

avatar

CHASUKE

外出先から使いたい人はチェック!

最後に

SESAMEはApple HomeKitには非対応。けれどAPI公開されているため、Homebridge経由での操作が可能です。

Apple製品と相性ばっちりなので、是非お試しください。

▼最近では、Macでもホームアプリが使えますね。PC操作時もポチッと操作できます。

それではまた。