Webサービス

【スマートホーム初心者向け】自動化サービス「IFTTT」の使い方

更新日:

どうも、CHASUKEです。

スマートホームを実現する上で、スマートスピーカーやIoTデバイスと非常に相性が良いIFTTT(イフト)があります。

CHASUKE
簡単にサービス同士の自動化が作れるWebサービスです

 

スマートスピーカーが普及してきたことで「何ができるの?」や「設定方法は?」という質問を受ける機会が多くなりました。ということで、本記事では、初心者向けにIFTTTを実際に動かしながら説明していきます。

IFTTTはスマートホームを実現する上で必要不可欠なツールです。月額料金は不要で、無料でどれだけでも利用できるので、すぐに使い始めることができます。

本記事がIFTTT設定のお役に立てれば幸いです。

IFTTTとは?

IFTTTは、「サービス」と「サービス」を簡単に連携できるWebサービス。

IFTTTは別々のサービスを繋ぐパイプ役のような存在です。ここで言うサービスとは、Webサービスであったり、ネットワーク接続できるIoTデバイス、スマホ機能のことです。

CHASUKE
よくわかりませんねw

 

▼具体的にサービスをあげると、以下サービスがIFTTTで設定が可能です。

Twitter, Facebook, Line, Evernote, Instagram, Spotify, Gmail, GoogleAssistant, Alexa.....など様々なWebサービス。

Netatmo, NatureRemo, HueなどのIoTデバイス。

iOSのHealth, Calendar, Androidの着信, バッテリーなどのスマホ機能。

 

例えば、「スマートスピーカーでテレビをつける」を具体例としてみます。

スマートスピーカー「Google Home」の中では「Google Assistant」というサービスが動いてます。また、スマートリモコンである「Nature Remo(→詳細はこちら)」も裏でサービスが動いてます。

これらのサービスをIFTTTが連携をサポートしてくれるため、Google Homeに「テレビをつけて」と言うだけで、Nature Remoから赤外線を発信させてテレビをつけるという自動化が簡単に作れます。

IFTTTの仕組み

もう少し詳しく仕組みを説明していきます。

※IFTTTで使われる用語は赤文字にしております。

 

IFTTTは「IF This Then That」の頭文字から命名されています。

その名の通り、IFTTTに「もし〇〇したら、△△する」というアプレット(※レシピともいう)を事前に設定しておくと、サービス同士の連携を自動で行ってくれます。

先の「〇〇」は起動条件にあたり、トリガーと呼ばれ、後の「△△」は実行内容にあたり、アクションと呼ばれます。

トリガーやアクションに設定するサービスのことをチャンネルと呼びます。当然ですがチャンネル毎に設定できる内容は異なります。また、トリガー・アクションのどちらで設定できるかは、チャンネルによって違います。

 

さきほどの「スマートスピーカーでテレビをつける」を具体例で考えます。

Google Homeに「テレビをつけて」と言うことでトリガーが発動し、IFTTTがNature Remoを連携し、テレビをつけます。

▼こんな感じです。

IFTTTの使い方

IFTTTサービスは、PC、iOS、Androidどのデバイスでも利用できます。

スマホアプリはこちらからどうぞ。

IFTTT

IFTTT
開発元:IFTTT
無料
posted with アプリーチ

→Webならこちら

 

初期設定(サインアップ)

IFTTTは日本語入力は可能ですが、海外発のアプリなので表示は全て英語です。どうしてもわからん時はGoogle翻訳やLINE翻訳などに頼りましょう。

▼初めてIFTTTアプリを起動するとこんな画面になる。

最初はアカウント作成が必要ですが、GoogleFacebookアカウントでログインすることもできます。それらを使わない場合は、「Use Email」からログインするメアドとパスワードを設定します。

これでIFTTTが使えます。

 

IFTTTでアプレット作成する前に、簡単に説明しておきます。

  • ホーム画面

  • チャンネル検索

  • チャンネル検索結果

ホーム画面では、自分が作成したアプレットがチャンネルごとにまとめられて表示されます。

「Get more」ボタンを押すと、オススメのレシピが表示され、そのまま使うことができます。IFTTTを使いこなすにはアイデアも大事。めっちゃ便利なアプレットを世界中の人が公開してくれています。

 

