充電器

Apple信者におすすめの3台同時ワイヤレス充電器「SliceCharge Pro」レビュー!

2020年6月27日

どうも、CHASUKEです。

定位置を決めて、常に充電状態をキープできるワイヤレスパッド。むちゃくちゃ便利ですよね。

iPhone、Apple Watch、AirPodsの3アイテムを1つのワイヤレスパッドで同時充電できる「SliceCharge Pro」を購入してみました。

▼特徴はこんな感じ。

SliceCharge Proの特徴

  • 3台同時充電でケーブルレス
  • 6コイル内蔵でフルエリア充電を実現
  • Apple Watch端子はMFi認証済
  • Apple Watch端子を立てて使える
  • USB-C PD対応のワイヤレス充電器
  • 3つのカラーバリエーション

3台同時に充電できて、USB-C対応、MFi認証というのが他製品とは違うイイところ。ゴチャゴチャしてたケーブルがワイヤレスパッドに置き換わり、デスクの上がかなりスッキリした。

▼Before

▼After

今までも1台対応のワイヤレス充電パッドは持ってましたが、やはり複数台のが遥かに便利。価格は1.5万円とそれなりにしますが、満足度の高い充電器でした。

本記事では、もう少し詳しく無線充電パッド「SliceCharge Pro」をレビューしていきます。

CHASUKE
いわゆる「AirPower」っぽいワイヤレス充電器。

ワイヤレス充電器「SliceCharge Pro」の外観と付属品

SliceCharge Pro」の外観と付属品について、チェックしていきます。

SliceCharge Proは、HardCider Labsというメーカーによる、人気作「SliceCharge2」の進化版に当たります。

▼開封するとこんな感じ。

カラーは3色。ホワイト/グレー/ブルーから選べます。

僕は汚れが目立たなそうで、かつ暗めな落ち着いた色が良かったので、グレーに。正直、もう少し黒っぽいのが好みだったけど、まぁ問題なしです。

▼パッケージ内容はこんな感じ。

同梱物

  1. SliceCharge Pro本体
  2. USB-C充電ケーブル(1.2m)
  3. USB-C PD充電器 60w

▼本体サイズは、24×10×1.4cmのパッドとなってます。ちなみに、重さは224gです。

本体の表面は、品質の良いファブリック素材。手触りの良さはもちろん、載せるデバイスの滑り止めにもなります。

▼Apple Watch充電端子は、寝かしてても、立てても使えます。

Watchバンドを輪っかにしたまま充電できます。

▼裏面はこんな感じ。

裏面はプラスチック素材。グレーの場合、オールブラックになってます。滑り止めがないけど、使ってても意外とズレない

▼側面にはメーカータグとUSB-C端子がそれぞれあります。

よくある3台同時ワイヤレス充電器では、専用のACアダプタが多い。だが、こちらはUSB PD規格に対応し、汎用のUSB-Cケーブルが使えます。

PDの高出力により、アップルウォッチとは別に、iPhoneを7.5wずつ、合計3台の同時急速充電を実現しています。

3台をフルスピードで充電するには30w以上の充電器が必要ですが、付属の充電器は60w出力タイプ。MacBookやiPad Proにも使える出力です。

高出力なのは嬉しいが、同出力クラスのRAVPowerと比べると、こうもサイズが違う。

RAVPower 61w充電器 | SliceCharge 60w充電器

CHASUKE
ややデカいのが難点。

ワイヤレス充電器「SliceCharge Pro」なら様々な組み合わせで充電できる

SliceCharge Proは、MFi認証のApple Watch端子に加え、iPhoneを7.5w出力×2の合計3台を同時充電できるワイヤレスパッドです。5mm以内のiPhoneケースであれば、そのまま使えます。

ちなみに、付属のUSB-Cケーブルは白色で、見た目がアレだったので黒色に変更して使うことに。

iPhone & AirPods Pro & Apple Watch

CHASUKE
王道スタイル

 

iPhone & iPhone& & pple Watch

CHASUKE
2台持ちスタイル。家族で使うのもアリ。

 

AirPods & AirPods Pro & Apple Watch

CHASUKE
自宅用と外出用のAirPodsを同時充電も可能。

 

Apple Watch充電端子は、立てて使えるのが重要なポイントです。むしろ、これができないとバンドによっては使えないので。

▼僕が今使ってる「ラギッド・アーマープロ」もバンドの反り返りが強く伸ばした状態では使えない。

また、MFi認定済なので、純正品と遜色のないスピードで充電が可能。

既に50%からですが、約20分で13%ほどの充電できてました。

ワイヤレス充電器「SliceCharge Pro」なら6コイル内蔵でフルエリア充電が可能

ワイヤレスパッドの中身には、6つの充電コイルが内蔵されています。

理由は簡単で、パッド上のどこに置いても充電されるようにするため。コイルがきっちり2つだけのワイヤレスパッドだと、無線充電の当たり判定がシビアで、位置取りに手間がかかります。

▼雑に載せてみましたが、問題ないですね。

▼メーカーによるテスト画像がこちら。

僕が試した感じだと、よほど上下にはみ出してない限り、ちゃんと充電状態になりました。左右の位置はどこでも充電できるので、使い勝手はめちゃくちゃ良いです。

最後に(まとめ)

iPhone・Apple Watch・AirPodsの3つを同時にワイヤレス充電できる「SliceCharge Pro」をレビューしました。

▼良いと思ったところはココ。

  • ケーブルレスですっきり
  • 雑に置ける手軽さ
  • 3台同時に快適充電

価格は約1.5万円とちょい高めですが、他製品にはないデザイン6つのコイル内蔵USB-C端子MFi認証というスペックを踏まえると、満足度は非常に高いです。

Apple信者の皆様はもちろん、複数のApple製品をお持ちの方におすすめ。家族で共用するのにも良い。

CHASUKE
買って後悔はない。

 

別途、オプションのスタンドキットを購入すれば、iPhoneを立てて充電できます。

以上、ワイヤレス充電器「SliceCharge Pro」でした。それではまた。

Amazonでお得に買い物

Amazon.co.jpで買い物するならギフト券を現金チャージするのがお得です。チャージごとに最大2.5%分のAmazonポイントがもらえます。また、5000円チャージで1000円分ポイント還元キャンペーンも実施中!!

詳しくはコチラ

こちらの記事も読まれてます

  • この記事を書いた人

CHASUKE

某IT企業でエンジニアをしているCHASUKEです。 当ブログでは生活を便利にするガジェットやサービスなどライフスタイルに関わる様々な情報をお届けします。レビュー依頼も受け付けています。「お問い合わせ」より気軽にご相談ください。

Copyright© CHASUKE.com , 2020 All Rights Reserved.