チャンネル検索画面で、サービスを検索できます。例えば「Google」と入力すると、Goolgeアシスタント、Gメール、Googleカレンダーといったサービスがずらっと表示されます。

 

自作のIFTTTアプレットの作り方

▼今回は、例に出しているこれのアプレットを作っていきます。

 

▼アプレットの作成画面はこのように表示させます。

さて、作っていきます。

 

 

▼まず、「+This」をタップしてトリガーを選択します。

 

今回選ぶトリガーチャンネルは「Google Assistant」ですね。初めてチャンネルを利用する場合は、「Connect」画面が表示されサービスにログインして利用許可をする必要があります。

 

▼トリガーチャンネルを選択すると、そのチャンネルにあった設定画面が開きます。

Google Assistantの場合、複数のトリガーイベントが選択できます。

今回はシンプルな言葉を起動条件にするので「Say a simple phrase」ですね。テレビ電源のリモコン信号はON/OFFともに同じなので、つける/消すの両方に対応させてます。最後に、Google Assistantに返してもらうフレーズを設定します。

これでトリガー設定は終わり。

 

▼「+That」をタップすると、アクションを選択します。

今回選ぶアクションチャンネルは「Nature Remo」ですね。こちらもチャンネルを初めて利用する場合は、「Connect」画面が表示されサービスにログインして利用許可をする必要があります。

 

▼アクションチャンネルを選択すると、設定画面が開きます。

こちらも複数のアクションイベントがあります。テレビ操作なので「Control TV」を選びます。

事前にNature Remoアプリに登録してあるリモコン情報が表示されるので、テレビ電源オンを選択します。

これでアクション設定は終わり。

 

▼完成したアプレットのタイトルが表示されます。

わかりやすいアプレット名に修正して「Finish」です。ちなみに「Recieve notifications〜」はプッシュ通知を有効にするかです。

今回の例以外にも基本的に使い方は同じ、色々なサービスを組み合わせて自分にとって超便利なチャンネルを開発してみてください。

作成したアプレットを動かしてみた

さて、今回作成したレシピは、Google Homeに話しかけることで起動します。

 

 

僕:「OK、グーグル。テレビをつけて」

グ:「喜んで」

 

成功ですね。

IFTTTがうまいこと動いてくれました。

アプレットの通知設定がONになっていれば、スマホに通知がきます。

 

起動状況をIFTTTアプリから確認できます。

ホーム画面を確認すると作成したアプレットがあるはずです。

チャンネルごとにまとめられているので、「Nature Remo」チャンネルからさきほど作成したアプレットを探しました。

 

▼自作アプレットを選択して、状況を確認できます。

自作アプレットをタップすると、詳細画面にいけます。

 

ここで通知設定の変更や起動履歴を確認できます。先ほど動かしたので、ちゃんと「Applet ran」と表示されていますね。

最後に

スマートホームに欠かせない自動化サービス「IFTTT」の使い方を書きました。

CHASUKE
1回やってみれば、あとは同じで簡単です

今回は「Google Assistant」と「Nature Remo」を例に使いましたが、チャンネルをメールやTwitter、位置情報などと取り替えてみると全く違うものが出来上がります。組み合わせは自由でアイデア次第。簡単なのにめちゃくちゃ面白いですよね!!

最新のIoT製品は、IFTTTに対応した製品が多く、チャンネル数は増え続けています。(トリガー、アクションとも約400種類以上とのこと)

もちろん家電操作だけでなく、「Twitter × LINE」で情報収拾してみたり、「Googleカレンダー × LINE」で共有されたカレンダー内容を素早く確認したりと自分なりに使いこなしちゃいましょう!

それではまた。

Amazonでお得に買い物

Amazon.co.jpで買い物するならギフト券を現金チャージするのがお得です。チャージごとに最大2.5%分のAmazonポイントがもらえます。また、5000円チャージで1000円分ポイント還元キャンペーンも実施中!!

詳しくはコチラ

  • この記事を書いた人
CHASUKE

CHASUKE

某IT企業でエンジニアをしているCHASUKEです。 当ブログでは生活を便利にするガジェットやサービスなどライフスタイルに関わる様々な情報をお届けします。レビュー依頼も受け付けています。「お問い合わせ」より気軽にご相談ください。

Copyright© CHASUKE.com , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.